洋画・海外ドラマを見ていたら英語リーディングにも効果があった学習法

映画やドラマでリスニングをしていたら、英文を読むのが嫌いな私のリーディング力がいつの間にか上がっていました。それらしいトレーニングはしていなかったので驚きでした。

ゲーム感覚でリスニングをしていたので「多聴ゲーム学習法」と名付けました。元々はリスニング力向上のための学習方法なので、リスニング力を向上させたい方にも参考になる学習方法です。

 

リーディング学習には以下の3段階があります。

1.  英文を見る
2.  英文を分ける
3.  英文を理解する

今回紹介する学習方法は、主に1の「英文を見る」に特化した学習方法です。余裕がある方は2の「英文を分ける」も同時にするとより効果的です。

※リスニング学習にも同様にこの3段階(「音声を聞く」「音声を分ける」「音声を理解する」)があります。

 

1. 「多読・音読」による学習効果

 

本題に入る前に、まずはリーディングトレーニングの代表、「多読・音読」による学習効果をまとめておきます。(学習方法は趣旨が違うので割愛)

  • 大量の英文を読むうちに、スラスラと読めるようになる
  • 少しくらい知らない単語があっても全体の意味が分かるようになる
  • 知らない単語の意味も何となく分かるようになる

 

つまり、英文を読むことで、直接的にリーディング力が向上するという訳ですね。とはいえ、リーディングが苦手な人にとっては英文を読もうとするだけでちょっと面倒だなとか、拒絶反応が起きてしまいます。

でも大丈夫です。英文を読まずに眺めるところから始めるのが、この「多聴ゲーム学習法」なのです。しかも、多読・音読と同様の効果が得られます。効果を感じられるまでの期間は長くなるかもしれませんが、続けやすいので挫折してしまうよりはマシです。

関連記事

 › 洋画・海外ドラマの英語スクリプトで多読&音読

 

 

2.  知らず知らずリーディング力 UP!「多聴ゲーム学習法」  

 

まずは以下、私がやっていたことを載せておきます。全く同じようにやる必要はなく、自分なりのやりやすいようにアレンジしてみてください。
(元々はリスニング力向上のためにやっていた)

  • セリフと一致するように字幕を目で追う(ゲーム感覚)
  • 初期の段階では字幕を読まない
  • セリフの意味をあまり意識しない、考えない(ストーリーの流れ程度)
  • あくまでセリフと字幕が一致するかが勝負(巻き戻しは反則)
  • 余裕で勝つようになったら意味を考えてみる(音もしっかり聞く)
  • ときどき気になったセリフをざっくりとスラッシュリーディング*の要領で訳してみる(頭の中で)
  • どきどき気になったセリフを声に出してみる(シャドーイング*)
  • 分からない単語・表現は調べず放置(気になりすぎたときに調べる)
  • 同じ作品で繰り返しやる(映画なら数本分、ドラマなら1シーズン分)

※スラッシュリーディング:英語の語順のままある程度の固まりで意味を取っていくことで、キレイな日本語の文章にしないで理解する

※シャドーイング:音声と同時、または音声より少し遅れて追いかけながら読む

だいたいこんなところです。念のために細かく書いたので、分かりづらいかもしれませんが、実際のところかなり「ゆるーい」です。ズボラと言ってもいいくらいです。でもこんな感じでも続ければスラスラ読めるようになっていきます。

(実はズボラ英語学習者なのでラクで効果的な学習法を考えては試している)

分量についてはやりやすい量があると思うので、やりながら調節してみてください。(映画1本ずつでも、ドラマ数話ずつでも)

 

気になりすぎたときが覚え時

ちなみに「分からない単語・表現は調べず放置」には理由があります。映画やドラマのセリフの全部が全部、英会話などで使う頻度が高い単語・表現という訳ではないですよね。

でも中には調べたくなるほど気になる単語・表現が出てくるんですね。それは様々な映画やドラマの中で「何度も出てくる単語・表現」です。そういうのって出てくる度になんだろうなんだろうってなるんです。

何度も出てくるということは、使用頻度が高いということですから、自分が覚えるべき単語・表現でもあるわけです。そうして気になるレベルが MAX になったときに調べると、記憶に残りやすいんですね。

単語集などで機械的に覚えたものは忘れやすいですが、こうして覚えたものは忘れにくいです。脳が知りたがってる訳ですからね。「気になりすぎたときが調べ時」です。

また、知らない単語・表現に出くわす度に調べていては、本来のリーディング(リスニングも含む)のトレーニングにならないのも理由です。あれもこれもとマルチタスク学習になるよりは、一つに絞った方が効果も効率も高くなります。

 

3.  効果を感じられるまでの期間

 

効果を感じられるまでの期間については測った訳ではないし、個人差や学習量による差もあると思うので具体的には言いにくいところですが、もともとリーディングに限らず英語力の伸びは実感しにくいものです。

 

2週間からひと月を目安

2週間からひと月を目安に、ある程度長い期間を区切って確認されるとよいかと思います。確認方法としましては、ネットなどで自分が興味があることを調べて読んでみるのがいいと思います。(私が効果を実感したのは iTunes のバイオグラフィなどでした)

元々はリスニングのための学習方法で、リーディングへの効果はあくまで副次的、棚ボタ的なものであることをご了承くださいませ。

ただし、多聴ゲームに慣れてきた後でしっかりとリーディングを行うと、基礎のようなものができているし、苦手意識が薄れていると思うので、その時のリーディングの学習効果は非常に高いものになっているはずです。英語力は指数関数的に伸びていくものなのです。

 

 

4.  デメリット

 

この学習方法のデメリットは、洋画や海外ドラマを見ているだけになりがちなところです。

さらに、字幕を目で追えていると、それだけで聞き取れていると錯覚しがちなところです。細かいところは自分で思っている以上に聞いていない可能性があります。

これを防ぐために、洋画や海外ドラマを見ながらでもしやすいシャドーイング方法を記事にしたので、合わせて参考にしてください。

 › 英語のシャドーイングは省エネでやると効果絶大

 

慣れるまでは今回紹介した学習方法をメインにして、慣れたらシャドーイングをメインにすると良いと思います。

シャドーイングに疲れたら字幕を見るだけ、という風に切り替えても良いですね。

 

5.  おわりに

 

リーディングが苦手な方もまずは眺めるだけなので、取っかかりやすいと思いますし、眺めることで英文に慣れるので、「英文に対する拒絶反応がなくなっていく」と思います。(これ有り難い)

じっくりと全文を自分なりに翻訳して単語も覚えて、とやっていた時期もありますが、いまいち効果を実感できませんでした(マルチタスク英語学習は非効率、という記事を今後書いてみようかと)。それを思い切って「リスニングはリスニング」と割り切って、リスニングゲーム、みたいにしてやりだしてから、リスニング力はもちろん、リーディング力の向上まで実感できました。

参考になりましたら、ぜひ取り入れてみてくださいね。

オンライン英会話に疲れた? VR×AI で解決

コミュ以前に気持ちの切り替えが億劫

昨今は手軽に英会話学習ができるオンライン英会話サービスが一般化していますが、講師と話すのが恥ずかしい以前に人と話すのが億劫に感じる方も多いのではないでしょうか。私も日常と仕事でお疲れなときには「対話モード」への切り替えが面倒に感じます。

 

VR×AI なら独りで好きなときに学習できる

そこでおすすめなのが VR 英会話サービスの スマート・チューター です。VR 空間で AI 人物と会話するため好きなときにニュートラルな自分のままで英会話の練習ができますし、講師に余計な気を遣うことなく学習に集中できるでしょう。

レッスン予約や講師待ちはもちろん不要ですし、決められた時間にドキドキしながら準備して待つこともありません。むしろ、その時間を使って学習できます。

Smart Tutor 使用の流れ

 

AI ならではの会話感と弱点分析力

一般的な英会話学習アプリは選択問題なのでどうしても会話感は乏しくなりますが、スマート・チューターならよりリアルな英会話の練習ができます。なぜなら、AI の質問や返答が毎回変わるので選択問題よりも自由な回答が求められるからです。

さらに、AI が自分に合ったカリキュラムを作成する機能や、自分の話す速さが数値化される機能があるので弱点を効果的に改善できそうです。

加えて、リアルでは相手が言ったり自分が使ったりした英語表現を一撃で覚えた経験がある人も多いと思いますが、VR なら没入感と臨場感でこの現象が起きやすく学習効果アップに繋がるメリットもあるのではと考えられます。

\10日間の無料お試し実施中 (VR無料でレンタル中) /

5,000円引きとなる上記リンク専用コード[NEW50]のご利用をお忘れなく。

VR ゴーグルは無料でレンタルできるのでお得です。

¥37,180 (2021/08/27 19:32時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

コメント

タイトルとURLをコピーしました