字幕ファイルのタイムコードを削除してスクリプト化する方法

洋画や海外ドラマの英語スクリプトは掲載されているサイトからコピペすれば入手できますが、改行されていたり人物名が親切に表記されていたりして逆に使いづらい場合があります。

また、英語の字幕ファイルをテキストファイルとして開くとタイムコードによってセリフの時間が確認できるものの、スクリプトのみを読むには見づらいです。

 

 

 

画像は洋画「 The Intern 」の字幕ファイルをテキストエディットで開いたものですが、字幕ファイル( srt )をテキストとして開くとスクリプトとしては見づらいです。

そこで、字幕ファイルのタイムコードを一括で削除してセリフだけの見やすいスクリプトを作成する方法を紹介します。

タイムコードの例

1
00:01:11,510 –> 00:01:14,980

 

1. 用意するもの

 

字幕ファイルをセリフだけのスクリプトにするためには下記3つを用意します。

字幕ファイルのスクリプト化に必要なもの

  • 字幕ファイル( srt )
  • 動画ファイル
  • YouTube
  • テキストエディタ

 

洋画や海外ドラマの字幕ファイルは字幕サイトから無料でダウンロードできます。YouTube にアップロードできる srt 形式のものを選んでください。

 › 英語字幕ファイルを無料ダウンロードできるサイト(洋画・海外ドラマ・邦画)

 

動画ファイルは何でもかまいません。短い動画の方が早くアップロードできます。5秒くらいで十分です。記事では適当にキャプチャした動画を使用しています。

 

テキストエディタはコピペに使います。macOS ではテキストエディット、Windows OS ではメモ帳が標準でインストールされています。Google ドキュメントも利用できます。

 

 

2. タイムコードを一括削除する方法

 

手順は以下。

1. YouTube に動画をアップロード

2. 動画に対して字幕ファイルをアップロード

3. スクリプトを表示させてコピペ

 

1. YouTube に動画をアップロード

 

まずは YouTube に動画をアップロードします。

動画をアップロードする手順は公式サイトを確認してください。

 ›› 動画のアップロード – パソコン – YouTube ヘルプ

 

動画はアップロードするだけで公開する必要はありません。

 

なお、今回紹介する方法はスマホでもできるかは未確認です。

できたとしてもやりにくそうです。

 

 

2. 動画に対して字幕ファイルをアップロード

 

動画をアップロードしたら[ Deails ]の項目にある[ UPLOAD SUBTITLE/CC ]をクリックして字幕ファイルをアップロードします。

 

 

 

ファイルタイプは[ With timing ]を選択します。

 

 

 

[ Without timing ]を選択するとアップロードできなかったのですが、逆に[ With timing ]でアップロードできなかった場合はそちらを選択して試してみてください。

 

字幕ファイルのアップロードが完了したら変更を保存します。

 

3. スクリプトを表示させてコピペ

 

アップロードした字幕ファイルはテキストとして表示できます。これをコピペすることでスクリプトが入手できます。

 

テキストとして表示するには動画を視聴するページに移動します。

移動するには、動画のサムネイルをクリックする、下の画像のようにプレイアイコンをクリックするなどいくつかルートがあります。

 

 

 

移動したら動画の右下の[…]をクリックして、[ Open transcript ]をクリックするとスクリプトが表示されます。

 

 

 

まず、下の画像のようにタイムスタンプつきのスクリプトが表示されます。

 


 

 

[︙]から[ Toggle timestanps ]をクリックすると時間表示が消えます。

 

 

 

あとはスクリプトをドラッグしてテキストエディタにコピペします。

なお、ドラッグしたまま English よりもマウスカーソルを下にすると選択していけるのですが、キーボードの[ end ]キーを押すと一撃で最後まで選択できます。選択しすぎるので少し戻る必要があります。

 

 

▽タイムスタンプありも便利ですが…

タイムスタンプがあるとセリフの時間を確認するのに便利なのでタイムスタンプありでコピペしてみました。

下の画像はそれぞれタイムスタンプありとなしの同じ部分です。分かりやすいようにスクリプトの最後の部分を画像にしました。

 

タイムスタンプあり

 

 

[分:秒]表記のため何だか違和感があります。

 

さらに言うと次のようになっていると見やすかったです。

116:11  Breathe deeply, Jules.
116:19  That’s it, out there.
116:21  This up.

これは仕方がないですね。

 

 

タイムスタンプなし

 

 

すっきりしますがセリフを時間で探すなら自分で追記する必要があります。

 

 

▽自動で文字起こしと字幕作成する方法

YouTube に動画をアップロードすると自動で文字起こしと字幕作成をしてくれます。今回紹介した方法と同様にしてスクリプトをコピペしたり作成された字幕ファイルをダウンロードしたりできます。

 › 英語音声のみ OK!YouTube で自動文字起こし / 字幕生成&ダウンロード+語学活用

 

今回の方法もそうですが、動画を公開することなくアップロードするだけで自動で作成されるので便利です。

 

3. 改行コードを一括削除&置換する方法  

 

実はスクリプト化の前に字幕の改行コードを半角スペースに置き換えていました。

置き換えは字幕作成ソフトを使うと一括で行えます。

 

Aegisub の場合は、メニューバーから[編集 → Fine and Replace… ]と進みます。

[検索する文字列]に \N 、[置換後の文字列]に半角スペースを入力して、[ Replace all ]をクリックします。

なお[ \ ]が出てこない場合は「バックスラッシュ」とタイプして変換すると出るはずです。

 

改行コードの半角スペースへの置換は翻訳ソフトを使う場合に精度を上げるコツでもあります。

 › 英語字幕ファイルを日本語化する方法( Google 翻訳 )

 

オンライン英会話に疲れた? VR×AI で解決

コミュ以前に気持ちの切り替えが億劫

昨今は手軽に英会話学習ができるオンライン英会話サービスが一般化していますが、講師と話すのが恥ずかしい以前に人と話すのが億劫に感じる方も多いのではないでしょうか。私も日常と仕事でお疲れなときには「対話モード」への切り替えが面倒に感じます。

 

VR×AI なら独りで好きなときに学習できる

そこでおすすめなのが VR 英会話サービスの スマート・チューター です。VR 空間で AI 人物と会話するため好きなときにニュートラルな自分のままで英会話の練習ができますし、講師に余計な気を遣うことなく学習に集中できるでしょう。

レッスン予約や講師待ちはもちろん不要ですし、決められた時間にドキドキしながら準備して待つこともありません。むしろ、その時間を使って学習できます。

Smart Tutor 使用の流れ

 

AI ならではの会話感と弱点分析力

一般的な英会話学習アプリは選択問題なのでどうしても会話感は乏しくなりますが、スマート・チューターならよりリアルな英会話の練習ができます。なぜなら、AI の質問や返答が毎回変わるので選択問題よりも自由な回答が求められるからです。

さらに、AI が自分に合ったカリキュラムを作成する機能や、自分の話す速さが数値化される機能があるので弱点を効果的に改善できそうです。

加えて、リアルでは相手が言ったり自分が使ったりした英語表現を一撃で覚えた経験がある人も多いと思いますが、VR なら没入感と臨場感でこの現象が起きやすく学習効果アップに繋がるメリットもあるのではと考えられます。

\10日間の無料お試し実施中 (VR無料でレンタル中) /

5,000円引きとなる上記リンク専用コード[NEW50]のご利用をお忘れなく。

VR ゴーグルは無料でレンタルできるのでお得です。

¥37,180 (2021/08/27 19:32時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

コメント

タイトルとURLをコピーしました