英語ブログでのアフィリエイト利用例・稼ぎ方

以前の記事「英語ブログにおすすめのアフィリエイト一覧」では私がこのブログで利用しているアフィリエイトサービスと実際の利用例を具体的に紹介しましたが、この記事では私が利用していないものも含めて広告主のプロモーションから英語ブログでの利用例を詳しく紹介します。

英語ブログでのアフィリエイト利用例(稼ぎ方)を確認しておくことでスムーズな記事作りができるはずなので、ぜひ参考にしてください。

また、「初心者も英語ブログをすれば学習になる!しかも稼げるかも」という記事を書いていますが、そちらではアフィリエイト以外での稼ぎ方や記事のネタ作りについても紹介しているので合わせて参考にしてください。

 

 

1.  英語ブログでの利用例

まずはアフィリエイトサービスに登録して、英語関連の商品やサービスを提供している広告主を探し、自分が記事にできそうなプロモーションを行っている広告主と提携します。

その際に作成できる記事の例を下記にまとめました。私がしていないものもありますが、英語ブログではだいたい以下のような記事になると思います。

括弧内は成果(報酬)発生の条件です。

  • 英会話スクールやオンライン英会話の紹介・体験談
    (受講、会員登録など)
  • 英語教材の紹介・試した感想
    (教材の購入、無料お試し教材の申込みなど)
  • 留学や転職(英語関係)などのサイトの紹介
    (資料請求、会員登録など)
  • 英語学習と洋画などを関連づけて動画配信サービスを紹介
    ( Hulu や U-NEXT など、無料体験の申込み)
  • Amazon や楽天などの商品(学習書籍、DVD など)を紹介
    (商品の購入)
  • 自己アフィリエイト

 

英会話スクールや英語教材などの紹介

英会話スクールや英語教材は、実際に自分で試した記事を書くと説得力があるので成果に繋がりやすいです。

小さなお子様がいらっしゃる方でしたら、子供向けの教材やオンライン英会話サービスを実際に試した感想を記事にすると成果に繋がりやすいはずです(使っている様子を写真や動画付きで紹介すると求心力があります)。

 

英語ブログでよく見かける手法は、文法や表現を解説する記事の終わりに「おすすめ教材ランキング TOP3」などとしてアフィリエイトのリンクやバナーを貼ったり、教材を試した記事へのリンクを貼ったりする(さらに教材の紹介記事にアフィリエイトリンクを貼る)ものです。

私はしていないので成果のほどは分かりませんが、文法や表現を解説する記事から教材を紹介する記事へと誘導することで機会を作る作戦です。

 

留学や転職などのサイトの紹介

留学やワーキングホリデーの斡旋業者や、英語を使った仕事を紹介している転職サイトの紹介では、資料請求や会員登録で報酬が発生するものがあります。ですが、私はワーホリは斡旋業者抜きで行きましたし、転職にも詳しくないし、私には成果を上げづらそうなのでどちらもしていません。

私のように考えている人が多いとしたら逆にチャンスかもしれないし、海外在住の方や現地情報に詳しい方、英語関連に実際に転職した方は強みがあるので向いていると考えられます。

いずれも申込みが多くなる繁盛期があるので、季節によって記事を編集するのもよさそうです。

 

動画配信サービスの紹介

Hulu や U-NEXT などの動画配信サービスは手軽に記事を作成できる割には高い報酬(私としては)が得られます。多くは無料体験の登録が条件なので、記事を見た人にとっても試しやすいという手軽さもあります。

手軽であるがゆえにライバルも多いですが、手軽であるがゆえに私も「一時期は」成果を多くいただいていました。

一時期ではありますが、このブログで最も成果を出している広告主は Hulu で月に10件ほど成果を頂くこともありました。しかし、2019年3月22日時点では月に数件程度、その後は発生しないのが普通になってしまいました。

 

これは私が力を入れていないという原因もありますが、すでに多くの人が無料体験を利用したからだとも考えられます。ただし、私がブログを始めた頃も「すでに多くの人が利用済み」という記事を見ていたので、まだまだ需要はあるかもしれません。

私の場合は英語学習と関連づけて洋画や海外ドラマを紹介したので、結果的に潜在的な顧客が利用した形になったと考えられます。

新規に配信される話題作をいち早く紹介するとより多くの成果を出せるのかもしれませんが、私はあくまで英語ブログとして英語学習におすすめの作品を紹介しています。

ちなみに、人気の海外ドラマを紹介していると新シーズンが配信されたときに成果発生が増える傾向があります。

 

Amazon などで販売されている商品を紹介

Amazon や楽天などの商品をブログで紹介して、アフィリエイトリンクをクリックした人が商品を購入すると購入額の数%が報酬となります。

紹介しやすいのは英語の学習書籍や映画の DVD くらいかと思いますが、電子辞書や最近は英語学習できる家電もあるので、関連づけて紹介するのも効果的です。

Amazon や楽天の成果対象はクリックされた商品以外も含まれます。ほとんど全ての商品が対象なので紹介した商品が購入される必要はありませんし、ついで買いも期待できます。当ブログでは紹介した商品ではないものの方が売れます。

 

< アフィリエイト関連書籍 >

↑といった感じで紹介するわけですね。

記事に溶け込ませてサラッと紹介するのが良いみたいです(これはかなりあからさまです)。

このようなリンクを作るには「カエレバ」というブログツールを使います。サイト上で無料でリンクを作れるので、記事に挿入するだけです。稼いでそうなブログではカスタマイズして利用されていますが、カスタマイズ方法はネットで検索してみてください。

 

ちなみに、私はアフィリエイト関連の書籍を読んだことがないので何を書いているのか全く知りません。上記の書籍は Amazon で「アフィリエイト」と検索して1位のものを選んだだけです。

ノウハウは稼いでそうな人のブログ(あくまで印象)を見れば分かりますし、やり方はネットで調べれば大体分かりますし、あまりに手がかかりそうなものは諦めてます。なので、やっぱり読んだ方が良いのかもしれませんが。。

 

自己アフィリエイト

自己アフィリエイト(セルフアフィリエイト)はこの項目で述べたようなサービスの利用や商品購入を自分で行い報酬を得るものです。

広告主としては、ブログ主(メディア、アフィリエイター)に対して自社のサービスや商品を試しやすくすることで記事を作成しやすい状況を作り、宣伝してもらいたいという意図で行なっています。

全ての広告主が自己アフィリエイトを提供しているわけではありませんが、報酬を得られることはアフィリエイトをする上でのメリットであり、ブログを運営する上での特権とも言えます。

 

なお、提供していても記事を作成する意思がないのに報酬目的で利用することは禁止されているので注意してください。

 

▽体験談が成果に繋がりやすい

自分が実際に体験したものを紹介する記事が説得力を持つので成果に繋がりやすいと考えられます。

自己アフィリエイトを許可しているプロモーションであれば自分で申し込んでも報酬がもらえるので、無料の会員登録が成果発生の条件であればお金を貰って試せますし、商品購入が条件でも出費を抑えて試すことができます。

次項では私が利用しているアフィリエイトサービスを簡単に紹介しているので参考にしてみてください。

 

2.  おすすめアフィリエイト一覧  

私が利用しているアフィリエイトサービスはこの項で紹介する4社です。

各社の特徴や実際の利用例は「英語ブログにおすすめのアフィリエイト一覧」にまとめているので、ここでは簡単な紹介のみです。

どのサービスも登録して広告主やプロモーションをチェックしてみるのをおすすめします。

 

バリューコマース

バリューコマースには私のブログと相性のいい広告主がいます。内緒ですが私のブログをあちこち閲覧すると分かるかも。Hulu と U-NEXT 、Yahoo!ショッピングはこちらで利用しています。

バリューコマースにしかないような便利な機能があり、特に LinkSwitch は便利です。簡単に説明すると普通にリンクを貼ればアフィリエイトリンクになる機能です。普通にアフィリエイトリンクを作成するよりも3分から5分くらい時短できます。

 ›› バリューコマース

 

A8.net

アフィリエイトサービスの大手 A8.net  では登録時に ファンブログ というブログサービスに登録するとアフィリエイトを始めることができます。つまり、ブログの立ち上げとアフィリエイトサービスへの登録が一度にできます。

A8.net もファンブログも登録は無料です。(ファンブログの利用は必須ではありません)

登録しないと広告主を確認することができないので、記事作りのイメージをするためにもアフィリエイトの世界を知るためにもまずは登録してみましょう。

英語系では高額教材やオンライン英会話サービスが多い印象です。高額教材は報酬も高額です。

 ›› A8.net

 

afb

記事更新時ではあまり利用していません。バリューコマースの LinkSwitch が登場してからはそちらを使うようになりました。

ただし、アフィリエイトのマナーや法令に関して詳しく分かりやすく案内されているので勉強になります。

カンファレンスバナー

 ›› afb

 

もしもアフィリエイト

主に Amazon と楽天で使用しています。Amazon の報酬が他よりもやや高いことが理由で、楽天は同カテゴリということでまとめています。

ただし、記事内でテキストリンクのみで商品を紹介する場合はバリューコマースの LinkSwitch を使っています。

 ›› もしもアフィリエイト

 

アフィリエイトサービスは紹介した4社の他にも多くありますが、初めは4社程度にしておいて各社の特徴が分かり、アフィリエイトに慣れてきたら他のサービスに登録してみるのもいいと思います。

 

3.  おわりに 英語学習をお金に    

今回紹介したアフィリエイトの利用例の他にも、アイデア次第で書ける記事の幅は広がると思いますし、英語に直接関係のないサービスや商品を紹介できる場合もあると思います。

1つの広告主のみを紹介していると、その広告主が報酬額を下げたときや成果が発生しにくくなったときには収入が減ってしまいますし、プロモーションが終了すると収入がゼロになってしまいます。

また、急に稼ぎ頭の記事のアクセス数が激減する場合にも成果が発生しにくくなります。そのため、幅広くアフィリエイト記事を書いておくと収益を上げるためだけでなく、損失を最小化するためにもおすすめです。

ご自身のブログに合ったアフィリエイトと記事作りを模索してみてください。

 

英語学習をお金に

英語をネタに記事を書いていると自然と英語を勉強することになります。私もこのスタイルで英語学習をすることがお金になっています。

英語学習をお金にする方法は下記リンクの記事にも書いているので参考にしてみてください。

 › 洋書の英語をオーディオブックで突破する方法

 › 初心者も英語ブログをすれば学習になる!しかも稼げるかも

 

おすすめサーバー

アフィリエイトは無料のブログサービスを利用しても行えるようですが、規約の変更によって広告掲載が禁止になるリスクがあります。依存のリスクを排除するためにも、ブログはサーバーをレンタルして運営することをおすすめします。

ブログをこれから始める場合やブログは1つだけという場合には、下記リンクの記事で紹介しているサーバーがおすすめです。

 › VALUE SERVER まるっとプラン|初心者におすすめ (6年目感想)

 

私はこの記事更新時で6年目ですが、低価格なのに初心者には十分なスペックがあると感じています。サポートも丁寧です。

英語の語順で理解する力を鍛えると?

突然ですが、英語を聞いたままの順で理解する力を鍛えると以下のメリットがあります。

 

英語の語順で理解する力を鍛えると?
  • 英語の理解速度が上がる
     → リスニングで「単語は聞き取れるし意味も分かるのに内容が分からない」が解消する
     → 長文読解力が上がる
  • 試験のスコアが上がる
    (英検、TOEIC、大学入試など英語系全般)
  • 英会話の基礎となる
     →「単語を繋いで何とか」から「文節を繋いで難なく」となる

 

そのため、英語の語順で理解する力は英語の習得に必須だと私は思っています。

この力を効果的に鍛えるには、そのための工夫が満載な英語教材「スーパーエルマー」がおすすめです。

こちらの記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

スーパーエルマーで本物の英語力を習得!その効果と学習法
聞くだけ見るだけでも「スーパーエルマー」なら本物の英語力を鍛えるための工夫が満載な英語学習教材なので効果抜群です。英検、TOEIC、大学入試の対策やビジネス英語の習得に、未来の自分に投資したいという方にもおすすめです。 スーパーエルマ...

こちらもおすすめ!

戦略的独学|英語の習得を最速化する2つの能力と鍛え方
「この2つで英語学習が最速化、自動化、無料化する」という能力があると私は考えているので、その能力と効果的な鍛え方を紹介します。 初心者はコスパ最高で英語を習得できるはずですし、「勉強してるけど伸びない」と感じている中級者は一気に成長す...
単語集は1冊3ヶ月で!英単語の効率的な暗記術
英語の単語集は1冊3ヶ月で効率良くやり切るのがおすすめなので、そのために英単語を戦略的に暗記する方法を紹介します。 大学入試、英検、TOEIC などの試験対策や社会人のやり直しとしてお役立てください。 Summary 1...

Comment

タイトルとURLをコピーしました