「par for the course/それは普通のこと」ドラマに出てきた英語表現・意味解説

米ドラマ「 Web Therapy/ウェブ・セラピー 」シーズン1第1話より

 

セラピストのフィオナがクライアントの悩みをでっち上げて強引にアドバイスするときのセリフです。

 

失恋で落ち込んだり体重変化するのは

「 That is par for the course./それは普通のことよ 」

と言い切ります。

 

 

  par for the course

 

意味

それは普通のこと/そんなの当たり前

 

由来

未確認ではありますが、ゴルフ由来の表現で間違いないと思います。

par はゴルフでホールの規定打数のことなので、意味と一致します。そのコースで普通、覚えやすいですね。

 

応用

ちょっとうまくいかなかったと言いたいときに、少しもじって「 That is bogey for the course. 」という言い方もできますね。

ただし、言い方によっては皮肉になってしまうかもしれないので、注意は必要ですね(ゴルフのルールを知らない相手にも)。

 

このフレーズが使われている曲

 

Arctic Monkeys – No. 1 Party Anthem

イギリスのバンド Arctic Monkeys の「 No. 1 Party Anthem 」の歌詞に出てきます。

こちらでは、室内(クラブなど)でサングラスをすることなどを par for the course と歌っています。

これを聞けばもうこの表現を忘れることはない、と思います。

 

ドラマの英語解説記事

 › ゆっくり発音で挫折した方でも大丈夫!海外ドラマ「 Web Therapy 」

オンライン英会話に疲れた? VR×AI で解決

コミュ以前に気持ちの切り替えが億劫

昨今は手軽に英会話学習ができるオンライン英会話サービスが一般化していますが、講師と話すのが恥ずかしい以前に人と話すのが億劫に感じる方も多いのではないでしょうか。私も日常と仕事でお疲れなときには「対話モード」への切り替えが面倒に感じます。

 

VR×AI なら独りで好きなときに自分が納得するまで学習できる

そこでおすすめなのが VR 英会話サービスの スマート・チューター です。VR 空間で AI 人物と会話するため好きなときにニュートラルな自分のままで英会話の練習ができますし、講師に余計な気を遣うことなく学習に集中できるでしょう。

レッスン予約や講師待ちはもちろん不要ですし、決められた時間にドキドキしながら準備して待つこともありません。むしろ、その時間を使って学習できます。

Smart Tutor 使用の流れ

 

AI ならではの会話感と弱点分析力

一般的な英会話学習アプリは選択問題なのでどうしても会話感は乏しくなりますが、スマート・チューターならよりリアルな英会話の練習ができます。なぜなら、AI の質問や返答が毎回変わるので選択問題よりも自由な回答が求められるからです。

さらに、AI が自分に合ったカリキュラムを作成する機能や、自分の話す速さが数値化される機能があるので弱点を効果的に改善できそうです。

加えて、リアルでは相手が言ったり自分が使ったりした英語表現を一撃で覚えた経験がある人も多いと思いますが、VR なら没入感と臨場感でこの現象が起きやすく学習効果アップに繋がるメリットもあるのではと考えられます。

\10日間の無料お試し実施中 (VR無料でレンタル中) /

5,000円引きとなる上記リンク専用コード[NEW50]のご利用をお忘れなく。

VR ゴーグルは無料でレンタルできるのでお得です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました