戦略的独学|英語の習得を最速化する2つの能力と鍛え方

「この2つで英語学習が最速化、自動化、無料化する」という能力があると私は考えているので、その能力と効果的な鍛え方を紹介します。

初心者はコスパ最高で英語を習得できるはずですし、「勉強してるけど伸びない」と感じている中級者は一気に成長する可能性があるはずです。さらに、習得するとニュースや洋画、海外 YouTube 動画を見るだけでも英語力を伸ばせるはずなので、ぜひ取り入れてほしいと思います。

「効率的に英語を習得する方法がいっぱいありすぎて迷う」という方もまずはこの2つの能力を鍛えることをおすすめします。

その2つはこちら。

 

Memo

英語の習得を最速化する2つの能力

  • 発音
  • スラッシュリーディング

 

ただし、次の英語力については習得しづらいと思います。(習得するための基礎は得られます)

 

Attention

その2つでは習得しづらい英語力

  • 会話の瞬発力
  • ライティング
  • ネイティブスピーカーのイメージで英語を使いこなす
  • 語彙力(単語力)

 ※習得するための基礎は得られる。

 

これらの習得方法についても簡単に紹介するので合わせて参考にしてみてください。

1冊やれば一生物の英語力。

英語音声CD付き市販教材おすすめ3選!一生物スキルで学習自動化
市販の音声 CD 付き英語教材で「お釣りがくるほどやり切る価値がある」と感じているおすすめのものを厳選して紹介します。 いずれも「一生物」となる英語の能力が鍛えられると実感しているのがおすすめする理由です。 おすすめする教材は市販の...

1. 発音が英語の習得を最速化する理由

発音を習得すると英語の4技能(読む、書く、聞く、話す)の全てを向上させるブースターを得た状態になるため英語の習得を最速化する、と私は考えています。

発音が4技能のブースターとなるのは次のように関連しているのが理由です。

 

Memo

  • 発音が英語の習得を最速化する理由

 発音を習得する
 ↓
 英語の音を聞き分けられるようになる
 (リスニング力が上がる)
 ↓
 知らない単語でも聞き取れる
 (耳で単語などをインプットできる)

 

発音というときちんと伝えるために練習するものと思うかもしれませんが(これ大事!)、実は習得すると上記のようなメリットがあります。

「知らない単語でも聞き取れる」は感覚的に分かりにくいかもしれませんが、子供の頃に「親が使っている言葉を意味は分からなくても覚えていた」という経験はないでしょうか。まさにそれです。

また、「政治家のお食事券 (汚職事件) 」のように、すでに知っている音に置き換えて覚えることもあります。

「書く」と「話す」については関係なさそうに思うかもしれませんが、インプットが効率化すると「引き出しが多くなる」のがブースターとなる理由です。

なお、「発音を習得すると4技能を習得した状態になる」という話ではなく、あくまで発音を習得すると4技能を習得するためのブースターを得た状態になるという話です。

 

発音はスラッシュリーディングの効果もブースト

発音を習得すると次に紹介するスラッシュリーディングの効果もブーストします。そのため、どちらかを先にするなら発音の習得がおすすめです。

もちろん発音練習と並行してスラッシュリーディングをするのもおすすめです。スラッシュリーディングが発音練習になるからです。順番は[発音練習 → スラッシュリーディング]がおすすめです。発音練習で口や舌が英語モードになっているのでスラッシュリーディングを発音練習化できるのが理由です。

発音を習得するなら?

発音を習得すると言ってもネイティブスピーカーと間違えられるほどのレベルはとりあえず必要ありません。基礎で十分だと私は考えています。

「発音の基礎」の定義は、ここでは「英語の音を聞き分けられるし使い分けられるが日本人ぽさはあるくらい」としておきます。

こちらは発音の基礎を習得するのにおすすめの本です。

私はこの本で発音の基礎を習得しました。超低速で吹き込まれた英語音声の真似をするだけでした。

実践した方法の詳細はこちらの記事で紹介しているので参考にしてみてください。

「超低速メソッド英語発音トレーニング」の効果的な使い方
「超低速メソッド英語発音トレーニング」という本で私は英語発音の基礎を習得しました。その期間は3週間ほどです。 これを長いと感じるか短いと感じるかは人それぞれだと思いますが、私には学習にかかった期間と本の値段を合わせてもコスパは最高でし...

 

また、発音ネイティブレベルを目指すなら FluentWorlds という英会話学習アプリがおすすめです。

「英会話」とされていますが私にとっては「発音矯正ギブス」です。

こちらの記事で紹介しているので参考にしてみてください。

FluentWorlds 感想|英会話アプリのつもりが発音矯正ギプス
「発音矯正される感」が凄かった「3Dバーチャル世界で英会話が学べる」というアプリ FluentWorlds (フルーエント・ワールズ)の使用感や効果的な使い方を紹介します。 パソコンとスマホでいつでも学習できる、アウトプット練習になり...

 

2. スラッシュリーディングが英語の習得を最速化する理由

スラッシュリーディングを習得すると英語の語順のまま理解できるようになります。逆に言うと、これができないと読むのに時間がかかりますし、長文のリスニングは不可能だと思うので、英語学習に必須のトレーニングだと私は考えています。

スラッシュリーディングとは「文章を意味のまとまり毎に区切って理解していく手法」のことです。以下、この記事では「意味のまとまり」を「ブロック」と表現します。お付き合いください。

スラッシュリーディングの能力は「文章を『ブロック毎に区切る力』と『ブロック毎に理解する力』を合わせた能力」とも言えます。

「文章をブロック毎に区切る」は、こちらの動画のような感じです。

この動画は EEvideo という英語学習サービスのサンプルです。サイトではアニメ「進撃の巨人」の英語版などもこのような字幕付きで視聴できます。

動画を見ているだけでもブロックで理解する癖が付きそうな気がしてきたのではないでしょうか。

スラッシュリーディングではこの字幕のようにきちんとした日本語の文章にしないのがポイントです。

 

Memo

    • スラッシュリーディングが英語の習得を最速化する理由

 意味のまとまり毎に内容が分かる
 ↓
 英語の語順のまま理解できる
 (リスニングでも理解力が上がる)
 ↓
 インプットが効率化する

 

スラッシュリーディングでは特に「英語の理解力が上がる」と私は実感しています。リーディングにおいても、リスニングにおいてもです。

意味のブロックを意識すると「英語の語順で理解する」を実感できます。逆に、うっかり意識するのを忘れてリスニングをすると途端に理解できなくなります。

長文のリスニングで「単語は聞き取れるし意味は分かるのに内容が分からない」という状態の方にもスラッシュリーディングはおすすめです。

スラッシュリーディングを習得するなら?

スラッシュリーディング習得に最もおすすめの教材は スーパーエルマー です。

こちらの動画のようにスラッシュリーディングを習得するための工夫が満載なのが理由です。

 

Memo

スーパーエルマーの満載な工夫

  • 音声がブロック毎に[英語 → 日本語 → 英語 → 日本語]
  • 音声がブロック毎に[英語 → ポーズ (無音部分) → 英語 → ポーズ]
  • スマホやパソコンで使える

 ✔︎ テキストと音声 CD もある。

 

英語の語順で理解する力が鍛えられるだけでなく、音声には日本語もあるので聞く学習だけでも語彙力をアップできます。

さらに、[英語 → ポーズ]の音声では「スラッシュリピーティング」ができるので英語の順で理解する力を効果的に鍛えられます。

スーパーエルマーの活用方法はこちらで紹介しているので合わせて参考にしてほしいと思います。

スーパーエルマーで本物の英語力を習得!その効果と学習法
聞くだけ見るだけでも「スーパーエルマー」なら本物の英語力を鍛えるための工夫が満載な英語学習教材なので効果抜群です。英検、TOEIC、大学入試の対策やビジネス英語の習得に、未来の自分に投資したいという方にもおすすめです。 スーパーエルマ...

3. 2つ合わせるといい理由

英語学習が最速&自動化で高コスパ

これまでに述べた通り、発音を習得すると4技能のブースターとなります。発音を習得した状態でスラッシュリーディングを行うとブースター効果がブーストされて、さらなる4技能のアップに繋がると考えられます。さらに、スラッシュリーディングは発音練習にもなるので発音がより強化されます。

 

Memo

  • 発音とスラッシュリーディングの相乗効果

 発音力が上がる
 ↓
 発音習得による4技能のブースター効果が上がる
 ↓
 スラッシュリーディングで4技能の基礎力が上がる

Plus:スラッシュリーディングが発音の強化にもなる

 

このサイクルで相乗効果が生まれるので英語学習がさらに加速するはずです。発音とスラッシュリーディングを習得すれば、以降は英語のニュースや洋画、YouTube などを見るだけでも自動でインプットできるので時間もお金もかからなくなります。ぜひどちらも取り入れてほしいと思います。

一生物の英語力

[発音×スラッシュリーディング]で得た英語力は一生物だと思っています。一度習得すれば完全に失われることはないでしょう。仮に長期間英語から離れていたら、自転車のように「久しぶりに乗ったらなんだかぎこちない感じ」はあるかもしれませんが、すぐに元に戻ると思います。

また、英語学習を目的としなくても、英語のニュースや YouTube、洋画、日本アニメの英語版などを見ることを習慣にしていれば英語力の低下は防げるはずですし、むしろ上がると思います。

 

 

4. その2つでは習得しづらい英語力

それだけで全ての英語力を習得できるという万能な英語の学習方法はありません。どんな学習方法もターゲット以外の英語力にかすってはいても十分ではないため、その英語力に特化した学習をする必要があります。

記事冒頭で述べたように、次の英語力は発音とスラッシュリーディングでは向上しづらいです。

 

Memo

その2つでは習得しづらい英語力

  • 会話の瞬発力
  • ライティング
  • ネイティブスピーカーのイメージで英語を使いこなす
  • 語彙力(単語力)
    ( スーパーエルマー では語彙力もアップする)

 ※全て習得するための基礎は得られる。

 

これらの習得方法を1つ1つ詳しく紹介したいところですが、この記事の主旨ではないため簡単に紹介します。

 

会話の瞬発力

スラッシュリーディングではブロックを意識するので、ブロックでインプットされます。会話ではインプットされたブロックを組み合わせることで瞬発力に繋がると考えられます。

とはいえ、会話の瞬発力を鍛えるならとにかく会話練習をするしかありません。ブロックを瞬間的に取り出して組み合わせる必要があるからです。会話練習はオンライン英会話サービスや AI 英会話アプリを利用するのが手軽で便利ですが、それらを使わず会話練習することもできます。

 

まず、自分が会話をする場面を想像するか英会話の参考書を買ってきて、相手に質問されそうなことをスマホなどに吹き込んで録音します。そして、その音声を再生して質問に発話で回答します。同じことを洋画や海外ドラマのセリフで行うのもよいでしょう。

なかなか面倒ではありますが、実はスラッシュリーディングの応用で会話の瞬発力にもなりそうなトレーニング方法があります。

こちらの記事で紹介しているので参考にしてほしいと思います。

 

ライティング

ライティングは文章を整える必要があるのでスラッシュリーディングでは習得しづらい技能です。とはいえブロックを意識できるようになると「整え力」の基礎となるはずです。とにかく書いて、会話と同じようにブロックの「組み合わせ力」を鍛えていくとよいでしょう。

また、文章を整えるとは少し異なるかもしれませんが、伝わるライティングをするなら SVO 縛りで整えるのがおすすめです。

おすすめはこちらの本です。

私はこの本にとんでもなく助けられているので、本当に感謝しています。

まずは DeepL で日本語を英語に訳してから(小声)この本のやり方で組み立て直しています。思考訓練のようでもあるので面白いです。

英語で YouTube のテロップを作るときにもこの手法で文章を圧縮できるので助かっています。

 

ネイティブスピーカーのイメージで英語を使いこなす

「ネイティブスピーカーのイメージで英語を使いこなす」をテーマにすると記事3本分くらい書いてしまいそうなので、おすすめ書籍のみ紹介します。

まずは「英語のバイエル」です。英文法や基本動詞などをネイティブスピーカーのイメージで使いこなそうという本です。

私はこの英語のバイエルで英文を感覚的に組み立てることができるようになりましたが、このバイエルに加えてスラッシュリーディングを行うとより効果的だと思います。

ネイティブスピーカーのイメージとブロックを合わせると会話でも長文を容易に扱えると感じています。

 

こちらは辞典なので少々お高いですが、get のイメージだけでも698円の価値はあると思います。

¥4,070 (2021/09/04 03:26時点 | Amazon調べ)

語彙力(単語力)

スラッシュリーディングは素材とする教材の単語レベルを「やや下」でスラスラと読めるくらいにしないと難しいものです。とはいえ、そうすると語彙力は上がりにくいです。( スーパーエルマー では「やや上」でも語彙力は上がる)

単語を覚えるには「システム英単語」シリーズがおすすめです。音声が効果的に作られているのが理由です。シリーズでは中学レベルから大学入試レベル、TOEIC などがあるので目的に合わせて選べます。

単語の覚え方はこちらの記事を参考にしてください。

単語集は1冊3ヶ月で!英単語の効率的な暗記術
英語の単語集は1冊3ヶ月で効率良くやり切るのがおすすめなので、そのために英単語を戦略的に暗記する方法を紹介します。 大学入試、英検、TOEIC などの試験対策や社会人のやり直しとしてお役立てください。 Summary 1...

実は、スーパーエルマー ではスラッシュリーディングをしながら語彙力をアップできます。音声がブロック毎に[英語 → 日本語 → 英語 → 日本語]と区切られているのが理由です。

英語を聞いて「意味何だっけ?」となってもすぐさま回答を得られるので音声だけでも効果的な学習ができます。

なお、スーパーエルマーでも単語レベルがあまりにもかけ離れている場合は語彙力アップは難しいと思うので「やや上」くらいを選ぶのがおすすめです。

語彙力アップ効果をさらに上げる方法をこちらの記事で紹介しているので参考にしてみてください。

英語学習で地味にモヤっとする原因とは?

英語学習をしていると疑問が頻出するものですが、地味にモヤっとするのが「直訳すると日本語が不自然」な点です。特に英会話の場面、口語表現に顕著で「普段そんな言い方しねーし」と思ったことがある方も多いと思います。

例えばこんな表現です。

That's what I was told.
それは私が言われたことです

直訳していますが、この日本語は会話では不自然です。もう少し普段の会話っぽくすると「そう聞いています」です。とはいえ、実際には「〜のようです」「〜なんだって」というような言い方をしている人がほとんどだと思います。

(「〜のようです」「〜なんだって」は I heard that. や They (he, she) said that. と表現することもできます。)

つまり、モヤる原因は次の2つです。

 

地味にモヤっとする原因
  • 英語を直訳すると「普段頭の中にない日本語の言い回しになる」
  • 普段頭の中にある日本語を直訳すると「不自然な英語になるか行き詰まる」

 

「〜なんだって」と英語で言いたい場合は[なんだって → そう聞いています → それは私が聞いたことです]と変換して That's what I was told. を導き出すことになります。(最悪の場合)

こんなことをしているとテンポが悪くなって会話どころではなくなるし、頭が疲れて会話そのものを放棄したくなります。

しかし、[なんだって → That's what I was told. ]と直接変換できれば楽ですし会話をスムーズにこなせます。

 

日本アニメなら普段使いの日本語から英語を学べる

そこで、より自然で普段使いな日本語から英語を学ぶための素材としておすすめなのが「日本アニメ」です。

その理由と日本アニメで英語を学習するのに便利なサービスはこちらの記事で紹介しています。

EEラーニングの日本アニメで英語学習すると?効果検証!
実際に EE Learning(EEラーニング)を利用して学習効果を検証しました。結論は「楽しく日本アニメ英語版を見ていたら英語力が上がった」となりたい方におすすめの英語学習サービスです。 この記事では、EE Learning の検証...

特に英会話学習のモヤが晴れると思うのでぜひ参考にしてほしいと思います。

「すでにモヤが晴れた」という方はこちらのサイトで日本アニメ英語版の無料お試し動画を視聴できるのでぜひお試しください。

 

無料お試し動画 (英語版) を EE Learning で視聴する 

こちらもおすすめ!

スーパーエルマーで本物の英語力を習得!その効果と学習法
聞くだけ見るだけでも「スーパーエルマー」なら本物の英語力を鍛えるための工夫が満載な英語学習教材なので効果抜群です。英検、TOEIC、大学入試の対策やビジネス英語の習得に、未来の自分に投資したいという方にもおすすめです。 スーパーエルマ...
戦略的独学|英語の習得を最速化する2つの能力と鍛え方
「この2つで英語学習が最速化、自動化、無料化する」という能力があると私は考えているので、その能力と効果的な鍛え方を紹介します。 初心者はコスパ最高で英語を習得できるはずですし、「勉強してるけど伸びない」と感じている中級者は一気に成長す...
単語集は1冊3ヶ月で!英単語の効率的な暗記術
英語の単語集は1冊3ヶ月で効率良くやり切るのがおすすめなので、そのために英単語を戦略的に暗記する方法を紹介します。 大学入試、英検、TOEIC などの試験対策や社会人のやり直しとしてお役立てください。 Summary 1...

Comment