AI 翻訳サービス DeepL で英語の翻訳精度を高める方法

無料で使えるドイツの AI 翻訳サービス「 DeepL 」が Google 翻訳よりも優れているとのことで使い始めて以来、その自然な翻訳と意訳までする能力に驚愕し、感謝し、自分の英語翻訳力の至らなさを痛感するばかりです。

使っていて気づいたのですが、ちょっとした工夫で翻訳精度を高めることができたのでその方法をまとめて紹介します。

なお、執筆時(2020年6月下旬)に確認した方法なので今後は異なる場合があるかもしれません。

 

1. 翻訳精度を高める方法  

 

以下4つです。

  • 文の出だしを大文字にする
  • 文の最後にピリオドをつける
  • 文の途中で改行されていたら改行を削除する
  • 空行にペーストする(翻訳し直す)

 

特に効果があるのは3つ目です。改行を削除したあとで文章をカット&ペーストします。

 

4つ目は翻訳し直すだけなのですが、ここでポイントは空行を入力してからそこにペーストすることです。同じ行にカット&ペーストすると同じ翻訳が表示されます。

翻訳し直した場合、どちらの翻訳が優れているとは言い難い場合もあるので、元の翻訳は残したままコピペしていいとこ取りで採用する使い方が便利です。

 

▽まとめ

  • 文章を整えてから翻訳
  • 翻訳し直す(空行にペーストする)

 

2. すごかった翻訳

 

YouTube 動画の字幕(テキスト)を翻訳していて「これはすごい」と思った翻訳を4つ紹介します。

翻訳は DeepL が翻訳したそのものです。DeepL は macOS のインストール版を使用しています。

 

↓翻訳した動画

 ›› Mechanics of Calisthenics – Which Muscles You Use in Front Lever, Planche, Human Flag

 

↓翻訳全文

 › 筋トレ自重技で使う筋肉を理解|海外動画の英語翻訳

 

 

But this is more like passive flexing when the muscle is not loaded in any way.

しかし、これはどちらかというと筋肉に負荷がかかっていないときの受動的な屈伸に近いものです。

loaded でしばらく考えてしまうところでした。「屈伸」を「収縮」に置き換えるくらいです。

in any way を DeepL すると「何らかの形で」と翻訳しますが、この文章の翻訳では割愛されています。回りくどくなる部分は結構ばっさりカットしてくれます。

 

 

I’ve heard some people saying that they feel their chest after training front lever.

フロントレバーを鍛えた後に胸を感じるという声も聞いたことがあります。

「声も聞いたことがあります」はむしろおしゃれ。「話を…」と訳すこともありました。

なお、「胸 (に刺激や疲労感) を感じる」という内容です。

 

 

The most loaded joint here is the shoulder joint and the muscles used to hold the position are mainly your front deltoids, but also trapezius and chest muscles.
ここで最も負荷がかかっている関節は肩関節で、ポジションを保持するために使われる筋肉は主に前三角筋ですが、僧帽筋や胸の筋肉もあります。

毎回 position を「位置」や「ポジション」と訳していましたがそれは仕方がないかもしれません。「姿勢」に直し、あとは「前三角筋」を「三角筋の前部」、「もあります」を「も使います」にするくらいです。

 

 

but my main goal here was to explain why this or that muscle is used.
しかし、ここでは「なぜこの筋肉が使われているのか」「なぜあの筋肉が使われているのか」ということを説明することを主眼に置いています。

「」をつけて、さらにそれぞれを文章にして表現してくれました。ことことしている部分を修正すれば十分です。

 

3. 英語学習にも使える

 

DeepL を使うと辞書的ではない翻訳をしてくれますし、辞書で調べても分かりにくい場合には自然に翻訳してくれます。動画の翻訳で紹介したような例がいくつもあるので翻訳をしていると「こう訳せばいいんだな」ということが分かってきます。

翻訳のスピードアップだけでなく英語学習にも有効なので取り入れてみてはいかがでしょうか。

YouTube では字幕をテキストとして表示する機能もありますし、英語で書かれたブログや商品レビューを読むのも自分の興味があるものだと面白く学習できると思います。

 

↓DeepL の感想と使い方を簡単に紹介した記事

 › 英語字幕ファイルを日本語化する方法( Google 翻訳 )

 

オンライン英会話に疲れた? VR×AI で解決

コミュ以前に気持ちの切り替えが億劫

昨今は手軽に英会話学習ができるオンライン英会話サービスが一般化していますが、講師と話すのが恥ずかしい以前に人と話すのが億劫に感じる方も多いのではないでしょうか。私も日常と仕事でお疲れなときには「対話モード」への切り替えが面倒に感じます。

 

VR×AI なら独りで好きなときに自分が納得するまで学習できる

そこでおすすめなのが VR 英会話サービスの スマート・チューター です。VR 空間で AI 人物と会話するため好きなときにニュートラルな自分のままで英会話の練習ができますし、講師に余計な気を遣うことなく学習に集中できるでしょう。

レッスン予約や講師待ちはもちろん不要ですし、決められた時間にドキドキしながら準備して待つこともありません。むしろ、その時間を使って学習できます。

Smart Tutor 使用の流れ

 

AI ならではの会話感と弱点分析力

一般的な英会話学習アプリは選択問題なのでどうしても会話感は乏しくなりますが、スマート・チューターならよりリアルな英会話の練習ができます。なぜなら、AI の質問や返答が毎回変わるので選択問題よりも自由な回答が求められるからです。

さらに、AI が自分に合ったカリキュラムを作成する機能や、自分の話す速さが数値化される機能があるので弱点を効果的に改善できそうです。

加えて、リアルでは相手が言ったり自分が使ったりした英語表現を一撃で覚えた経験がある人も多いと思いますが、VR なら没入感と臨場感でこの現象が起きやすく学習効果アップに繋がるメリットもあるのではと考えられます。

\10日間の無料お試し実施中 (VR無料でレンタル中) /

5,000円引きとなる上記リンク専用コード[NEW50]のご利用をお忘れなく。

VR ゴーグルは無料でレンタルできるのでお得です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました