【吉報】あなたが一生かけても英語を聞き取れない理由は英語の音を知らないままリスニングしているから

girl-headphones

まず、下品なタイトルをつけてすみません。大事なことなのであえてこのタイトルにしました。自分もそうでしたが、英語の聞き取りができないと悩む多くの人が聞き取りの「取り」を勘違いしていると感じます。

そこで、今回は聞き取るの「取る」「英語の音を知る」ことについて書くことにしました。これを勘違いしたままだと、煽りではなく本当に一生聞き取れないままになってしまうかもしれないので、ぜひ読んでいただきたいです。

※聞き取れない原因は色々あると言われますが、今回のは大前提です。

 

 

 

おすすめ記事

 › 学習の前に要確認!英語リスニングを難しくする3大要素とその対処法

1.  お前はもう聞けている

 

北斗の拳ネタ以外なんのことか分からないかもしれませんが、実は聞き取りのうち、もうすでに「聞く」はできている、ということです。

リスニングが苦手で悩む方もまずは安心してください、という意味でこの言葉を覚えておいてくださいね。

 

2.  「あざっす」は「あざっす」だよ!

 

日本語を勉強している外国人の友達

あなたの友達の外国人が日本語を勉強しているとします。あるとき、日本語が聞き取れないと相談されます。「どこが聞き取れないの?」と尋ねると「ありがとうが聞き取れない」と言います。あなたはびっくりすると思います。なぜそんな簡単な日本語が聞き取れないのかと。

で、その音声を聞かせてもらいます。で、納得します。その音声は「ありがとうございます」ではなく「あざっす」と言っていたからです。あなたはその友達に「いや、そもそもありがとうございますって言ってないから。あざっすって略して言ってるんだよ」と説明してあげると思います。

 

「あざっす」は日本人が聞いても「あざっす」

もう私が言いたいことはお分かりだと思いますが、英語のリスニングが苦手な方はこれと同じ聞き取り方をしている可能性があります。

学校で「ありがとうございます」と習ったので、「ありがとうございます」と一字一句聞き取れないと聞き取れたことにならない、とこの外国人の友達は思っていたわけですね。

「あざっす」と耳に入っているはずなのに、「ありがとうございます」と言っているはずだと思って一生懸命聞いていたのです。

当たり前に思えるかもしれませんが、リスニング学習にはこのような誤解がしばしば生じる傾向があるようです。

 

 

3.  音のまま聞き「取る」

 

あるはずのないパズルのピースを探すような聞き取り方

外国人の友達は聞き取りの「取り方」を間違えていました。「あざっす」と聞き「ありがとうございます」と取ろうとしていました。パズルで言えばピースが足りないので残りのピースを探している状態でした。あるはずのピースがないので、もう、ちょっとしたパニックですね。

 

パズルの絵通りのピースを当てはめる聞き取り方

「あざっす」と聞いたら「あざっす」と聞き取って、それが「 Thanks 」の意味だと解釈すればいいわけですね。パズルの絵を見て、その通りのピースを当てはめるわけです。

 

英語の音のままの例

いくつか例をあげておきます。ここではざっと見るだけで覚える必要はないです。実際の音声を聞きながらでないと記憶に残らないと思うし。右に行くほど音声変化が強くなります。

 

internet → インタネット、イナネッ

get on → ゲトオン、ゲロン

let it go → レリゴー

check it out → チェキダウ、チェキラ

I’m going to → アムゴナ、アマナ

a cup of tea → アカパラティー

 

厳密にはカタカナでは表せませんのでだいたいのところです。これにリズム(強弱)とイントネーション(音の高低)が付きます。学習の際もまずはカタカナで捉えて OK です。あくまで捉えるだけです。ちなみに、こうした音声変化をいちいち発音記号で覚えようとするのは時間の無駄です。その時間をリスニングに当てた方がいいです。

 

4.  一生かけても英語を聞き取れない理由  

 

日本語に置き換えた方が分かりやすいので、「あざっす」を例にしました。あなたもあるはずのないパズルのピースを探すような聞き取り方をしていないでしょうか。

もししていたら本当に「一生かけても英語を聞き取れない」状態になりかねないので、今すぐ、英語の音をそのまま聞いて覚える意識を習慣化してくださいね。

 

5.  英語の音を知る方法

 

一般書籍でざっくりと英語の音声変化などを確認する

本屋さんで売っているような学習書籍は悪と思いがち?かもしれませんが、中には良いものも当然あります。そうしたものでざっくりと音声変化を確認すると効率的です。

日本語とは違い、英語の音声変化(リエゾンなどがあります)は単語や文章の数だけありそうなくらいですが、その傾向を一度理解するとあとは普段のリスニング学習で指数関数的に分かるようになっていきます。

 

正しい発音を身に付ける努力をする

正しく発音する為には、まずはしっかりと聞かなければなりません。正しく発音できるということは、正しく聞き取れているということでもあります。

非ネイティブの日本人が完璧な発音を身に付ける必要はないと思いますが、相手が普通に理解できるくらいの発音はできるようになりたいところです。

一番効果的なトレーニングは、お手本の英語音声じっくりと聞いて頭に染み込ませた後で、自分の発音を録音して聞き比べて修正していく、という方法です。

 

洋画や海外ドラマの英語音声を聞く

映画やドラマは、手軽にネイティブの発音が聞ける定番の学習法ですね。ただし、多くはネイティブの自然な発音と比べるとはっきりと発音されています。英会話に生かしたいのであれば、より自然な発音の作品を選ぶと良いです。

そうした作品は下記の関連記事にまとめてあります。また、作品選びは関連カテゴリーを参考にしてみてください。

 

関連記事

 › 英会話に必須!英語リスニング力をネイティブレベルへ導くおすすめ海外ドラマ7選

関連カテゴリー

SelectionsDramasMovies

 

6.  おわりに

 

当ブログのテーマでもある、英語を英語のまま聞いて覚えて話す、ということを説明したような内容になりました。その為の学習方法を紹介している、つもりです。

英語のリスニング力は一日で劇的に伸びるものではありません。しかし、あせらず、正しい方法でしっかり確実にやればかならず向上します。また、学習効果も実感じづらいですが、2週間とか1ヶ月とか区切りを決めて、初めて見る映画などを字幕なしで見てみると確認になります。

学習方法は下記の関連記事や関連カテゴリーを参考にしてみてください。

この記事があなたの吉報になりましたら嬉しいです。

 

おすすめ記事

 › 学習の前に要確認!英語リスニングを難しくする3大要素とその対処法

 › 洋画、海外ドラマ、実はリーディングにも学習効果がある「多聴ゲーム学習法」

 

▽洋画や海外ドラマを使ったおすすめ学習方法

 › プラダを着た悪魔|英語学習を天使化するおすすめ方法

 

 

 おすすめ学習書籍(オーディオブック)

洋画や海外ドラマで英語学習をするようになり数年、「こんなにシンプルで短く言えるんだ」というセリフに出会うものの、恥ずかしながらその法則が分からずにいました。英語の発想で文を組み立てる意識はしていたものの、どうしても反射的に[日本語 → 英語]の翻訳をしていました。

そんなとき、中山裕木子著「会話もメールも 英語は3語で伝わります」という本を読むと(正確にはオーディオブックのサンプルを聞くと)、目から鱗が落ちて SVO が鍵だと納得しました。

 

一番良いのは「 SVO で英文を作る」と決めておくと迷わなくなり余計な脳力を使わなくなるところです。さらに、言いたいことを組み立てるときの道が増えた感じがします。この方法に慣れると、同じ内容でも SVO で作る場合と be 動詞や受動態などで作る場合のニュアンスの違いを理解し、最適な文法を選択してより幅広く自由な英語表現ができるようになるはずです。

おまけ的に、SVO を意識する癖をつけると英語を聞く場面では内容を予測しやすくなるのでリスニング力向上にもなります。おまけとしては大きな効果です。

 

会話もメールも 英語は3語で伝わります [ 中山 裕木子 ]
by カエレバ

 

オーディオブックは audiobook.jp にて無料で一部をサンプルとして聞けるので、ぜひ聞いてみてください。英語学習にお金を使わないスタイルの私ですが、月額プランのボーナスで購入したのでカウントしていません。。

 

↓サンプル視聴先

 › 会話もメールも 英語は3語で伝わります

 

オーディオブックは通勤や通学のスキマ時間や、家事などをしながら聞くのがおすすめです。時間がなくても「1日1トラックを繰り返し聞く」と頭に入りやすいです。倍速版もあり、慣れるとこちらの方が集中して聞けるし、復習に便利で時短にもなるのでおすすめです。

 › 洋書の英語負担を軽くするオーディオブック学習・活用法

 

 

 

 


0

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください