字幕のタイミングを部分・全体的にずらして保存「 Aegisub の使い方 」

macbook

字幕がセリフとズレている場合には、フリーソフト「 Aegisub 」を使うと簡単に調節・修正できて便利です。以前紹介した「 Subler 」は、動画に保存した字幕を全体的にずらすものでしたが、「 Aegisub 」は字幕ファイルそのものを編集します。

Aegisub では色々なことができますが、今回は以下の3つの方法を紹介します。

  • 字幕のタイミングを全体的にずらす
  • 字幕のタイミングを部分的にずらす
  • Aegisub の日本語化

※環境は Mac OS 10.7.5、Aegisub 2.1.9 ですが、他のOS( Windows 等)やバージョンでも操作は同じです。

Sponsored Link

Aegisub について

Mac や Windows で使える字幕の作成・編集ができるフリーソフト。アイコンからして怪しいし、ソフト名は日本語ではありませんがローマ字読みすると下ネタですし、動作はやや不安定ですが、使いやすくて便利なソフトです。

 

Aegisub 関連記事

 › 洋画・海外ドラマの字幕毎にセリフ音声を抽出する方法

 › Aegisub で字幕の表示時間を長くする方法

 › Aegisub で srt を保存しようとすると ass になるときの対処法

 

※当ブログは英語学習情報を紹介していますが、映画・ドラマを使った学習のためにこうした記事も載せています。

 

 

0.Aegisub と Subler の違い

 

Aegisub と Subler のどちらの記事も書いていますが、はじめて知った方には分かりづらいと思いますので、字幕を扱う場合の根本的な違いをまとめておきます。

Aegisub

字幕ファイル作成ソフト。字幕の編集だけでなく、一から作ることも可能。

Subler( Mac )

動画に字幕ファイルを保存できる。保存をすると、動画を再生するときに字幕を DVD と同じように扱うことができる。保存した字幕のタイミングを全体的にずらして保存することも可能。

 ›【 Mac 】字幕の動画とのタイミングのズレを全体的に調節して保存「 Subler の使い方 」

 

1.  字幕のタイミングを合わせるコツ

 

Aegisub で字幕の時間を編集する具体的なやり方の前に、私なりの字幕のタイミングを合わせる方法を参考までにご紹介します。

字幕作成ソフトと動画プレイヤーでセリフの時間を確認

字幕を動画プレイヤーで再生してズレが大きいときは、最初のセリフが発音される時間を確認します(一時停止しておくとメモになります)。

次に、Aegisub で字幕ファイルを開いて最初の字幕の時間を確認します。

動画プレイヤーで確認した時間に字幕ファイルの時間を Aegisub で大まかに合わせて保存します。

保存した字幕ファイルを動画プレイヤーで再生してズレを確認します。

字幕時間を0.25秒ずつ調節

ズレに合わせて0.25秒ずつ早めるか遅らせます。ズレが大きいと0.5秒や0.75秒ずらすこともあります。

0.25秒ずつなのは細かく合わせようとすると少しのズレも許せないなんとかになってくのはおいといて、英語学習の時間がなくなるのでルールを作りました。

0.25秒間隔で、セリフと同時か、やや遅れて表示されるくらいに合わせます。若干遅れるくらいがリスニングの答え合わせみたいになります。この辺りは好みです。

合わせるポイントは、セリフの出だしよりもセリフの途中で次の字幕に切り替わるところにすると全体が合いやすいです。

ちなみに、動画プレイヤーで字幕の遅延を確認することができます。Mac の VLC では動画と字幕を再生中に、ショートカットの「 J 」で遅延の増加、「 H 」で遅延の減少ができます。字幕がセリフより早く表示される時は「 J 」で遅らせ、遅れている場合には「 H 」で早めます。それぞれ1回押すごとに0.05秒ずつ増減します。この時の遅延の値を Aegisub に入力して修正する方法もありますが、私は前出の方法がやりやすいのでしていません。

関連記事
【 VLC 】語学に便利な機能とショートカットまとめ

 

2.  Aegisub で字幕のズレを全体的に合わせる方法 

 

ここでは全ての字幕行の時間を一括で変更する方法をご説明します。

Aegisub で字幕ファイルを開いたら、メニューバーの Timing から Shift Timing を選択するか、ショートカット「 ⌘ I 」で以下の画面を開きます。

※「 Shift Timing 」は字幕の時間を変更する機能です。

Aegisub Shift Times

 

画像のように設定します。

この設定では、字幕の全体を2秒遅らせる(遅延の増加)設定になっています。「 Shift by 」の項目で Backward を選択すると早める(遅延の減少)設定になります。

入力できたら OK を押して、「 ⌘ S 」で保存します。

 

Shift by

Time:VLC で確認した値を入力( VLC で 500 の場合は 0:00:00.50 )

Forward:遅延の増加( VLC で値がプラスの場合に選択)

Backward:遅延の減少( VLC で値がマイナスの場合に選択)

 

3.  Aegisub で字幕のズレを部分的に合わせる方法

 

ここでは選択した字幕行のみの時間を変更する方法をご説明します。

シーンの変わり目などで1秒ずつずれていく場合などに便利です。

まず、「 Shift ↓ or ↑」で字幕のズレを修正したい字幕行を選択します。

次に、メニューバーの Timing から Shift Timing を選択するか、ショートカット「 ⌘ I 」で以下の画面を開きます。

Aegisub Shift Timing

 

画像のように設定します( Forward/Backward は前述参照)。先ほどの全体の場合と違うのが、Affect の項目(黄緑枠)で「 Selected rows 」を選択するところです。これで選択個所のみ変更されます。

ちなみに「 Selection onward 」を選択すると、選択箇所以下の字幕の時間が変更されます。シーン毎に一秒ずつずれる、といった場合にはこちらの方がやりやすいので私は常にこれを使っています。

入力できたら OK を押して、「 ⌘ S 」で保存します。

 

Affect

All rows:全ての字幕を変更

Selected rows:字幕の選択個所のみ変更

Selection onward:字幕の選択個所以下を変更(選択個所含む)

Sponsored Link

4.  Aegisub の日本語化

 

ここまで順番に見てきた方は「始めに解説しとけよ」と突っ込んだかもしれませんが、いつも英語で使っていたので忘れてました。

日本語化したこともありましたが、英語で慣れたので逆に分かりづらくなってしまって・・・。今回紹介した程度の機能しか使わないし、英語の勉強もかねて英語にしてます。

やり方は簡単です。

メニューバーの「 View → Language 」と進んで Japanese を選択します。

 

5.  おわりに

 

もともと Aegisub は字幕を作成するソフトなので、今回紹介した機能はほんの一部です。

字幕の表示時間を長くしたり、覚えておきたい英語表現に下線を引いたりメモを追加したり、日英同時字幕を作ることもできますよ。

下記のカテゴリーリンクにやり方の解説記事がありますので、英語学習以外の方も Aegisub の使い方として参考にしてみてください。

 › 字幕の入手・活用

Sponsored Link

おすすめ記事

 › 英語字幕と日本語字幕を同時に画面表示する方法(パソコン・スマホ・テレビ)

 › 洋画・海外ドラマ・邦画の英語字幕を無料ダウンロードする方法

 

 


メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください