【 Mac 】テキストエディットで英単語を予測変換する方法

Mac 標準のテキストエディットは動作が軽いので使っている方も多いと思いますが、長く使っていると、見た目はシンプルながら実は多機能であることに驚かされます。

今回は、私が偶然発見した英単語の予測変換機能をご紹介します。英文を書く機会が多い方に便利な機能だと思います。

※ショートカットを必要とするので予測変換とするよりは候補の表示とする方が正確かもしれません。

Sponsored Link

 

1. ショートカットで英単語の候補を表示  

 

やり方はとても簡単で、スペルをいくつか入力してショートカットで「⌘ .(コマンド+ドット)」するだけ。画像は「 engl 」とタイプして「 ⌘ . 」したところです。

あとは「 ↑ or ↓ 」で選んで enter するかマウスでクリックします。

スペルをしっかり覚えている時はタイプした方が速いと思いますが、あやふやなときに便利ですね。

mac-textedit-predictive-transform

2. 操作を間違えて偶然発見

 

この機能は偶然見つけました。たぶん、環境設定を開こうとして間違えてコンマではなくピリオドを打ってしまったんだと思いますが、その時はしばらく何が起こったのか分からずに自分がしそうな動作を試して発見に至りました。

Sponsored Link

3. おわりに

 

Mac は標準のソフトがかなり便利ですよね。テキストエディットだけでなく QuickTime もかなり便利。英語学習情報を紹介するブログなので、また英語学習に便利な機能を見つけたりしたらご紹介します。

Mac 関連では動画に字幕やチャプターを追加できるアプリ「 Subler 」の使い方や字幕編集ソフトの「 Aegisub 」の使い方の記事も書いています。興味ありましたら下記カテゴリーリンクより参考になりそうな記事を探してみてください。

 › 字幕の入手・活用

Sponsored Link

 


メールアドレスが公開されることはありません。