【洋画 DVD】「セリフ→小さい、効果音→大きい」対策まとめ

映画(洋画)の DVD で英語学習をしていて効果音や音楽がうるさくて音量を下げたら、今度はセリフ(声)の音量が小さくて聞こえづらくて音量を上げたら、お次は効果音がうるさくて…、と学習意欲が削がれてしまわないよう、その対策をまとめました。

英語学習でなくとも、映画やドラマを見ているときに大きい効果音にびっくりする、近所迷惑になる、といったことの対策にもなります。

 

↓合わせておすすめ、でもない

 ›【洋画 DVD】同じ音量で日本語の方が英語より大きく感じる理由を考察

 

ご注意

関連ワードで上位に来てしまい嬉しくも申し訳ない気持ちです。素人の思いつきとネットで調べたものをまとめたもので間違いがあるかもしれませんが、対策を1つずつためしたり組み合わせたりすることで効果を確認してみてください。

音の感じ方には個人差があり対策をしても希望通りの効果が得られるかどうかは約束できないことを予めご了承くださいませ。

 

1. 音量差問題が起きる原因

対策の前に、まずはこの「セリフ→小さい、効果音→大きい」という音量差の問題が起きる原因について確認しておきます。機械モノが苦手な方にも分かりやすいように、なるべく簡単にご説明します。

対策のみ知りたい方は読み飛ばしても大丈夫です。

 

5.1ch が原因

多くの DVD には 5.1ch サラウンドという音声の出力システムの構成に対応した音声記録(ざっくりと言えばホームシアターできる音声)が用いられています。

5.1ch サラウンドでは、視聴者の前後左右を囲むように6つのスピーカーを配置します。DVD を対応機器で再生すると、映像の中で前後左右のそれぞれの方向から聞こえるそれぞれの異なる音声が出力されます。

その結果、例えば「映像の右方向で爆発が起きたら右方向から爆発音が聞こえる」という臨場感が表現されます。

これにより、家庭でも映画館のような臨場感のある音響を体験できます。

 

5.1ch スピーカーの配置と種類

  • 前方左右:フロントスピーカー×2本
  • 正面  :センタースピーカー×1本
  • 後方左右:リアスピーカー  ×2本
  • 低域専用:サブウーファー  ×1本

 

5.1ch の音声をテレビのスピーカー(ステレオスピーカーやイヤホンなど)へ出力する場合には、6つの音声が2つの音声に統合されて出力されます。

この時の統合のされ方が音量差問題が起きる原因で、セリフと効果音や BGM の音量の差が大きくなってしまった場合に音量差問題が起きます。

 

また、2つのスピーカーで出力される場合に、テレビや DVD プレイヤーの音声出力が 5.1ch に設定されていると統合されていない音声が出力されるので、6つの音声のうち2つしか出力されていない状態となり、セリフの音声の割合が少なくなることも原因です。

この他、効果音や BGM が演出としてあえて大きい音で収録されている場合もあります。会話よりも爆発音が小さいとオナラかと思ってしまいますからね。

 

2. テレビ・DVD プレイヤーでの対策

この項目ではテレビや DVD プレイヤーの設定の変更によってできる対策を紹介します。

リモコンをポチポチするだけですぐにできる対策なのでぜひ試してみてください。

 

この項目の目次

2-1. テレビの音質設定で「はっきり」「くっきり」を選ぶ
2-2. テレビの音質設定で低音を下げる
2-3. テレビのサラウンド設定でオンとオフを切り替える
2-4. DVD プレイヤーのサラウンド設定でオンとオフを切り替える
2-5. センタースピーカーを使う(ホームシアター)
2-6. パソコンで再生してテレビで視聴する

 

2-1. テレビの音質設定で「はっきり」「くっきり」を選ぶ

テレビ本体の音質設定を変更する対策です。

メーカーによって名称は異なると思いますが、音質設定の項目を「はっきり」や「くっきり」に設定すると声(セリフ)が聞き取りやすくなるので、その分音量を下げられると音声と効果音の音量差を感じにくくなるかもしれません。

 

ただし、音量差を縮めるための機能ではないので、ボリュームを下げられたとしても効果音や音楽を大きいと感じるかもしれません。また、音声を不自然に感じる、はっきりと聞こえすぎて耳が疲れる、といったことが起こるかもしれません。

とはいえ、すぐに試せるので実践してみてください。

 

2-2. テレビの音質設定で低音を下げる

テレビの音質設定に「低音」の項目があれば下げてみます。

効果音や BGM が大きいと感じる要素の1つは低音なので、低音のみ音量を下げるとセリフや音声以外の音が小さく感じられるはずです。

下げていくとシャカシャカした音になるので気になるかもしれませんが、その場合は気にならない程度に下げるのが最適かと思います。

なお、低音を調節する項目は、うちの AQUOS ではリモコンで「ホーム → 設定 → 音声調整」と選択していったところにあります。

 

イコライザー搭載のアンプやスピーカーで低音を下げる

低音を調節できるミニコンポやラジカセ、アンプ内蔵スピーカーをお持ちであれば、それらの機器の低音を下げた状態でテレビの音声を出力すると同様の効果が得られます。

テレビの音質設定で低音を下げておくとより効果音や BGM が小さく感じられるはずです。

 

イコライザー搭載アンプ内蔵スピーカー(参考商品)

こちらは前面のツマミで低音と高音を調節できるので使いやすいです。

※激安アウトレットは楽天です。

↓の方が良さそうですが楽天以外では品薄になっているようです。(2021年8月下旬時点)

サンワダイレクト楽天市場店
¥4,980 (2021/10/19 20:39時点 | 楽天市場調べ)

ツマミの設定は、まず低音を0、高音を12時(真ん中)にして、シャカシャカしない程度に高音を調節します。この設定が最も効果音や BGM を小さく感じられるはずです。

接続は簡単です。テレビやスマホのヘッドホン出力端子と右スピーカー前面の外部入力(AUX)ジャックを繋ぐだけです。なお、アンプ内蔵なので電源が必要です。

 

私は試したことがないので音質は分かりませんが、テレビ本体のスピーカーよりは良いはずです。

音質を求めるなら ONKYO のものが2万円前後からあります。

 ›› GX-70HD2( Amazon 商品ページ)

 

2-3. テレビのサラウンド設定でオンとオフを切り替える

テレビにサラウンド設定があればオンとオフを切り替えて聴き比べます。

音量差のための機能ではないので効果を感じられないかもしれませんが、こちらもすぐできるので試してみてはいかがでしょうか。

 

2-4. DVD プレイヤーのサラウンド設定でオンとオフを切り替える

テレビの場合と同様に、DVD プレイヤーにサラウンド設定があればオンとオフ( 5.1ch と2ch )を切り替えて聴き比べます。

ただし、音量差のための機能ではないので、効果を感じられるかどうかは微妙なところです。

なお、お使いのテレビと DVD プレイヤーのどちらにもサラウンド設定がある場合は、どちらかをオン、どちらもオフ、のようにして聴き比べてみてください。

ややこしくなるのでメモを取りながら聴き比べるとよいでしょう。

 

2-5. センタースピーカーを使う(ホームシアター)

5.1ch サラウンドでは、セリフの音声は主にセンタースピーカーと左右のフロントスピーカーの3つのスピーカーによって出力されます。なお、後ろから声をかけられるシーンでは後方のスピーカーからも出力されるかもしれません。

下のイラストでは、茶色の枠がスピーカーで、真ん中がセンタースピーカー、左右2つがフロントスピーカーです。

 

このことから、左右のフロントスピーカーに加えてセンタースピーカーを使う対策が考えられます。

これ以上の対策があるとすれば、左右のフロントスピーカーは使わずセンタースピーカーのみという使い方はあります。

 

ただし、他のスピーカーからの音声が出力されない場合には、後ろから話しかけられるシーンではセリフがほとんど聞こえないかもしれません(あまりないシーンではありますが)。臨場感がなくなるのもあると思います。

 

センタースピーカーを使うために必要なもの

センタースピーカーとフロントスピーカーを使うためにはだいたい以下のようなものが必要です(ホームシアターに必要なものですね)。

 

Memo

  • テレビ(またはプロジェクター&スクリーン)
  • 5.1ch サラウンド出力対応の DVD プレイヤー
  • 5.1ch サラウンド対応の AV アンプ
  • センタースピーカー(1個)
  • フロントスピーカー(2個)
  • 各種ケーブル

 

センタースピーカーの例

具体的な機器や接続方法はネットで検索する方が分かりやすいと思うので省きます。「ホームシアター 設置」「5.1ch 接続」などと検索してみてください。

なお、 7.1ch でも音量差問題の対策は同じなので、この記事では 5.1ch の対策として紹介しています。

 

2-6. パソコンで再生してテレビで視聴する

 

パソコンの画面をテレビに映す

Windows では分かりませんが、Mac で DVD を再生すると音量差はあまりありません(詳しくは「4. パソコンで視聴する」にて)。

Mac の画面をテレビに表示して、 DVD を再生して、音声を Mac から出力すれば音量差の少ない音声で視聴できます。

さらに、プレイヤーにイコライザーがあれば低音をカットするか、プリセットで音声に適したものにするとより音量差を感じにくくなると思います。

 

パソコンの画面をテレビに出力する方法は下記リンク先の記事が分かりやすいと思うので参考にしてみてください。

 ›› テレビの大画面で写真や動画を楽しめる!HDMIケーブルを使おう(外部リンク)

 

HDMI ポートにはさまざまな形状があるので確認しておきましょう。

 

パソコンとテレビでホームシアター

ホームシアターはパソコンで再生した映像と音声でも行えます。こちらもネットが詳しいので「ホームシアター パソコン」などと検索してみてください。

 

テレビ・DVD プレイヤーでの対策まとめ

 

Memo

  • テレビの音質設定で「はっきり」「くっきり」を選ぶ
  • テレビの音質設定で低音を下げる
  • テレビのサラウンド設定でオンとオフを切り替える
  • DVD プレイヤーのサラウンド設定でオンとオフを切り替える
  • センタースピーカーを使う(ホームシアター)
  • パソコンで再生してテレビで視聴する

 

3. ヘッドホンでの対策

 

ヘッドセットを使う

意外に思われるかもしれませんが、劇的な変化(効果)を感じられるのがヘッドセットです。

テレビ用のヘッドホンでも構わないと思いますが、選ぶときのポイントは次の2つです。

  • オープン型(開放型)
  • 再生周波数帯域が狭いもの

 

オープン型は耳に乗せるタイプで、耳を塞がない(周囲の音がはっきりと聞こえる)のものです。遮音性が全くないため音漏れしますが、うるさいと感じる要因である低音も漏れてくれるので効果音や BGM が小さく感じられます。

低音域は漏れやすいというか、漏れを感じやすいように思います。セリフは十分に聞くことができます。

 

再生周波数帯域が広いとその分うるさいと感じる音域も再生されてしまいます。低音がうるさいと感じる原因なので、下の数値が大きいものを選ぶと良いです。

 

↓私が以前(2019年4月頃)使っていたヘッドセット

 

音質はモコモコとしてぼんやりしていますが、セリフを聴くには十分で、アクション系の海外ドラマを視聴すると効果音や BGM が小さく感じられるというか、そもそも鳴っていない感じがします。

ただし、英語学習で発音をはっきりと聞きたい場合は不向きです。

 

原音忠実のヘッドホンやモニターヘッドホンを使う

効果音や BGM をうるさいと感じられないほどではないかもしれませんが、家電量販店で販売されているような一般的なヘッドホンで低音強調タイプを使っている場合、原音忠実タイプのヘッドホンやモニターヘッドホンに代えて視聴すると効果音や BGM を小さく感じられるはずです。

ヘッドホンだけで、と思われるかもしれませんが聞こえ方はかなり違います。

 

私は2020年1月から下記リンク先の記事で紹介しているヘッドホンを使用しており、音質がとても気に入っています(見た目も)。

 ›【2019】英語学習に最適なおすすめヘッドホン “Jabra Move Style Edition”

 

低音が強調されていないので低音強調タイプと比べると効果音や BGM を小さく感じられます。手持ちのモニターヘッドホンと比べても聞きやすい音でした。

私が聴き比べをしたヘッドホンと感想は下記リンクの記事に書きましたので、参考にしてみてください。

 › ヘッドホンを英語学習向けに選んでみるとおすすめは意外に…

 

低音をカットする

テレビでの対策で紹介しましたが、ヘッドホンで視聴する場合にも低音カットは有効です。パソコンの場合やイコライザーで調節する場合は下記リンクの記事を参考にしてください。

 ›【洋画・海外ドラマ】英語学習に快適なイコライザー設定( VLC )

 

イコライザーの調節方法は次項でも紹介しています。

 

4. パソコンで視聴する

私は iMac(21.5-inch, Mid 2010)を使っていますが、DVD を視聴していて効果音や音楽をうるさく感じることはほとんどありません。Mac 標準の DVD Player でも、フリーのメディアプレイヤーの VLC でも同様です。

両者の音質に関しては、あまり違いがないように感じますが、 DVD によっては DVD Player の方が優秀だと感じることがあります。

5.1ch → 2ch の統合をバランス良く行っているようで、プレイヤーが調節してくれるのか、OS の機能なのかは分かりませんが、何も設定する必要はありません。

 

さらに、先にも述べましたが、プレイヤーにイコライザーがあれば低音をカットするか、プリセットで音声に適したものにするとより音量差を感じにくくなると思います。

Windows では分かりませんが、パソコンをお持ちの方は試してみてください。

例えば下の画像のように設定します。

 

VLC ではイコライザーの設定を保存してプリセットにできます。

詳しいやり方は下記リンク先の記事にて、より過激なイコライザー設定と合わせて紹介しています。

 ›【洋画・海外ドラマ】英語学習に快適なイコライザー設定( VLC )

 

ちなみに、VLC は再生機能が豊富なので洋画や海外ドラマで英語学習するときにとても便利です。

 ›【 VLC 】語学に便利な機能とショートカットまとめ

 

さらに、テレビの対策で紹介した低音を調節できるスピーカーを使う方法もあります。メディアプレイヤーで低音を下げるだけではうるさい場合に併用すると効果的だと思います。

なお、記事公開時ではパソコン向けの 5.1ch スピーカーとして Creative 5.1ch PCスピーカー Inspire IN-T6300 を紹介していましたが、販売終了になったようです。

 

5. 動画配信サービスで視聴する

ネット環境があればいつでもどこでも視聴できて便利な動画配信サービスでは、配給元から提供された映像や音声を配信しています。この音声が 2ch で提供されていれば、音量差の少ない映画を視聴できると思います。

ただし、どの作品がどの音声であるかは確認できないし(サポートに聞けば教えてくれるかもしれません)、2ch で提供されていても音量差を感じるかもしれないので、実際に視聴してみないと分からないのが現状です。

私はドラマばかり視聴しているためか、あまり音量差を感じたことはありませんが、Hulu で見た「 Game of Thrones 」は大きな差を感じました。なお、DVD と比べることはしていないので、どちらが音量差が大きいかは分かりません。

 

とはいえ、無料でお試しできるサービスもあるので、まずは試してみることをおすすめします。

以下は主な動画配信サービスで、それぞれ無料お試しもあります。

 ›› Hulu

 ›› U-NEXT

 ›› Amazon プライム・ビデオ

 

なお、5.1ch に関しては記事公開時で、Hulu は非対応、Amazonプライム・ビデオは一部の端末で対応、U-NEXT はヘルプセンターで検索しましたが、5.1ch に関する情報はありませんでした。

 

6. DRC をかけてエンコード

今回の件で色々と調べていると、エンコーダーで DRC をかけてエンコードすると、前項に書いた Mac で DVD を視聴したときのような音量差の少ない動画ファイルを作れることが分かりました。DRC には、大きい音は小さく、小さい音は大きくする効果があります。

これは HandBrake というフリーソフトで行うことができます。ただし、HandBrake では iso ファイルや VIDEO_TS ファイルから mp4 などの動画ファイルを作るときにしか使えないようです。

市販されている DVD から iso や VIDEO_TS ファイルを作る過程で違法行為が発生してしまうと思いますが、こういう方法もあるということで、記しておきます。合法的な何かに応用できるかもしれないですので。

 

HandBrake で DRC をかける方法

Audio タブにある DRC のツマミを調節して設定してからエンコードします。数値は0〜4まで、0.25ずつ調節でき、数値を上げるほど効果が大きくなります。

設定のコツは、その効果から、映画の中で一番うるさく感じる箇所を4から1ずつ下げてエンコードして聞き比べ、最大音量に変化がなくなる1つ手前を採用することではないかと思います。

必要ならそこからさらに 0.5 か 0.25 ずつ下げて聞き比べます。例えば、4から1まで最大音量に変化がなく、0.5 だと大きければ1を採用します。DRC の値が大きくなるにつれて物音などの小さい音が大きくなるので、今度はそちらの音が気になってしまいそうだからです。

なお、iso などに含まれている音声ファイルによっては、DCR をかけても音量差に変化がない場合があるかもしれません。

 

ちなみに、音量差には関係ありませんが、Audio タブの Mixdown のところで Dolby Pro Logic Ⅱ や Dolby Surround ではなく Stereo を選択すると個々の音がよりはっきりすると思います。

ただし、音源によっては Dolby Pro Logic Ⅱ などの方がはっきりするかもしれません。こだわる場合は音楽の部分をエンコードして聞き比べると好みが見つかると思います。

 

7. リミッターをかける

この項目で紹介する方法は、洋画や海外ドラマの音声を録音したら音量差問題があったという場合なので、DVD を視聴するときとは異なります。

 › PC 不要で洋画・海外ドラマの音声を録音からスマホで聞くまで

 

リミッターは音楽作成ソフトなどの機能で、主に楽曲を CD にするときなどに全体の音量を上げるために使います。音を大きくするために音量レベルを上げていくと、あるレベルを超えると音が割れてしまいますが、そのレベルを超えた音量をカットして割れないようにします。

映画ではセリフにちょうど良い音量まで上げて、レベルを超えた音量はカットすることになりますね。リミッターは Mac ではユーザーなら無償で使える GarageBand で利用できます。

 

ただし、なかなか面倒だと思うので、そもそもパソコンが使えるのであれば、パソコンから出力した音声を録音する方が手っ取り早いと思います。IC レコーダーなどの録音できる機器があればパソコンとつないで録音できます。

 ›› 英語学習におすすめ IC レコーダーと常軌を逸した活用方法

 

パソコンから出る音をそのパソコンで録音する方法では、Mac は標準の QuickTime にフリーの Soundflower を合わせるとできますし、Windows では「 B’s 動画レコーダー」を使うと録画はもちろん音声のみの録音もできます。

 

8. 周囲に迷惑をかけないスピーカー  

映画鑑賞でも英語学習でも、家族や隣近所の迷惑かどうか気になった瞬間に集中が途切れてしまうのは何とかしたいものです。

イヤホンやヘッドホンを使うと解決ではありますが、耳や頭にものがあると煩わしいものです。そこでおすすめなのがウェアラブルスピーカーです。

 › 英語学習に便利なウェアラブルスピーカーの使い方とおすすめ機種

 

音量差対策ではありませんが、音楽や通話に適したモデルだけでなくセリフや音声を聴き取りやすくするモードが搭載されたモデルもあるので紹介します。

 

身に付けるスピーカー

「ウェアラブルスピーカー」はその名の通り身に付けるタイプのスピーカーです。

多くは首に掛けるタイプのワイヤレススピーカー( Bluetooth 接続)なので周囲にも音は聞こえますが、スピーカーと耳の距離が近いので自分には十分な音量でも一般的なスピーカーに比べると周囲に聞こえる音は小さいので迷惑になりにくいようです。

 

テレビ用もある

記事公開時ではあまりバリエーションがありませんでしたが、2021年7月時点では様々なタイプが出ており、テレビ用モデルもあります。

 

 

上記はどちらもテレビ用で、セリフや音声がはっきり聞こえるモードを搭載しています。

オーディオテクニカのデザインには少々びっくりしましたが、商品を Amazon で確認するとお年寄りも使いやすいようにアフォーダンスデザイン(見た目で使い方が分かるデザイン)となっていました。

 

Point

両製品に共通する特徴

  • テレビ用
  • セリフや音声など人の声を聴き取りやすくするモード搭載
  • お年寄りも使いやすそう

 

9. 対策まとめ

 

  • テレビの音質設定で「くっきり」「はっきり」を選ぶ
  • テレビの音質設定で低音を下げる
  • テレビのサラウンド設定でオンとオフを切り替える
  • DVD プレイヤーのサラウンド設定でオンとオフを切り替える
  • センタースピーカーを使う(ホームシアター)
  • パソコンで再生してテレビで視聴する
  • パソコンで視聴する
  • 動画配信サービスで視聴する
  • DRC をかけてエンコードする
  • リミッターをかける(音声のみの場合)

 

私が使っているスピーカー

私は TIMEDOMAIN light というスピーカーを使っています。音楽や映画の視聴はもちろん、英語学習にもおすすめです。2ch ではありますが立体的で自然な音です。DVD は iMac で見るので、音量差問題もありません。

 › 英語学習におすすめ!音源忠実再生スピーカーでリスニング力・発音改善

 

記事公開時から TIMEDOMAIN light はオンラインストアで生産休止となっていますが、米生産モデルの TIMEDOMAIN light USA が販売されています。

Amazon などでは TIMEDOMAIN light の中古品が出品されています。

オンライン英会話に疲れた? VR×AI で解決

コミュ以前に気持ちの切り替えが億劫

昨今は手軽に英会話学習ができるオンライン英会話サービスが一般化していますが、講師と話すのが恥ずかしい以前に人と話すのが億劫に感じる方も多いのではないでしょうか。私も日常と仕事でお疲れなときには「対話モード」への切り替えが面倒に感じます。

 

VR×AI なら独りで好きなときに自分が納得するまで学習できる

そこでおすすめなのが VR 英会話サービスの スマート・チューター です。VR 空間で AI 人物と会話するため好きなときにニュートラルな自分のままで英会話の練習ができますし、講師に余計な気を遣うことなく学習に集中できるでしょう。

レッスン予約や講師待ちはもちろん不要ですし、決められた時間にドキドキしながら準備して待つこともありません。むしろ、その時間を使って学習できます。

Smart Tutor 使用の流れ

 

AI ならではの会話感と弱点分析力

一般的な英会話学習アプリは選択問題なのでどうしても会話感は乏しくなりますが、スマート・チューターならよりリアルな英会話の練習ができます。なぜなら、AI の質問や返答が毎回変わるので選択問題よりも自由な回答が求められるからです。

さらに、AI が自分に合ったカリキュラムを作成する機能や、自分の話す速さが数値化される機能があるので弱点を効果的に改善できそうです。

加えて、リアルでは相手が言ったり自分が使ったりした英語表現を一撃で覚えた経験がある人も多いと思いますが、VR なら没入感と臨場感でこの現象が起きやすく学習効果アップに繋がるメリットもあるのではと考えられます。

\10日間の無料お試し実施中 (VR無料でレンタル中) /

5,000円引きとなる上記リンク専用コード[NEW50]のご利用をお忘れなく。

VR ゴーグルは無料でレンタルできるのでお得です。

コメント

  1. 通りすがり より:

    間違えが多く、読んでいて疲れた。
    もっと勉強して勘違い部分を正すべき。
    アフィリで稼ぎたいのだろうけど、間違った商品を
    薦めているのは正直バカなの?としか…

    • manma manma より:

      通りすがり 様
      ご指摘いただきありがとうございます。
      私の勉強不足で間違いの多い内容となっておりました。
      参考商品につきましても改めてメーカーサイトやレビューなどを確認して間違いに気づきました。
      画像やリンクはあると分かりやすいものだけにして、他は削除いたしました。
      至らない点も多々あるかと存じますが、改善できるよう努めてまいります。

  2. 通りすがり より:

    >テレビのサラウンド設定をオン・オフにする<

    ”オン・オフにする” ??? どういう意味ですか? オンにする オフにするならまともな日本語として理解できるが。。。

    変な日本語止めて欲しいね。

    英語よりも日本語を勉強しなおしたほうがいい。

    • manma manma より:

      通りすがり 様

      ご指摘いただきありがとうございます。
      「・」を「または」の意味で使っておりました。
      「・」の使い方を確認して以下に文章を修正いたしました。

      「テレビのサラウンド設定でオンとオフを切り替える」

      他の同様の箇所も合わせて修正いたしました。

      >英語よりも日本語を勉強しなおしたほうがいい。
      英語学習とブログ記事を書くことを通じて日本語を勉強しているつもりになっておりました。
      至らない点も多々あるかと存じますが、改善できるよう努めてまいります。

      • 通りすがり より:

        manmaさま

        早速の真摯なご回答ありがとうございます。BLOGの内容からとても真面目なお方と判じましたのでPRIVATEメアドをあなたに開示しました。

        さて、本題ですが、9箇所訂正なさっています。これでスッキリです。

        これからもあなたの有益な記事を拝見することを楽しみにしています。

        頑張ってください。

        • manma manma より:

          通りすがり 様

          ご返信いただきありがとうございます。

          正しく分かりやすく簡潔な文章を心がけておりますが、しばらくして読み返すと、自分が読んでも分かりにくいところに気づいて恥ずかしい気持ちになることがよくあります。

          また、何かお気づきの点などございましたら、ご指摘いただけると幸いです。

          記事を楽しみにしてくださるとのことと、励ましのお言葉をいただき、嬉しい気持ちです。

タイトルとURLをコピーしました