英語と日本語の同時字幕の作り方( Aegisub 字幕位置の指定)

以前の記事「英語字幕と日本語字幕を同時に画面表示する方法」では、日本語字幕を焼き付けた動画の作り方と、その動画に英語字幕を表示させることで同時字幕を実現する方法を紹介しました。

今回は同時字幕を一から作ることなく、なるべく簡単に作る方法をご紹介します。字幕ファイルそのものを作るので動画を作る必要ありません。

しかし、この方法にはやりづらさもあるので、その辺りも解説します。

 

2種類以上の字幕を付ける方法としても参考にしていただけます。

 

▽この記事で紹介する方法で作る同時字幕

映画やドラマでは英語字幕と日本語字幕の表示されるタイミングが違っています。そのため、両者の字幕を組み合わせただけではどちらもごちゃごちゃして表示されてしまいます。

これを解消するために、両者の字幕にそれぞれの表示位置を指定する、というやり方をこの記事では紹介します。

 

▽この記事とは別の同時字幕の作り方

下記リンクの2つの記事を合わせても日英の同時字幕を作ることができます。

 › 英語字幕ファイルを日本語化する方法( Google 翻訳 )

 › 洋画・海外ドラマの対訳スクリプト&字幕の作り方

1つ目は英語の字幕ファイルを Google 翻訳(自動翻訳)を使って日本語に翻訳する方法、2つ目は翻訳した字幕ファイルと元の英語字幕ファイルを合体させて同時字幕を作る方法です。

英語と日本語の字幕のタイミングが同じとなるので、この記事で紹介しているスタイルマネージャーを使う方法は必要ありません。

 

 

英語学習おすすめ記事

 › 洋画・海外ドラマで英語学習する方法・コツまとめ

 › 洋画・海外ドラマを見ていたら英語リーディングにも効果があった学習法

 › 英語字幕と日本語字幕を同時に画面表示する方法(パソコン・スマホ・テレビ)

1. 用意するもの

 

  • 英語字幕ファイル
  • 日本語字幕ファイル
  • 字幕作成ソフト( Aegisub )
  • テキストエディタ

字幕のファイル形式は srt が扱いやすいのでなるべく srt を選んでください。ass しかない場合は srt に変換します。

 › Aegisub で srt を保存しようとすると ass になるときの対処法

 

洋画や海外ドラマの英語と日本語の字幕ファイルでしたら、字幕サイトでダウンロードできます。

私は主に opensubtitles.org と Subscene を利用しています。

 › opensubtitles.org サイトの使い方と注意点(無料字幕ダウンロード)

 › Subscene の使い方。字幕ファイルをドラマ1シーズン分まとめてダウンロード

 

ただし、日本語字幕はほとんどアップロードされていません。このことがまず洋画や海外ドラマの同時字幕を作るときのやりづらさです。

 

アニメでは kitsunekko.net がおすすめです。日本語字幕も結構あります。

 ›› http://kitsunekko.net(外部リンク)

 

字幕作成ソフトはフリーの Aegisub が便利です。

↓ダウンロード先(無料)
http://www.aegisub.org/downloads/

※ダウンロード&インストールは自己責任でお願いします。

 

テキストエディタは、Mac ではテキストエディット、Windows ではメモ帳です。その他、文字を入力できるソフトでしたらメールでも何でも大丈夫です。

 

 

2. この記事で利用している動作環境  

 

  • Mac OS X 10.7.5
  • Aegisub 3.2.1

Aegisub は Mac 版での紹介ですが、Windows 版も操作や見た目は同じなので参考にしていただけます。

Aegisub の最新版は 3.2.2 ですが私の環境では動かないのでひとつ古いものを使用しています。

ちなみに、Aegisub 2 では動作がやや不安定ですが、2の方が使いやすいところもあります。

 

 

3. この方法のやりづらさと解決方法

 

日本語字幕が見つかりづらい

前項目にて字幕ファイルは字幕サイトでダウンロードできると書きましたが、洋画や海外ドラマの英語字幕がほとんど全ての作品でアップロードされているのに対し、日本語字幕はほとんどありません(アニメはあります)。

ですので、この方法では日本語字幕の入手が重要になります。

 

SubRip を使う

アップロードされていないときは、DVD から日本語字幕を抽出する方法があります。これは SubRip という無料ソフトを使えばできるようです。

Windows のみで私は使ったことがないので、ソフトのダウンロードや使い方はネットを参考にしてみてください。

字幕のリッピングは著作権的にいけないような気もします。字幕サイトにアップロードされているものの多くがリッピングされたもののようなので問題はないのかもしれませんが、海外のサイトなので日本とは違うのかもしれません。

このブログでは一応やり方はあるという紹介のみで、利用は自己責任でお願いします。

 

英語字幕を自動翻訳して日本語にする

英語字幕をダウンロードしておいて、それを自動翻訳して日本語字幕を作ります。自動翻訳なので意味をなしていないこともありますが、直訳になる傾向があるので分かりやすいこともあります。

 › 英語字幕ファイルを日本語化する方法( Google 翻訳 )

 

コピペと、自動翻訳したときに崩れた字幕データ(テキスト)をテキストエディタで修正するだけでできるので簡単です。

ただしこの場合、スタイルマネージャーを使わない方が簡単かもしれません。

 › 洋画・海外ドラマの対訳スクリプト&字幕の作り方

 

スタイルマネージャーについては次に解説します。

 

4. 手順とやり方

 

おおまかな手順は以下です。

  1. Aegisub で英語の字幕ファイルを開く
  2. 字幕行を全て選択してコピー
  3. テキストエディタで新規ファイルを開いてペースト
  4. ペーストしたもの(テキスト)を全て選択してコピー
  5. Aegisub で日本語の字幕ファイルを開く
  6. 一番上の行にテキストエディタでコピーしたものをペースト
    (一番下の行にコピーしたいときは1行挿入してからペースト)
  7. スタイルマネージャーで上になる字幕のスタイルを作る
  8. 字幕のスタイルを変更

 

日本語字幕と英語字幕を開く順番は逆でも OK です。

 

1〜6はちょっとまどろっこしいですが、こうしないと Aegisub に他の字幕データをコピーできないようです。

これがうまくいかない場合は次の方法でも同じことができます。こちらの方が簡単かも。

  • 英語と日本語の字幕ファイル( srt )を開く
  • 英語のテキスト全てコピー
  • 日本語のテキストの最初か最後にペースト
  • 保存して Aegisub で開く

 

次に、具体的なやり方を説明します。

1〜6は基本的な操作なので省きます。

 

 

7.  スタイルマネージャーで上になる字幕のスタイルを作る

 

スタイルマネージャーでは字幕のフォントや色から動作まで細かく設定できる他、字幕の位置を指定することもできます。

字幕の位置をしていないと日本語と英語の字幕がかぶってしまい、とても見づらい状態になってしまいます。ですので、どちらか一方を指定することでかぶらないようにします。

 

スタイルマネージャーを開く

スタイルマネージャーはメニューバーの「 Subtitle 」から「スタイルマネージャー」を選択して開きます。

下の画像の画面が表示されます。

 

スタイルを作る

同時字幕のうち、上にしたい方の字幕のスタイルを作ります。まず、上の画像で青枠の「現在の字幕内スタイル」で「 Default 」をクリックします。

そして、「現在の字幕内スタイル」と同じ枠の下にあるコピーをクリックします。

すると下の画像の画面が表示されます。

 

特にこだわりがなければ画像と同じ設定で OK です。

変更するところは2か所。

  • Style Name
  • 「余白」内の「上下余白」

また、日本語のスタイルを作るときはフォントに注意点があります。

 

Style Name

「 Style Name 」は任意でお好みのものを。ここでは「 Default より字幕位置を55上にした」という意味で「 Default 55 」としています。

 

上下余白

「余白」では字幕が表示されたときの余白を設定できます。「上下余白」では数値が大きいほど字幕は上に表示されます。

私は英語と日本語の字幕を同時に表示したとき(英語が上、日本語が下)に55が一番見やすかったのでこの設定にしています。

フォントの種類やフォントサイズによって英語と日本語の字幕の位置バランスは変わるので、お使いのものに合わせて調節してみてください。

なお、元の字幕ファイルが ass 形式だと元のフォントのサイズに影響されるようなので、プレイヤーで再生しつつ調節するか、一度 Aegisub で srt ファイルとして書き出してからスタイルを作るとやりやすいと思います。

 

おおまかな位置でいい方は

「アライメント」では字幕のおおまかな位置を指定できます。

この枠を動画を再生したときの画面と見立てることができ、位置毎に番号が割り当てられていて、5に設定すると画面の中央に表示されます。同時字幕では5か8を選択するとよいかと思います。

 

日本語のスタイルを作るときの注意点

フォントのところで英語のフォントを指定すると動画プレイヤーで再生したときに日本語は文字化けしてしまうので日本語のフォントを選択します。

いくつか試して「 Hiragino Kaku Gothic ProN 」が文字化けしなかったのでこれにしています。

 

ちなみに(文字の色)

スタイルでは色も変更できます。私は白だとまぶしいのでややグレーにしています。「色」のところから「プライマリ」を変更すると文字の中心の色を変更できます。

 

スタイルをデフォルトに保存

今回作成したスタイルは保存しておくこともできます。

作成したスタイルをクリックした状態で、最初の画像の青枠の下にある「 Copy to strage 」をクリックすると、左の枠内(カタログに保存されているスタイル)にスタイルが保存されます。

次回から、他の字幕ファイルで今回保存したスタイルを使う場合は、このスタイルを選択して、枠下の「 Copy to current script 」をクリックして右の枠内(現在の字幕内スタイル)にコピーします。

 

8.  字幕のスタイルを変更

 

スタイルができたらスタイルマネージャーを閉じて、元の画面に戻ります。

上にしたい字幕のスタイルを先ほど作ったスタイルに変更します。

やり方は、上にしたい字幕を全て選択(ドラッグ)して、画面の左上(下の画像の赤枠)にある「スタイルネーム」の横の▼をクリックして、先ほど作成したスタイル「 Default 55 」を選択します。

 

これで日英同時字幕の完成です。

あとは保存するだけですね。ass ファイルとして保存されます。

 

スタイルの作成やスタイルマネージャーの使い方は下記リンクの記事で詳しく説明しています。

 › Aegisub|スタイルの作成方法と字幕に適用する方法

 › Aegisub|スタイルマネージャーの使い方

 

メモ字幕も作れる

この方法を応用して、単語や表現の意味のメモを画面の左上や右上に表示させることもできます。

さらに、聞き取りが難しく感じるところに下線を引く、強く発音される箇所を斜体にして発音練習、といったこともできます。

やり方は下記リンクの記事を参考にしてみてください。

 › 英語学習向けメモ字幕の作り方( Aegisub 使い方)

 

↓Aegisub カテゴリーリンク

 › Aegisub

 

 YouTube などにアップロードするには

字幕を動画に焼き付ける問題

Aegisub ではテレビや YouTube のような字幕やテロップを作れますが、字幕を作ったら字幕を付けた私的な動画を DVD にしたり YouTube で公開したりしたい場合があると思います。

しかし、Aegisub で作るのはもちろん字幕ファイルであって動画ファイルではありません。そのため字幕を動画に焼き付ける必要があります。

字幕を焼き付けるとは、字幕を画像として映像の上に貼り付けることです。テレビ画面(動画)にシール(字幕)を貼る行為、と例えると分かりやすいかもしれません。そのため字幕の非表示はできません。

この「動画に字幕を焼き付ける」作業を私は以前したことがあるのですが、少々というか、結構な問題でした。

 

無料で動画に字幕を焼き付ける方法

動画に字幕を焼き付ける方法は、無料ではまず FFmpeg を使う方法がありますが、これは私はよく分からず挫折しました。簡単らしいのですが。。

そこで Windows 用のフリーソフトを使ったのですが、画質も音質も劣化して残念でした。ソフト名は忘れてしまい探しても見つからないので紹介は諦めましたが、私が使った感触ではおすすめはできないものでした。

 

無料の動画作成ソフトで字幕を付けた方がいいかも

動画編集ソフトでも字幕は付けれます。Windows ではマイクロソフト社の Movie Maker が無料で使えます。

Mac では iMovie がありますが、字幕を付けるためにはいまいちなようです。

 

やっぱり有料の動画編集ソフトが便利そう

とにかく無料でがんばる私ですが、有料ソフトの誘惑に負けることもあります。字幕やテロップ付きの動画が作れるソフトでは Windows 用の動画編集ソフト「 VEGAS Movie Studio 17 」が良さそうです。

私は使ったことがないのですが、カラオケ字幕の作り方を YouTube で見ると使いやすく、動作が軽そうでした。カラオケ屋さんのようなカラオケ字幕でした。

画面を流れるような字幕も作れるようです。Blu-ray に書き出すこともできるので、同価格帯の他社製品と比べると機能的に一歩リードしている印象がありました。私が買うならこれですね。

 

▽購入はソースネクストがおすすめ

Amazon でも購入できますが、ソースネクストでの購入がおすすめで、VEGAS 製品はよく割引キャンペーンをしている印象があります。(情報入手はメルマガ登録がおすすめ)

 ›› VEGAS Movie Studio 17(ソースネクスト商品ページ)

オンライン英会話に疲れた? VR×AI で解決

コミュ以前に気持ちの切り替えが億劫

昨今は手軽に英会話学習ができるオンライン英会話サービスが一般化していますが、講師と話すのが恥ずかしい以前に人と話すのが億劫に感じる方も多いのではないでしょうか。私も日常と仕事でお疲れなときには「対話モード」への切り替えが面倒に感じます。

 

VR×AI なら独りで好きなときに自分が納得するまで学習できる

そこでおすすめなのが VR 英会話サービスの スマート・チューター です。VR 空間で AI 人物と会話するため好きなときにニュートラルな自分のままで英会話の練習ができますし、講師に余計な気を遣うことなく学習に集中できるでしょう。

レッスン予約や講師待ちはもちろん不要ですし、決められた時間にドキドキしながら準備して待つこともありません。むしろ、その時間を使って学習できます。

Smart Tutor 使用の流れ

 

AI ならではの会話感と弱点分析力

一般的な英会話学習アプリは選択問題なのでどうしても会話感は乏しくなりますが、スマート・チューターならよりリアルな英会話の練習ができます。なぜなら、AI の質問や返答が毎回変わるので選択問題よりも自由な回答が求められるからです。

さらに、AI が自分に合ったカリキュラムを作成する機能や、自分の話す速さが数値化される機能があるので弱点を効果的に改善できそうです。

加えて、リアルでは相手が言ったり自分が使ったりした英語表現を一撃で覚えた経験がある人も多いと思いますが、VR なら没入感と臨場感でこの現象が起きやすく学習効果アップに繋がるメリットもあるのではと考えられます。

\10日間の無料お試し実施中 (VR無料でレンタル中) /

5,000円引きとなる上記リンク専用コード[NEW50]のご利用をお忘れなく。

VR ゴーグルは無料でレンタルできるのでお得です。

コメント

  1. deu01 より:

    今まで、2種類以上の字体・サイズで字幕を作ることが1回でできませんでした。
    フリーソフトだからできないのだろう、と思っていました。
    これでいろいろな大きさの字体を書き込んだ動画ができます。
    ありがとうございました。
    ———————
    下記リンクの2つの記事を合わせても同時字幕を作ることができます。こちらでは英語と日本語の字幕のタイミングが同じなので、この記事で紹介している方法は必要ありません。

    やり方としてはこちらの方がシンプルなので、この記事で紹介している方法が分かりづらい場合は参考にしてみてください。
    ———————————————-
    以上の文章がわかりにくいです。「こちら」は近い方を指す語なのに、リンク先の意味で使われているからです。「そちら」または「リンク先」という表現を使えばわかりやすくなると思います。ご検討ください。

    • manma manma より:

      deu01 様

      コメントありがとうございます。
      参考にしていただいたようで、嬉しく思います。

      Aegisub はフリーソフトでありながら自由度の高い字幕が作れるので驚きです。
      字幕の字体とサイズはスタイルマネージャーで指定できる他、字幕1行ずつでしたら文字入力欄のすぐ上にある「 fn 」ボタンからも指定できます。また、動画を読み込ませた際に表示される動画ウィンドウ(?)では字幕をドラッグして位置や角度なども変更できますので、いろいろと試してみるのも面白いかと思います。

      文章に分かりづらいところがあった件、申し訳ありません。
      具体的な内容に修正しましたので、ご確認いただけると幸いです。
      今後、このようなことがないように気をつけます。
      ご指摘いただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました