「ワンピース」で英語学習するときのおすすめシーズンと方法

「One Piece/ワンピース」は世界的に人気のアニメなので、英語吹替音声が付いた海外版 DVD を手に入れやすく、英語と日本語の字幕もネットに揃っていて無料でダウンロードできるので英語学習しやすいです。

ですが、英語学習にあまり向いていない(学習効果が高くない)シーズンもあるので、シーズン毎の語彙や表現の特徴や、おすすめシーズンを紹介します。

(※もちろんお好きなシーズンで学習しても大丈夫です)

また、ワンピースには学習しづらいところもあるので、その辺りから字幕を使った学習のやり方も紹介しておきます。

Sponsored Link

おすすめ記事

 › 日本のアニメで英語学習する方法・コツまとめ

 › レンタル DVD で英語学習する方法

 › 英語字幕と日本語字幕を同時に画面表示する方法(パソコン・スマホ・テレビ)

1. ワンピースの語彙・表現(シーズン毎)

 

ワンピースは冒険しつつ敵をやっつけるストーリーですが、シーズン毎にテーマがいくつかあるので、それぞれに関連した語彙や表現を学ぶことができます(レアな体験や大げさだったりしますが)。

例えば、

東の海編(サンジ)
・食べ物の大切さ

スリラーバーク編
・生死感
・孤独

魚人島編
・差別(シャボンディ諸島編でも)
・ドラッグ(パンクハザード編でも)

分かりやすいところだとこんな感じです。

エピソードリストはウィキペディアで確認すると分かりやすいですよ。

 ›› https://ja.wikipedia.org/wiki/ONE_PIECE_(アニメ)_のエピソード一覧

 

英語吹替音声付き海外版

ワンピースには英語吹替音声が付いた海外版もあります。

イーストブルー編から
(「ウィーアー!」「memories」の英語版も収録)
( UK 版ではゾロの眉毛塗り忘れあり)

スリラーバーク編に
(レンタルではロビンの服が・・・)

現在(記事作成時)はインペルダウン編の途中まで発売中。

「ウィーアー!」「 memories 」の英歌詞の字幕

「ウィーアー!」と「 memories 」の英歌詞の字幕を自分用に作ったので、欲しい方いらっしゃいましたらコメントか Contact から連絡ください。

「 memories 」では日本語の歌詞が少なく、英語では間が持たないので内容を汲み取って付け加えています。おもしろいですよ。

 

海外版 DVD の注意点

海外版はリージョンの違いにより日本の機器では再生できませんが、パソコンやリージョンフリーのプレイヤーで再生できます。

ポータブルなんかも便利ですね。テレビにも繋いで見れるようです。

 

2. 英語学習におすすめのシーズン

 

初期は冒険色が強く、レアな幼少期の体験や大胆な心の葛藤なども多く、「この野郎」みたいな表現のバリエーションも多いので、英会話の学習を目的とすると使わない表現が多くなってしまうのであまりおすすめではありません(もちろん好きなら取り入れて大丈夫です)。

ドレスローザ編がおすすめ

ですので、物語が込み入り複雑化するドレスローザ編か、その序章的なパンクハザード編からがやはりおすすめです(複雑とはいえ元が少年誌なので分かりやすいです)。

説明的な内容が多くなりますし、会話で使う表現もありますし、陰謀絡みで単語もちょっと難しめのものが出てきます。

ドレスローザ編は回想(同じシーンの繰り返し)が多いので、復習になるのも理由です(皮肉ではないつもり)。

ただし、戦闘シーンが多い回はやはり日常会話で使える表現が少ないですし、そもそもセリフが少ないので飛ばしても良いと思います。ただし、日常的に戦闘が多い方には向いていると思います。

ドレスローザ編以降も良いと思います。特にゾウ編は説明が多いので、セリフも多い傾向になりますね(ドレスローザ編序盤も)。

「女ヶ島編」にはあの表現が…

ちなみに、私はスリラーバーク編でしっかり音読をしたことがありますが、ゾンビの合言葉「クサレやべぇ」を英訳してるのが面白かったです。

また、女ヶ島編ではワンピース史上、最も卑猥なシーンがありますが、その流れでルフィは「金が入っている」と言っています。これにもちゃんと英語表現があり、広い意味では日本語と同じなのでおもしろかったです。

 

 

3. ワンピース英語学習のしづらさ

 

まず、海外版の DVD に共通する学習のしづらさに「セリフと同じ英語字幕がない」というものがあります。

このためセリフを聞き取ってファンが投稿する「Anime Transcripts@アニメで英語」というスクリプトサイトがあります。

ちなみに、こうしたことから私はこのスクリプトサイトを参考に、セリフと同じ英語字幕を自作することを英語学習の一環としていて、できた字幕はこのブログにアップロードしています。

↓字幕ファイルをアップロードしている記事
 ›「けいおん!」は日常英会話フレーズの宝庫!日本のアニメで英語学習

しかし、実は、ワンピースは世界的に人気なのにこのスクリプトがありません。

Anime Transcripts@アニメで英語 → One Piece

 ›› http://animetranscripts.wikispaces.com/One+Piece

なくはないのですが、アーロンパークくらいしかありません。

今後どなたかが投稿してくだされば学習しやすくなるのですが、あまりワンピースで学習しようという人は少ないのでしょうか。

アニメで学習の前にはスクリプトや字幕の有無の確認必須です。

 

 

4. ワンピース英語学習のしづらさ克服編

 

字幕をダウンロード

最初に書いた通り、英語と日本語の字幕は字幕サイトから無料でダウンロードできるので、海外版 DVD で英語音声と日本語字幕で見るといった学習はできます。

↓字幕をダウンロードできるサイト
 ›› http://kitsunekko.net

現在(記事作成時)、英語字幕は1〜750話まで、日本語字幕は放送日かその翌日に最新エピソードが1話分ずつ追加されているようです。

多数の字幕がアップされていて分かりづらいですが、ファイルサイズの単位が MB になっているものにまとまった字幕ファイルが含まれています。

テレビアニメの他、映画版の字幕もありますよ。

レンタル DVD を英語学習に活用

手持ちやレンタルした DVD でも日本語音声と英語字幕で学習できるので、その方法は

 › レンタル DVD で英語学習する方法

を参考にしてみてください。

 

 

5. ゴールド・ロジャーのオープニングの台詞  

 

以下はオープニングの英語吹替のゴールド・ロジャーのセリフです。

ネイティブの友達に聞き取ってもらったものですが、下の動画の字幕と違うところが3か所あります。それについては次の項目「6. おわりに」に書いています。

Wealth, fame, power… Gold Roger, the king of the pirates attained this and everything else the world had to offer. And his dying words drove countless souls to the seas. “You want my treasure? You can have it. I left everything I gathered together in one place. Now you just have to find it”. These words lured men to the Grand Line in pursuit of dreams greater than they had ever dared to imagine. This is the time known as The Great Pirate Era!

One Piece OP 01 – We Are! 

Sponsored Link

6. おわりに(ネイティブでも・・・)

 

スクリプトがない・・・

私も海外版の DVD を買ってみてセリフと同じスクリプトがないことに気づいて「しまった」となったわけですが(なぜか確認してあると思い込んでいた)、どうしてもオープニングのゴール・D・ロジャーのセリフだけは知りたかったんです。

毎回最初に同じセリフを聞くのに、いくつか聞き取れないところがあって、気になってしょうがなくなって、ネットで探してもなくて。それで、ネイティブの友達に聞き取ってもらいました。

今回、この記事を書くにあたり、オープニングのセリフと一緒に動画も載せようかなと思って探していたら、セリフと同じ字幕が付いた動画を発見しました…。

3つの違い

しかし、上の動画で「 In pursuit of greater than they’ve ever dared to imagine! 」の they’ve のところを友達は they had としていました。私も音と文脈からと聞き取ってくれた友達押しで they had を正しいとしておきます(文脈から has でも間違いではなさそうですが)。

また、友達は attain としていたところが動画では obtain となっています。どちらもほぼ同じ意味の単語のようですので、文脈からはどちらが正しいか分からないですが、友達贔屓で attain を正しいとしています。

さらに、「 The Great Pirate Era 」の The は文中なので the とするのが正しいようですが、友達は T を大文字にしていました。ですが、この辺りは国によっても違うかもしれないし、人それぞれかもしれません。”The Great Pirate Era” と the “Great Pirate Era” の区切り解釈の違いかもしれません。細かいので気にしないくてもいいところかもしれませんが、考えるきっかけになりました。

ネイティブでも・・・

このようにネイティブでも間違えるか、間違いとは言えないようなこともありますので、非ネイティブの学習者には英語をざっくりと捉える力が必要だと思います(私には特に)。

ワンピースのような世界的に人気の作品だと、外国人との話のネタにもなりますね。

 

英語学習(英会話)に一番おすすめのアニメ

全てのセリフがそのまま英会話で使えそうなアニメ「けいおん!」が英会話学習に一番おすすめです。リスニング学習を除けば洋画や海外ドラマを含めても一番です。

詳しくは、

 ›「けいおん!」は日常英会話フレーズの宝庫!日本のアニメで英語学習

に書いているので参考にしてみてください。

私が学習のために作ったセリフと同じ英語字幕もダウンロードできますよ。

 

英語学習にぴったりの映画・ドラマが見つかりませんか?

Hulu なら2週間の無料期間中に探し放題・見放題。
英語字幕で見れる作品が多いので英語学習におすすめです。
一部のドラマは1話目のみ会員登録ナシで見れますよ。

 ›【 Hulu 】1話目無料で見れる海外ドラマまとめ

 

 ›› Hulu で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!

Sponsored Link

この記事を読んだ方におすすめ記事

 › 洋画・海外ドラマで英語学習する方法・コツまとめ

 › 日本のアニメで英語学習する方法・コツまとめ

 › レンタル DVD で英語学習する方法

 › 英会話に必須!英語リスニング力をネイティブレベルへ導くおすすめ海外ドラマ4選

 › 英語字幕と日本語字幕を同時に画面表示する方法(パソコン・スマホ・テレビ)

Sponsored Link


メールアドレスが公開されることはありません。