イヤホンのタッチノイズ・ガサガサを軽減する方法 (カナル型・耳栓型)

earphones

カナル型(耳栓タイプ)イヤホンの不快なタッチノイズを、つけ方を工夫するだけで簡単に軽減する方法を紹介します。私としては激減するほどなので、ぜひ試してみてください。

さらに、足音が響く対策やタッチノイズが少ないイヤホンの選び方も紹介します。

感じ方は人それぞれなので、全ての方に当てはまる訳ではないことを予めご了承くださいませ。

 

1. タッチノイズとは

タッチノイズについて確認しておきます。

タッチノイズとは、イヤホンのコードが頬や服などに触れたときに「コードの振動が耳に伝わってガサガサ・ゴソゴソとした雑音が聞こえる」というものです。

 

これは製品の欠陥ではなく、こういうものなのでカナル型の特徴として受け入れるしかありません。

 

足音は別

歩いたときに足音が響いて聞こえる現象もありますが、これは耳栓を付けていても起こることなのでタッチノイズとは別物として区別します。

この対処法は「6. 足音対策」を参考にしてください。

 

2. タッチノイズを軽減させる方法

 

イヤホンを上向きに装着

やり方はとても簡単です。下の画像はワイヤレスの耳掛け式のイヤホンですが、まさにこんな感じでイヤホンを装着します。

イヤホンを上向きに装着して、そのままコードを耳に掛けます(先にコードを耳に掛けるとやりやすいかも)。

こうすることで頬にコードが当たらなくなるので、その分のタッチノイズはなくなります。また、服に当たる分のタッチノイズは振動が耳に掛けているところで吸収されるようで、こちらも軽減されます。

 

残りのコードは後ろに回してもいいですし、前に下ろしてもいいです。どちらかお好みで。(ちなみに私は前です)

ちなみにこのイヤホン、プレイヤー本体と繋ぐ分のコードがないので、その分タッチノイズは少なそうですね。

スウェーデンのブランドです。

 

落下防止にもなる

この装着方法だと外れにくくなるし、外れても耳に掛かっているので突然イヤホンが落下することはまずないと思います。

周囲の音を聞きたいときにイヤピースを密着させないように装着しても外れにくいです。ランニングなどスポーツでもおすすめです。(安全確保で!)

 

耳掛け専用イヤホンあります

この記事を書いてから昔むかし使っていたイヤホンが上掛け専用だったことを思い出しました。

SHURE の SE シリーズがそうみたいです。何でもないときにふと思いついたつもりでしたが、上掛けで使ってたのですね、私。忘れてた。

一般的なイヤホンもこの方法で装着するとタッチノイズが減少します。調べてみるとメーカー名から「シュア掛け」と言われているようです。

Amazon の商品ページには装着方法の動画もあるので、分かりにくかった場合は見てみてください。

 

普通のイヤホンを耳掛け化できるアイテム

普通のイヤホン(この記事の一番最初の画像のようなもの)を耳掛けするときに便利そうなイヤーフックがありました。フックの間にコードを通して使います。

イヤーフックを使うとより安定しそうですし、落下防止にもなりそうです。

ただし、商品画像(装着イメージ)を見ると、コードがあごの辺りへ垂れてしまっているので、これではタッチノイズが気になるかもしれません。タッチノイズの軽減のためには、コードが耳の後ろから垂れるようにカットするとよさそうです。

 

3. それでもタッチノイズが気になる場合

全て私がしている対策ではありませんが、あくまでアイデアとして参考にしていただければという方法を紹介します。

 

耳掛け以外のタッチノイズ対策

  1. コードを短くする (コードを服の中に入れる)
  2. クリップを使う
  3. イヤホン専用クリップを使う

 

3-1. コードを短くする (コードを服の中に入れる)

「コードを短く切って半田付けする」のではなく、イヤホンのコードをなるべくポケットや服の中に入れる方法です。

コードが短くなる分、服などに触れる部分が少なくなるのでタッチノイズが減少します。

Tシャツ1枚のときはしていませんが、コードがなるべく体にフィットするように工夫しています。

 

私はこれを使っていますが、胸ポケットにつけるときはコードが余りすぎるので、コードをなるべくポケットに入れるようにしています。引っかかると危ないですし。

運動や家事、ランニングをしながら音楽や語学教材の音声、オーディオブックを聞く場合に便利です。

使った感想はこちら。

 

3-2. クリップを使う

耳に掛ける方法では頬に当たって発生するタッチノイズはなくなりますが、服に当たって発生する分はそのままです。

そこで、ゼムクリップ(針金タイプ)やターンクリップを使ってイヤホンのコードを服に留めるというのはいかがでしょうか。文具店や100円ショップで購入できます。

どちらもクリップにコードを通してから服に留めます。コードが固定されないので断線の心配もないと思います。

留める場所はコードと服が頻繁に接触するところが理想ですが、動きにくくならないように調節してみてください。

 

ちなみに、ターンクリップはコードを束ねるのにも利用できますね。私はコードを2回折って結んでしまいますが…。

 

3-3. イヤホン専用クリップを使う

Amazon などで専用クリップを購入できます。実用的なものからおしゃれなものまで様々なタイプがあります。

 

革。おしゃれです。ケーブルを短くまとめるタイプで、スマホの充電ケーブルなどにも使えます。

 

ヘッドが回転するタイプ。コスパと使い勝手が良さそうです。コードを挟むので断線が気になりますが、タッチノイズを我慢するか、断線のリスクを取るか、でしょうか。

 

マグネット式で使い勝手がよさそうです。ただし、服などに挟むため知らない間に外れて無くす心配がありそうです。一長一短、といったところでしょうか。カラバリ豊富です。

 

4. タッチノイズが少ないカナル型イヤホン

やはりタッチノイズが少ないイヤホンを選びたくなると思いますが、具体的にどのモデルが少ないとは言い難いです。感じ方には個人差があるので。

とはいえ、私が使ってみてタッチノイズが少ないと感じたイヤホンを紹介します。

と、その前にタッチノイズに影響するイヤホンの要素を紹介します。

 

タッチノイズに影響するイヤホンの要素

イヤホンを選ぶ際のチェックポイントとして参考にしてください。

 

Points

  1. 重量
  2. イヤホンヘッド(ハウジング)の大きさ
  3. ケーブルの太さと硬さ

 

タッチノイズが少ないと感じるイヤホンをお持ちでしたら、上記のポイントを確認してみてください。

その特徴を持つイヤホンがあなたにとってタッチノイズが少ないはずです。

 

①&② 重く大きいイヤホンは遮音性が高い&足音が大きい

重くてイヤホンヘッドが大きいイヤホンは遮音性が高いと感じます。

一方、このタイプのイヤホンは足音が大きいと感じます。なお、あくまで私の感じ方です。

 

SONY の重いイヤホン

こちらはソニーストアで「インイヤー、有線、5000円以下」で検索した中で一番重いものです。

コードは含まず約9g。他のモデルは3g 程度でした。アークサポーター(にょきっと出てる部分)は取り外しできるので、外すと8g 程度でしょうか。

重低音+防水性能のスポーツモデルです。

他には、重低音モデルの MDR-XB55AP が約8g です。

 

③ ケーブルの影響

曖昧な言い方になりますが「太すぎず柔らかめのケーブル」がタッチノイズが少ないと私は感じます。

 

Memo

タッチノイズ&足音が少ないと考えられるイヤホンの特徴

  • 軽め
  • イヤホンヘッドが小さめか中程度の大きさ
  • ケーブルが太すぎず柔らかめ

 ※あくまで私の主観です。

 

私が使っているイヤホン

私が使ってタッチノイズが少ないと感じたイヤホンを紹介します。

以前使っていたのは SONY で価格が下から2番目のモデル(生産終了品  2014年購入)です。タッチノイズも足音もふとしたときに思い出す程度で気にならず、ランニングなどで使っていました。

軽め、イヤホンヘッドは中程度の大きさ、ケーブルは柔らかい、という先ほど紹介したタッチノイズが少ないイヤホンに当てはまる特徴がありました。

こちらが現行品で SONY で下から2番目のモデルです。

エントリーモデル(一番安いモデル)と同じような形状と重さ(約3g)ですが、再生周波数帯域がより広く、値段はあまり変わらないのでこちらの方がおすすめです。

なお、リモコン付きもありますが、タッチノイズを考えるとない方がいいです。壊れにくい(断線しにくい)ですし。

 

ちなみに、洋画や海外ドラマで英語学習する場合は低音が出ると効果音などがうるさく感じるのでエントリーモデルの方が適しているかもしれません。

 

SONY のイヤホンは壊れたので今(2020年11月以降)はこちらを使っています。

JVC のエントリーモデルで、こちらもタッチノイズは少ないと感じています。

軽め、イヤホンヘッドは中程度の大きさ、ケーブルはやや太く柔らかい、という特徴です。

 

低反発のイヤーチップに交換すると音質全体が向上して耳障りだった特定の音が解消されました。

先ほど紹介したクリップ式の MP3プレイヤーと合わせて使っていますが、オレンジの統一感が気に入っています。

 

5. タッチノイズがゼロのカナル型イヤホン

完全ワイヤレスのカナル型イヤホンではそもそもケーブルがないのでタッチノイズもありません。どうしてもタッチノイズが気になる場合はこれしかないです。

なお、足音はなくなりませんが、ノイズキャンセリング機能があればオンにすると軽減することがあるようです。

上記の Jabra は創業約150年の通信会社として設立されたデンマーク企業です。私は Jabra のヘッドホンを使っていますが、低音を強調しない実直な音が音楽にも英語学習にもとてもよく気に入っています。

 

完全ワイヤレスのイヤホンは Amazon ではざっと見た感じでは3,000円くらいからあります。

落下による紛失が気になりますが、完全ワイヤレスイヤホン専用のイヤーフックもあるので合わせて使うと安心かもしれません。

充電に縛られますがケーブルから解放されるメリットがありますね。

 

6. 足音対策

先にも述べましたが、遮音性が高いカナル型イヤホンほど足音が大きく響くと私は感じます。

遮音性が低いものを選ぶ以外にできそうな対策をまとめておきます。

 

足音対策

  • こういうものだと慣れる (受け入れる)
    → 脳が気にしなくなる
  • イヤピースを密着させない
    → 音質と遮音性は低下
  • ノイズキャンセリング機能を使う
    → 足音がいくらかキャンセルされる (かも)
  • ドスンと着地しない
    → ベアフットシューズを履く
  • 忍者のようにテテテテ走るトレーニングをする

 

電車内では遮音性の高いものを使い、電車から降りたら遮音性の低いものを使うなど、面倒ですが併用するのもよさそうです。

 

ベアフットシューズに慣れる

「ベアフットシューズ」はクッションがなく靴底が薄いゴム1枚というタイプのシューズです。そのため、素足に近い感覚が得られる特徴があります。

私は長年ベアフットシューズしか履かない生活をしており(特別な事情がない限り)、ランニングだけでなく買い物や遊びに行くときにもベアフットシューズを履いています。

あるとき、「たまにはクッション性のある靴を履いてみるか」と試したのですが、ランニング後、靴を脱いで玄関を上がったら「ドズンドズン」と地鳴りが家中に響き渡りました。衝撃的でした。(おそらく膝とかにも)

ベアフットシューズに慣れると自然と抜き足差し足になるので、カナル型イヤホンの足音対策として優子だと考えています。

私が使用しているベアフットシューズはこちら。

安いですが、3足買って何も問題ありません。こぶタイプのゴム紐に交換してフィット感抜群です。

 

7. 装着感・音質を高めるアイテム

装着感と音質を高めるアイテムを紹介します。それは、「低反発素材のイヤーピース」です。

高いので上記のものを私は使ったことがありません。ぶっちゃけ、100均のセリアで売っているもので私は十分です。より高音質やフィット感を求める場合に試してみるとよいでしょう。

低反発イヤーピースを使うとよりフィットして外れにくくなるし、遮音性も高くなりました。そのため、今まで漏れていた音が耳に届いて音が濃くなる感じがします。

以前 SONY のものを使ったときは音質も劇的によくなりました。

また、タッチノイズがいくらか減少するように感じます。

 

人によって耳の形は違いますので、効果を感じられない方もいるようですが、フィット感に不満がある方は試してみるといいですよ。

サイズはいつものサイズと同じか1サイズダウンで選ぶのがいいようです。私はいつものサイズでよりフィットしました。ちょっと小さいと感じていたのでぴったりでした。

 

8. おわりに(個人差や慣れも)

 

個人差があるので・・・

耳掛けをする場合、イヤホンの形状によっては装着しづらいかもしれませんし、感じ方には個人差があるので全ての人がタッチノイズの減少を感じられるかどうかは分かりません。

とはいえ、装着の仕方をちょっと変えるだけで簡単にできるので、とりあえず試してみてください。

 

慣れも必要

全てのタッチノイズがなくなるわけではないし、足音は相変わらずですが、慣れると気にならなくなります。私もそうでした。脳が不要な音を判断して、遮断するそうです。慣れるまでは少し我慢して使うとよさそうです。

 

恥ずかしくないし・・・

上下逆さまで付けることを恥ずかしく思うかもしれませんが、周りから見れば「そういうタイプのイヤホンを使ってるちょっとこだわりのある人」とという感じだと思う(希望)ので、気にせず堂々とやっちゃいましょう。

 

安全確保で

カナル型は遮音性が高いので、外で利用される場合はくれぐれも安全確保でお願いします。

オンライン英会話に疲れた? VR×AI で解決

コミュ以前に気持ちの切り替えが億劫

昨今は手軽に英会話学習ができるオンライン英会話サービスが一般化していますが、講師と話すのが恥ずかしい以前に人と話すのが億劫に感じる方も多いのではないでしょうか。私も日常と仕事でお疲れなときには「対話モード」への切り替えが面倒に感じます。

 

VR×AI なら独りで好きなときに自分が納得するまで学習できる

そこでおすすめなのが VR 英会話サービスの スマート・チューター です。VR 空間で AI 人物と会話するため好きなときにニュートラルな自分のままで英会話の練習ができますし、講師に余計な気を遣うことなく学習に集中できるでしょう。

レッスン予約や講師待ちはもちろん不要ですし、決められた時間にドキドキしながら準備して待つこともありません。むしろ、その時間を使って学習できます。

Smart Tutor 使用の流れ

 

AI ならではの会話感と弱点分析力

一般的な英会話学習アプリは選択問題なのでどうしても会話感は乏しくなりますが、スマート・チューターならよりリアルな英会話の練習ができます。なぜなら、AI の質問や返答が毎回変わるので選択問題よりも自由な回答が求められるからです。

さらに、AI が自分に合ったカリキュラムを作成する機能や、自分の話す速さが数値化される機能があるので弱点を効果的に改善できそうです。

加えて、リアルでは相手が言ったり自分が使ったりした英語表現を一撃で覚えた経験がある人も多いと思いますが、VR なら没入感と臨場感でこの現象が起きやすく学習効果アップに繋がるメリットもあるのではと考えられます。

\10日間の無料お試し実施中 (VR無料でレンタル中) /

5,000円引きとなる上記リンク専用コード[NEW50]のご利用をお忘れなく。

VR ゴーグルは無料でレンタルできるのでお得です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました