「par for the course/それは普通のこと」ドラマに出てきた英語表現・意味解説

米ドラマ「 Web Therapy/ウェブ・セラピー 」シーズン1第1話より

 

セラピストのフィオナがクライアントの悩みをでっち上げて強引にアドバイスするときのセリフです。

 

失恋で落ち込んだり体重変化するのは

「 That is par for the course./それは普通のことよ 」

と言い切ります。

 

 

  par for the course

 

意味

それは普通のこと/そんなの当たり前

 

由来

未確認ではありますが、ゴルフ由来の表現で間違いないと思います。

par はゴルフでホールの規定打数のことなので、意味と一致します。そのコースで普通、覚えやすいですね。

 

応用

ちょっとうまくいかなかったと言いたいときに、少しもじって「 That is bogey for the course. 」という言い方もできますね。

ただし、言い方によっては皮肉になってしまうかもしれないので、注意は必要ですね(ゴルフのルールを知らない相手にも)。

 

 

  このフレーズが使われている曲

 

Arctic Monkeys – No. 1 Party Anthem

イギリスのバンド Arctic Monkeys の「 No. 1 Party Anthem 」の歌詞に出てきます。

こちらでは、室内(クラブなど)でサングラスをすることなどを par for the course と歌っています。

これを聞けばもうこの表現を忘れることはない、と思います。

 

ドラマの英語解説記事

 › ゆっくり発音で挫折した方でも大丈夫!海外ドラマ「 Web Therapy 」

 

洋画や海外ドラマでの便利で効果的な学習方法は、

 › アナと雪の女王で英語学習|本気から親子・幼児までおすすめ情報

にて具体例を交えてシンプルにまとめました。

 

 

▽英語学習おすすめヘッドホン

発音の輪郭が描けそうなくらいまる聞こえでおすすめです。

 ›【2019】英語学習に最適なおすすめヘッドホン “Jabra Move Style Edition”

 

Jabra ヘッドセット MOVE STYLE EDITION NAVY BLUE
by カエレバ

 

 

 

 

 おちこんだりもしたけれど、

魔女の宅急便|ジブリ映画で楽しく英語学習の効果を最大化

アニメ映画「魔女の宅急便」を例にジブリ作品での英語学習の効果を楽しく最大化する方法を紹介します。セリフを録音して聞く、字幕作成ソフトを使う方法が特におすすめです。また、洋画や海外アニメで学習する場合と違い日本アニメでは主に DVD の選び方に注意点が...( more )

 

 

0

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください