無料で英会話する方法まとめ

trouser-pockets

独学で英語学習をしていて困るのは英会話・スピーキング学習ですよね。身近に英語を話す友達がいればいいのですが、いたとしても練習になるほど話す時間を確保するのは難しいかもしれません。

英語を話す機会はあればあるほど良いので、その方法(しかも無料)と、英会話をスムーズにするためのコツもご紹介します。

 

 

 

関連記事

 › オンライン英会話を活用してスピーキング英語学習環境を確保

 

 

「鬼滅の刃」でちょっと英語学習していきませんか?

 › 鬼滅の刃|英語吹替 YouTube 動画を対訳化&セリフ解説

鬼滅の刃の英語版 YouTube 動画から英語スクリプトを対訳にして英語表現や発音がどう聞こえるかなど詳しい解説をつけました。セリフから英語学習のポイントとなるものや分かりにくいものを取り上げ、なぜその意味になるのか言葉のニュアンスやイメージから解説して...( more )

 

 

1.  無料で英会話する4つの方法

 

以下の4つの方法以外にもありますが、すぐにできそうなものを紹介します。

 

SNS で無料オンライン英会話

私が基本的に利用している方法。Facebook など SNS で友達と英語で電話します。普通に話しているだけですが、英語を話す機会となるため学習になります。言いたいことや言えなかったことを予習・復習するのが大切です。

英語を話す友達は SNS で作れます。共通の趣味がある人と友達になりやすいし、話題に困らないと思います。

とはいえ、SNS が苦手な方もいるでしょうし、時差などで電話する時間が合わないかもしれません。そうした場合は有料ですがオンライン英会話という方法があります(下記で解説)。

 

酒場で英会話

外国人が多く集まるバーやパブに行きます。基本的に英語圏の方は話好きなので、隣りに座ったり目が合ったりしたときが話のきっかけです。

お酒が入ると大胆になって間違いや細かいことを気にしなくなるので、恥ずかしがらずに英語を話すことができます。飲み代はかかりますが、交際費ということで。

お酒はあくまでほどほどに。ろれつが回らないほど、記憶がなくなるほどはダメですよ。

 

ボランティアで英会話

地域のボランティアに参加します。例えば観光案内ですと、案内の仕方や観光地の情報などを英語にして覚えておく必要があるので、覚えたことをアウトプットする機会になります。

ボランティアに参加するには、お住まいの地域名と「ボランティア  英語」「国際交流」などとネット検索してみてください。

 

日本人同士で英会話

英語を勉強している日本人の友達と「今から10分間英語のみ」とゲーム感覚で話すのもいいです。日本語喋ったらジュースおごるとか、ペナルティーをお忘れなく。

終わったら「あそこはなぜあの表現使ったの?」とお互いに質問し合って復習すると良いですね。

 

 

2.  オンライン英会話を利用(有料・体験なら無料)  

 

有料ですが、スピーキング時間を確保するにはうってつけです。通学型よりはかなり低コストで利用できますし、ネット環境があれば時間も場所も融通が利きます。

日常的な学習はもちろん、海外旅行や仕事での出張・長期滞在、留学など英語を話す必要がある1ヶ月くらい前(目安)から利用すると効果的です。

詳しくは下記リンクの記事を参考にしてみてください。

 › オンライン英会話を活用してスピーキング英語学習環境を確保

 › 無料お試し体験できるオンライン英会話22社比較・まとめ

 

お試し体験のみで1ヶ月以上無料

オンライン英会話では各社ともに無料体験レッスンを受講できます。1〜2回のところが多いですが、長いところでは1週間もあるので、すべて利用すると1ヶ月以上は無料で英会話できます。

もちろん、質や相性を確認するのにも利用できますね。

 

 

3.  英会話をスムーズにするコツ

 

言いたいことをある程度メモして用意しておきます。カンペを作っておくわけですね(カンペを見ながら話したって何も恥ずかしいことはありませんよ)。

もちろんなるべく覚えてカンペを見ずに話すようにします。

特に、最初のあいさつと、最後のあいさつ(締めの表現)をメモしておくとスムーズです。

他には、相づち、前置き、話題を変えたいときの表現など。

 

 

4.  おわりに

 

無料で英語を話す機会はアイデア次第で作れると思います。

ご自身の生活に合わせて色々と実践してみてくださいね。

 

▽洋画や海外ドラマを使ったおすすめ学習方法

 › プラダを着た悪魔|英語学習を天使化するおすすめ方法

 

 

 おすすめ学習書籍(オーディオブック)

洋画や海外ドラマで英語学習をするようになり数年、「こんなにシンプルで短く言えるんだ」というセリフに出会うものの、恥ずかしながらその法則が分からずにいました。英語の発想で文を組み立てる意識はしていたものの、どうしても反射的に[日本語 → 英語]の翻訳をしていました。

そんなとき、中山裕木子著「会話もメールも 英語は3語で伝わります」という本を読むと(正確にはオーディオブックのサンプルを聞くと)、目から鱗が落ちて SVO が鍵だと納得しました。

 

一番良いのは「 SVO で英文を作る」と決めておくと迷わなくなり余計な脳力を使わなくなるところです。さらに、言いたいことを組み立てるときの道が増えた感じがします。この方法に慣れると、同じ内容でも SVO で作る場合と be 動詞や受動態などで作る場合のニュアンスの違いを理解し、最適な文法を選択してより幅広く自由な英語表現ができるようになるはずです。

おまけ的に、SVO を意識する癖をつけると英語を聞く場面では内容を予測しやすくなるのでリスニング力向上にもなります。おまけとしては大きな効果です。

 

会話もメールも 英語は3語で伝わります [ 中山 裕木子 ]
by カエレバ

 

オーディオブックは audiobook.jp にて無料で一部をサンプルとして聞けるので、ぜひ聞いてみてください。英語学習にお金を使わないスタイルの私ですが、月額プランのボーナスで購入したのでカウントしていません。。

 

↓サンプル視聴先

 › 会話もメールも 英語は3語で伝わります

 

オーディオブックは通勤や通学のスキマ時間や、家事などをしながら聞くのがおすすめです。時間がなくても「1日1トラックを繰り返し聞く」と頭に入りやすいです。倍速版もあり、慣れるとこちらの方が集中して聞けるし、復習に便利で時短にもなるのでおすすめです。

 › 洋書の英語負担を軽くするオーディオブック学習・活用法

 

おすすめ記事

 › オンライン英会話を活用してスピーキング英語学習環境を確保

 › 無料お試し体験できるオンライン英会話22社比較・まとめ

 › 子供向けオンライン英会話13社比較・まとめ

 

 


0

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください