「par for the course/それは普通のこと」ドラマに出てきた英語表現・意味解説

米ドラマ「 Web Therapy/ウェブ・セラピー 」シーズン1第1話より

 

セラピストのフィオナがクライアントの悩みをでっち上げて強引にアドバイスするときのセリフです。

 

失恋で落ち込んだり体重変化するのは

「 That is par for the course./それは普通のことよ 」

と言い切ります。

 

 

  par for the course

 

意味

それは普通のこと/そんなの当たり前

 

由来

未確認ではありますが、ゴルフ由来の表現で間違いないと思います。

par はゴルフでホールの規定打数のことなので、意味と一致します。そのコースで普通、覚えやすいですね。

 

応用

ちょっとうまくいかなかったと言いたいときに、少しもじって「 That is bogey for the course. 」という言い方もできますね。

ただし、言い方によっては皮肉になってしまうかもしれないので、注意は必要ですね(ゴルフのルールを知らない相手にも)。

 

このフレーズが使われている曲

 

Arctic Monkeys – No. 1 Party Anthem

イギリスのバンド Arctic Monkeys の「 No. 1 Party Anthem 」の歌詞に出てきます。

こちらでは、室内(クラブなど)でサングラスをすることなどを par for the course と歌っています。

これを聞けばもうこの表現を忘れることはない、と思います。

 

ドラマの英語解説記事

 › ゆっくり発音で挫折した方でも大丈夫!海外ドラマ「 Web Therapy 」

おすすめ学習書籍(オーディオブック)

私は英語学習にお金を使わないと決めていますが、オーディオブックのサンプルを視聴して「これは買うべきだ」と感じて買った書籍がこちらです。

 

タイトルを見ると「楽する系」だと思うかもしれませんが、「実用系」です。

結果的には楽もできます。

 

この本がおすすめな人
  • 英文の組み立てに迷って疲れる
  • 長ったらしくなる (シンプルに短く言えない)
  • 文法によるニュアンスの違いを知らない

 

この本のオーディオブック(本の朗読)は audiobook.jp にて無料でサンプルを視聴できるので、ぜひ聞いてみてください。サンプルだけでも目から鱗が落ちるはずです。

サンプルの視聴はこちら。

 

ちなみに、私は audiobook.jp の月額プランのボーナスポイントで購入したので英語学習にお金を使ったことにはしていません。。(気持ちの問題)

オーディオブックは通勤や通学のスキマ時間や、家事などをしながら聞くのがおすすめです。時間がなくても「1日1トラックを繰り返し聞く」と頭に入りやすいです。

オーディオブックは洋書を読めるようになりたい方にもおすすめです。

 › 洋書の英語をオーディオブックで突破する方法

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました