海外ドラマ「 This Is Us 36歳、これから」NHK 心に残るフレーズ集の原文対訳

2017年秋冬、NHK にて放送された海外ドラマ「 This Is Us 36歳、これから」の番組ホームページに「心に残るフレーズ集」があり、毎回の放送終了後に追加されていましたので、引用して原文と対訳にしてみました。

ちょっと良いことを言いたくなった瞬間に使えそうなセリフがあると思いますので、英会話学習の参考にしてみてください。

Sponsored Link

最終話となる18話の最後には「おまけ」として、私がその回で一番印象に残ったセリフも紹介しています。

また、日本人としてはショックだと思われる表現もありましたので、そちらは

 › NHK 海外ドラマ「 This Is Us 36歳、これから」予告編動画とスクリプト対訳で英語予習

にて紹介しています。スクリプトや英語字幕の入手先など本作で英語学習するときの情報もまとめています。

その他、ドラマから会話で使える表現を集めた記事も書いています。

 › 海外ドラマ「 This Is Us 36歳、これから」の会話で使える英語表現集

合わせて参考にしてみてください。

■追記
第18話分を追記しました(2/10)

 

番組 HP「心に残るフレーズ集」

 

この記事で引用している「心に残るフレーズ」が掲載されている NHK の番組 HP のリンクです。

 ›› http://www4.nhk.or.jp/this-is-us/25/
(追記:3/1に削除されました)

なお、NHK の海外ドラマの HP は番組の放送終了後に削除されるので、このページも削除される可能性があります。

 

 

第1話「誕生日」

 

人生がどんなに酸っぱいレモンを差し出してもレモネードを作ることはできる
The sourest lemon that life has to offer and turned it into something resembling lemonade.

NHK の訳はレモネード「っぽいもの( resembling )」が省略されています(放送では省略されていなかったと思いますが)。訳すと「レモネードっぽい何かは…」となりますね。「おいしいレモネードは作れないけど」という含みがあるセリフだと思います。

今日はいいことしか起きないって俺の言葉を信じて
I’m gonna need everyone in this room to believe me when I say that only good things are gonna happen here today. 

believe me 以下の言葉ですが、前半も面白い表現なので載せました。

 

 

第2話「ビッグ・スリー」(原題:The Big Three )

 

小さいころからいつもそうだった
It’s always gonna be about the weight for me, Toby.
It’s been my story ever since I was a little girl.

↑前半はフレーズの前のセリフですが、流れとして載せました。

ランダルにだって悪習はあるの。彼の悪習は、“高潔さ”よ

Randall is not free of vice. His vice is his goodness.

周りの意見が気になるんだ。知ってるだろ

I care what everyone thinks, man. You know that.

 

 

第3話「秘密」(原題:Kyle )

 

私って誰? ケヴィンの妹じゃない私って

I don’t really know who I am if I’m not your sister.

妻を子供たちが追い詰めたのかも

You know, I think the babies might have broken my wife.

 

 

第4話「プール」(原題:The Pool )

 

私は何もかも間違ってたが、お前は正しいことをしてる

I did everything wrong by you.
And you’ve done everything right.

お前よりずっと大人だけど…でもパパも子育ては初めてだ

I’m trying, okay? Look, I know that I’m bigger than you.
I know that I’m an adult, but this is my first time, okay? This is my first time, too.
I got three of you and I’m trying.

 

 

第5話「スーパーボウルの夜」(原題:The Game Plan )  

 

そこに死はない。“君”も“俺”も“彼ら”もいない。“みんな”がいるだけ

There’s no dying. There’s no you or me or them. It’s just us.

アメフトは我が家にとってすごく大事なものなの

I know it sounds crazy and lame, but football is a really big part of my family.

子供を持つこと”か“君”かなら君が勝つ。何度考えても君の勝利だ

If it’s between you and having kids, you win. Every time.

 

 

第6話「レッスン」(原題:Career Days )  

 

パパはお前のことをこれ以上ないくらい愛してる

I love you as much as a human heart can, kiddo.

「 as much as a human heart 」は日本語の「心の底から」として使えますね。

 

 

第7話「世界一の洗濯機」(原題:The Best Washing Machine in the Whole World )  

 

ベイビー、いつか君に世界一の洗濯機を買ってやるからな

I’m gonna buy you the best washing machine in the world.

この36年で初めて言ったよな。「弟だ」って

It’s the first time in 36 years you’ve said the words, “He’s my brother.”

 

 

第8話「感謝祭」(原題:Pilgrim Rick )  

 

家族に感謝します。みんなが無事であることも。それに家族とならどんなに暑いときも、どんなに寒いときも、一緒にいられる

I am thankful for my family. I’m thankful that we’re all safe. And there’s no one in the world I’d rather be too hot or too cold with.

後半は「暑すぎたり寒すぎたりするときにも、むしろ一緒にいたいと思えるのはこの世界で(家族の)他にいない」がより原文に近いニュアンスかと思います。暑すぎたり寒すぎたりする経験を家族の思い出にしたいという思いが感じられます。

今は時間が無限にあるように感じるだろうが、そうじゃない。だから格好つけるのはやめて

I know it feels like you have all the time in the world. But you don’t. So, stop playing it so cool.

 

 

第9話「家族旅行」(原題:The Trip )  

 

36年も秘密を抱えて、ものすごく孤独だったろう

You kept that secret for 36 years. That must have been incredibly lonely.

俺はお前を見た瞬間にピンと来たんだ、お前はうちの子だって。運命だったんだよ、最初から息子なんだ

The moment I saw you, I knew you were my boy. You weren’t a choice, Randall, you were a fact. You were never a replacement, son.

「 You are never a replacement. 」と恋人に言えば盛り上がるでしょうか。決して never をお忘れなきように。

Sponsored Link

第10話「クリスマス」(原題:Last Christmas )  

 

大事なのは…君だ

The one thing I cannot live without is you.

直訳は全く違いますが、相当するセリフはこれかと思います。ピザやポテトチップスはなくても生きていけると言ったあとのセリフです。

私を泣かせようとしてるのか? 冗談はヒゲだけにしてくれ

You trying to wax poetic on me? I’d rather you wax that mustache.

ようやくジャックの髭がいじられた瞬間のセリフ。wax は「録音する」の意味で使われているのかもしれません。髭の英語表現は形状別にいくつかありますが、mustache は鼻の下から唇の上両端にかけての髭なので「チョビ髭」と覚えておいて差し支えないかと思います。ちなみに、mustache で Google 画像検索したらジャックが出てきました。

クリスマスイブには、悪いことは起こらない

Nothing bad ever happens on Christmas Eve.

このセリフはこの回、何度か出てきます。ever は強調なのでなくても意味自体は同じです。

 

 

第11話「戸惑い」(原題:The Right Thing to Do )  

 

父さんの言う通りだ。俺はダメなヤツに育ってお先真っ暗。自分でカタをつけられずに頼ってる

Look, you were right about me. You’ve always been right about me. I’m no good. I’m never gonna be any good.

(And I come to you, and I’ve got my hand out.)

So can you bail me out?

意訳の妙ですね。括弧内は訳されていませんが、hand out は「無料で配られるもの」を意味するので「施し」といった訳があります。

状況的には日本語の「お手上げ」なので、お手上げになった結果として施しを受けていると解釈しても面白いかもしれません(正しい解釈かは置いといて)。

 

 

第12話「小さな奇跡」(原題:The Big Day )  

 

きっと3人ともあんな素敵なパパを見たら、飛び上がって喜ぶわよ。絶対にパパの…大ファンになる

You guys are going to freak out when you see how awesome your dad is.
Honestly, you’re gonna be huge fans.

honestly は「正直〜」や「マジで〜」といったニュアンスで使えると思います。主観的で、感情がこもり、強調したいときですね。actually も似た感じで使えますが、こちらは客観的な事実を言うときにハマります。

驚くのは人生だけでいい

Life has enough twists.

「映画のラストに twist がある」への返しです。カタウスキー先生らしい「捻り」の効いた言い回しですね。

 

 

第13話「愛の告白」(原題:Three Sentences )  

 

あなたは私の最愛の人よ。それにあの子たちは…私のすべて

You are the love of my life. And our kids are my everything.

セックスみたいだ、魔法みたいだ、音楽みたいだ

I feel like sex, I feel like magic, I feel like music,

Sponsored Link

第14話「忍び寄る不安」(原題:I Call Marriage ) 

 

君が教室に入ってきた時が人生で最高の瞬間だった

You walking into my fourth grade class, Sophie, that’s the best thing that ever happened to me in my entire life.

結婚生活を守るために、立ち上がって、必死で戦うか…、疲れたことを認めて…諦めるかだ

You either roll up your sleeves and you fight for what you’ve got or you decide that you’re tired and you give up.

 

 

第15話「ジャックの息子」(原題:Jack Pearson’s Son ) 

 

父さんならどうするかって

I’m thinking about what my dad would do.

君の邪魔になってたなんて気づかなかったよ

I never thought of myself as being in your way, Bec.

最後の Bec はレベッカの愛称のようです。

 

 

第16話「メンフィス」(原題:Memphis ) 

 

最高の出会いが2回もあった。人生の最初に出会えた母親と…最後に出会えたお前だ

The two best things in my life were the person in the very beginning and the person at the very end.

 

 

第17話「完璧な一日」(原題:What Now? ) 

 

だから決めましたよ。勝利と共に去ります。来た、見た、そして勝った

And so, here it is, Tyler. I quit. I walk out of here in triumph. I came, I saw I conquered.

ステップ自体はゆっくりだったけど、魅力的でした。お父さんは魅力のかたまりでした

William’s moves weren’t fast, but they were endearing as hell. He was endearing as hell.

 

 

第18話「幸運の女神」(原題:Moonshadow ) 

 

君は俺にとって、ただの恋物語じゃない。君は…俺の幸運の女神だ

You’re not just my great love story, Rebecca. You were my big break.

でもお互い本音だった。言い方こそ最悪だったけどお互い本心で言ったこと

But we meant what we said. We may have hated the way we said it, but we meant it and we can’t pull it all back in the light of day.

 

【おまけ】

I promise, it’s just getting started.

番組 HP では紹介されていませんが、私が一番印象に残ったセリフをおまけします。

ドラマの最後のジャックのセリフです。ドラマの翻訳は未確認ですが直訳すると「約束する、それはただ始まっているんだ」のようにぎこちなくなってしまいますが、「それ」はジャックとレベッカの love story を指しているので、「(昨夜のケンカで)本音を言い合った瞬間から本当の関係が始まった」という内容です。

just と進行形は本当の関係が「自然発生的に始まった」というニュアンスを表現するために使われているのではないかと思います。

3人の子供たちも新しいスタートだったので、シーズン2へ向けて良い終わり方だったのではないでしょうか。

Sponsored Link

この記事を読んだ方におすすめ記事

 › 英会話に必須!英語リスニング力をネイティブレベルへ導くおすすめ海外ドラマ7選

 › 英語字幕と日本語字幕を同時に画面表示する方法(パソコン・スマホ・テレビ)

 › 洋画、海外ドラマの英語スクリプトで多読・音読

 › 洋画・海外ドラマで英語学習する方法・コツまとめ

 › 動画とか無料英語学習サイトおすすめは?「YouTubeです」

 


メールアドレスが公開されることはありません。