「超低速メソッド英語発音トレーニング」の効果的な使い方

「超低速メソッド英語発音トレーニング」という本で私は英語発音の基礎を習得しました。その期間は3週間ほどです。

これを長いと感じるか短いと感じるかは人それぞれだと思いますが、私には学習にかかった期間と本の値段を合わせてもコスパは最高でした。発音を習得すると後の学習に対するインパクトや得られる価値は計り知れないにもかかわらず、時間的投資が3週間なのは安いと思っています。

そこで私が実践した「超低速メソッド英語発音トレーニング」のトレーニングメニューを紹介します。実は、旧版で学習したので本書(完全版)は未購入です。本書でも同じやり方が紹介されているかもしれませんが、本書のやり方が間違っていないことを実証する1つの例として参考にしてください。

 

発音を習得すると英語学習が加速する!

発音を習得するメリットも紹介しているので合わせて参考にしてください。発音を習得すると英語学習が加速しますよ。

 

 

発音の基礎って?

この記事では「発音の基礎」を「しっかりと意識すれば英語の音を聞き分けられるし使い分けられるが、日本人ぽさはあるくらい」としています。

このくらいになると、あとは自転車で狭い路地をスイスイとすり抜けるように上達できるのが理由です。なお、「自転車で狭い路地スイスイ」は危ないのでやめましょう。あくまで例えです。

1. トレーニングメニュー

私は以下のように「超低速メソッド英語発音トレーニング」を使っていました。

 

Memo

  • トレーニングメニュー
  1. アルファベットと数の発音のみ数日
  2. 母音のみ1週間
  3. 二重母音のみ数日
  4. 子音のみ1週間
  5. 4 が終わったら 2〜4 をもう1回(2日間くらいで)
  • 内容と頻度
  • 本で発音の仕方を確認
  • 超低速の音声に合わせて発音を真似する
  • 通勤の往復の間にできるだけ練習(合計1日40分ほど)

 

なお、旧版には DVD は付いていませんでしたが、以前に他の DVD 付きの本で学習したことはありました。学習中にその DVD を見ることはなく、発音の仕方は旧版本書でのみ確認していました。

4 の終了後は 2〜4 を日替わりで1週間ほど「発音が定着した」と感じるまで続けるのもよいでしょう。

 

発音の変化は1週間くらいで実感

トレーニングは常に CD の超低速音声に合わせて行いました。

自分に変化を感じたのはトレーニングを始めて1週間後くらい、ふと何気なく英文を口に出して読んだら自然と英語っぽく発音していました。意識して英語っぽく発音しようとはしておらず、そこは完全に無意識だったので自分でびっくりしました。

さらに、英語の個々の発音だけでなくイントネーションも改善されました。文章でもトレーニングするので自然と身に付くようです。実は、イントネーションが改善されるだけでも日本人ぽさが解消されてぐっと英語らしくなります。

 

期間は目安

期間は「母音のみ1週間」と決めてやっていたわけではありません。あくまで目安で、発音を十分に真似できるようになったと感じたら次に進んでいました。

 

十分通じる

この本で学習(トレーニング)すると十分に伝わる英語の発音を身に付けられるでしょう。

実際に、私の場合はこのトレーニングだけでネイティブスピーカーだけでなく英語を母語としない外国人にも発音が原因で伝わらなかったことはありません。

相手が真剣に理解しようとしてくれていたのもあると思いますが、それでも聞き返されることはほとんどありませんでした。

とはいえ、can なのか can’t なのか聞き返されたり、Hulu という動画配信のサービス名が伝わらなかったりしたことはあります。

なお、can なのか can’t なのかは私の甘さもありますが、ネイティブスピーカー同士でもあるようです。Hulu は like Netflix と例を挙げると伝わりました。

 

発音は初心者ほど改善する

英語の発音は、実は初心者ほどすぐに大きく改善すると思っています。改善する余地が大きいのが理由ですが、超低速メソッドでは初心者でも「超低速の音声を真似するだけ」と簡単なのですぐに発音が改善されて基礎が身に付くはずです。

一度基礎を習得すればあとは自転車に乗るようなものです。失われることはないし、乗れば乗るほど技術が向上して狭い隙間をすり抜けたりできます。(危ないのでやめましょう。あくまで例えです)

通勤・通学5分なんですが…

発音練習は家でじっくりとはやりづらいと思います。洋画を見ながらのシャドーイングならまだしも、じっとしたまま発音だけ練習するのは私もツラいです。

 

そこでおすすめなのはウォーキングをしながらです。軽い運動をすると脳がよく働くと言いますし、緑のある公園や川沿いの道ならリラックスできるしメンタルにもいいので学習効果が高まりそうです。

ダイエットとしては、ウォーキングでも「小股のなる早歩き」なら脂肪燃焼効果があると私は実感しているのでおすすめです。(長時間やると結構キツい)

その際はこのような携帯音楽プレイヤーがあるとおすすめです。

ポタンを最少2回、ポチポチっと押すだけで再生できるので英語学習専用とすると学習が捗りますよ。

もちろん発音練習だけでなく単語集などに付属の音声を聞くのもおすすめです。

2. ネイティブレベルの発音を習得するなら

「超低速メソッド」はとてもおすすめなのですが、当然ながら自分が正しく発音できているかどうかはチェックできません。録音した自分の発音とお手本を聴き比べて確認することはできますが、初心者が自分で判定することは難しいでしょう。

お手本と違うとは思っても、どこがどう違うのか、どこをどう直せばいいのかは分かりにくいと思います。

 

ネイティブレベルの発音を習得するなら FluentWorlds

そこでおすすめなのが FluentWorlds という英会話ソフト(アプリ)です。「英会話ソフト」として販売されていますが、私にとっては「発音矯正アプリ」です。(パソコンやスマホで使えます)

英会話学習ソフト「FluentWorlds」|ソースネクスト
本製品は、会話シーンに沿って英会話を学べるソフトです。バーチャル空間のセントラル・パークやシリンコンバレー、ラスベガスの街を散策しながら、ゲーム感覚で英会話を身につけられます。55のシーンでさまざまなフレーズを学び、3,000語の単語を身につけられます。発音判定機能を搭載し、会話力を高められます。

発音レッスンでは、San Francisco の San や sandwiches など、「ここ?!」というところで何度やっても合格をもらえないことがありました。(涙目)

他の英会話アプリでも発音判定できるものはありますが、多くは単語単位か文章単位でしか判定されません。一方、FluentWorlds は先に述べたように1つ1つの音を3段階で判定してくれるので、自分の発音のどこがどのくらい悪いのかが分かります。この点がおすすめする理由です。(しかも判定厳しい)

詳しくはこちらの記事で紹介しているので参考にしてください。

FluentWorlds 感想|英会話アプリのつもりが発音矯正ギプス
「発音矯正される感」が凄かった「3Dバーチャル世界で英会話が学べる」というアプリ FluentWorlds (フルーエント・ワールズ)の使用感や効果的な使い方を紹介します。 パソコンとスマホでいつでも学習できる、アウトプット練習になり...

記事では FluentWorlds の他にも発音分析機能のある AI 英会話アプリやサービスを紹介しています。より細かく分析できるものもあるので合わせて参考にしてほしいと思います。

 

3. 人に教えてもらうなら

書籍やアプリでの独学では発音の仕方から自分の発音のチェックまで、全てを自分でやる必要があります。FluentWorlds では自分の発音のどこが悪いかは分かりますが「どう悪いか」までは分かりません。

「発音は人に直接教わる方が効率的でコスパがいい」と考える場合は英語の発音に特化した ハツオン というオンラインスクールがあるので検討してみてください。

 

4. 発音を習得するメリット

記事の冒頭で「後の学習に対するインパクトや得られる価値は計り知れない」と述べたので、この項ではそのインパクトや価値、つまり、発音を習得するメリットについて述べていきます。

 

Memo

発音を習得するメリット

  • 発音を習得するとリスニング力が向上する
  • インプットが自動化する
     → 他の技能のブースターとなる
  • 技能が失われにくい&再習得しやすい

 

上記以外にも「相手にストレスを与えることなく伝わる」というメリットもありますが、これについては逆の立場を想像すると分かりやすいので詳細は省きます。

また、スラッシュリーディングと併用すると英語学習が加速するのでおすすめです。

その理由はこちらの記事で紹介しているので合わせて参考にしてほしいと思います。

戦略的独学|英語の習得を最速化する2つの能力と鍛え方
「この2つで英語学習が最速化、自動化、無料化する」という能力があると私は考えているので、その能力と効果的な鍛え方を紹介します。 初心者はコスパ最高で英語を習得できるはずですし、「勉強してるけど伸びない」と感じている中級者は一気に成長す...

 

発音を習得するとリスニング力が向上する

英語の発音を学ばずにリスニングをするのは「素手でキャッチボールをする」ような状態です。当然ながらグローブを使った方がボールをキャッチしやすいです。

英語の音を知らずに聞き取ろうとするのは、まさにこの状態です。「発音を知る」はグローブを得ることで、「発音を習得する」は投げられたボールに手を伸ばしてキャッチする技術です。

なお、キャッチボールレベルでは素手でキャッチできる場合もあると思いますが、プロ野球のピッチャーの豪速球や変化球を素手でキャッチすることは不可能でしょう。プロ仕様のキャッチャーミットとボールをキャッチするための技術があって初めて豪速球や変化球をキャッチできます。

 

インプットが自動化する

発音を習得すると英語の音の違いが分かるようになるので英語を聞き取る力(聞き分ける力)が向上します。そうなると知らない単語でも「政治家のお食事券 (汚職事件) 」のように聞き取れるようになるので、以降は洋画やニュースなどで自然と語彙を増やすことができます。

リスニング力や語彙力が上がると自然とリーディング力も上がるはずですし、会話をスムーズに行うこともできます。つまり、発音の習得は他の技能のブースターとなって英語学習を加速します。

一方、発音を習得しないまま洋画やニュースを見ても聞き取れないので時間が無駄になりますし、言葉を覚えようにも音をキャッチできないので記憶に定着しづらいです。

また、やっかいなのは字幕を確認して聞き取れたと思っても、実際には頭の中で別の音に置き換えて聞き取れたと錯覚してしまう現象があることです。

このようにして何年も「英語が聞き取れない」という状態が続くと中途半端に教材を買ってしまい時間だけでなくお金も無駄になるでしょう。

しっかりと投資をして学習すれば結果的に時間もお金も少なくて済むのでコスパがいいと言えます。この投資を学習初期にしておけば順調に資産(英語力)を増やし続けられるので、やがて大きな資産となるでしょう。しかも最短で。

このことが「後の学習に対するインパクトや得られる価値は計り知れない」と述べた理由です。発音を後回しにせず、学習初期に基礎だけでも習得していただきたいと思います。

リスニングだけが得意?

学生時代に「リスニングは良くて他は悪かった」という人に出会ったことがある方は疑問に感じる内容もあったと思いますが、その人は「リスニングが特に良くて他は普通だった」のではないでしょうか。リスニングが良いので相対的に他が悪く見えていた、という気がします。

おそらく、その人は子供の頃に英会話スクールに通っていたことがあって、発音の基礎を習得していたのだろうと想像します。

ただし、以降はあまり熱心に英語を勉強しなかったか、せっかく聞くのが得意なのに他の方法で勉強してしまっていたのかもしれません。また、学校のテストではリスニング問題の文法や語彙の難易度が筆記よりも低いので点が取りやすかった、という気もします。

 

技能が失われにくい&再習得しやすい

最初の項でも少し述べましたが、英語の発音は自転車の乗り方のように一度習得すると失われにくい技能です。さらに、しばらく乗らなくても体が覚えているので、少し練習すれば以前の状態に戻りやすいという面もあります。この2つも大きなメリットだと思います。

とはいえ、単語も一度覚えたら忘れてしまっても二度目は覚えやすいので英語の技能全般に言えることかもしれません。

投資の例えで言う…、のは話が逸れるのでやめておきましょう。(投資は社会のために!)

下手な発音でも伝わればいい?

英語学習において発音は後回しになりがちかもしれませんが、「伝わればいい」という自己流の発音では伝わったとしても「実は相手が必死に理解しようとしてくれていた」のかもしれませんし、相手はストレスを感じていた可能性もあります。これは逆の立場で想像すると分かりやすいと思います。

また、発音が上手だと英語力自体が高い印象を与えることができます。テレビで外国人への街角インタビューを見ていて日本語の発音が上手な人がいたら「この人、日本語できる」と思いますよね。

面倒な状況ではこのことを逆手に取って、あえて下手な発音で「英語は苦手」とアピールすることもできますが、状況に応じて使い分けるのがスマートだと思います。(面接では上手に発音するとか)

ロゼッタストーン vs. FluentWorlds!英語の発音改善に使うならどっち?
英会話学習アプリのロゼッタストーンと FluentWorlds(フルーエント・ワールズ)にはどちらも英語の発音を分析して判定する機能があるので両者を比較と検証してみました。 この内容の評判やレビューはあまりないと思うので参考になるはず...

英語学習で地味にモヤっとする原因とは?

英語学習をしていると疑問が頻出するものですが、地味にモヤっとするのが「直訳すると日本語が不自然」な点です。特に英会話の場面、口語表現に顕著で「普段そんな言い方しねーし」と思ったことがある方も多いと思います。

例えばこんな表現です。

That's what I was told.
それは私が言われたことです

直訳していますが、この日本語は会話では不自然です。もう少し普段の会話っぽくすると「そう聞いています」です。とはいえ、実際には「〜のようです」「〜なんだって」というような言い方をしている人がほとんどだと思います。

(「〜のようです」「〜なんだって」は I heard that. や They (he, she) said that. と表現することもできます。)

つまり、モヤる原因は次の2つです。

 

地味にモヤっとする原因
  • 英語を直訳すると「普段頭の中にない日本語の言い回しになる」
  • 普段頭の中にある日本語を直訳すると「不自然な英語になるか行き詰まる」

 

「〜なんだって」と英語で言いたい場合は[なんだって → そう聞いています → それは私が聞いたことです]と変換して That's what I was told. を導き出すことになります。(最悪の場合)

こんなことをしているとテンポが悪くなって会話どころではなくなるし、頭が疲れて会話そのものを放棄したくなります。

しかし、[なんだって → That's what I was told. ]と直接変換できれば楽ですし会話をスムーズにこなせます。

 

日本アニメなら普段使いの日本語から英語を学べる

そこで、より自然で普段使いな日本語から英語を学ぶための素材としておすすめなのが「日本アニメ」です。

その理由と日本アニメで英語を学習するのに便利なサービスはこちらの記事で紹介しています。

EEラーニングの日本アニメで英語学習すると?効果検証!
実際に EE Learning(EEラーニング)を利用して学習効果を検証しました。結論は「楽しく日本アニメ英語版を見ていたら英語力が上がった」となりたい方におすすめの英語学習サービスです。 この記事では、EE Learning の検証...

特に英会話学習のモヤが晴れると思うのでぜひ参考にしてほしいと思います。

「すでにモヤが晴れた」という方はこちらのサイトで日本アニメ英語版の無料お試し動画を視聴できるのでぜひお試しください。

 

無料お試し動画 (英語版) を EE Learning で視聴する 

こちらもおすすめ!

スーパーエルマーで本物の英語力を習得!その効果と学習法
聞くだけ見るだけでも「スーパーエルマー」なら本物の英語力を鍛えるための工夫が満載な英語学習教材なので効果抜群です。英検、TOEIC、大学入試の対策やビジネス英語の習得に、未来の自分に投資したいという方にもおすすめです。 スーパーエルマ...
戦略的独学|英語の習得を最速化する2つの能力と鍛え方
「この2つで英語学習が最速化、自動化、無料化する」という能力があると私は考えているので、その能力と効果的な鍛え方を紹介します。 初心者はコスパ最高で英語を習得できるはずですし、「勉強してるけど伸びない」と感じている中級者は一気に成長す...
単語集は1冊3ヶ月で!英単語の効率的な暗記術
英語の単語集は1冊3ヶ月で効率良くやり切るのがおすすめなので、そのために英単語を戦略的に暗記する方法を紹介します。 大学入試、英検、TOEIC などの試験対策や社会人のやり直しとしてお役立てください。 Summary 1...

Comment