初心者も英語ブログをすれば学習になる!しかも稼げるかも

blog

英語のブログというと英語の上級者だけがしていると思いがちかもしれませんが、 初心者も積極的にしていいと私は思っています。私も気持ちは英語初心者でしたが気づけば6年目となり、ブログを始めてよかったと感じています。

英語ブログをすると英語学習にもなりますし、ブログをすると収入にもなります。つまり、英語学習をお金にできます。「そんなうさん臭い話があるわけ…」と思う方もいるかもしれませんが、私は実際にこのブログで収益を上げています。

 

当ブログでは英語ブログで稼ぐ方法としてアフィリエイトの利用例を紹介していますが、この記事ではブログでの稼ぎ方だけでなく記事のネタ作りについても紹介します。

 

1. 英語初心者だって英語ブログ  

英語学習の初心者は「自分が英語ブログなんて…」と思うかもしれませんが、だからこそやってみてほしいと思います。多くの人がそう思っているはずなので、チャンスでもあります。

英語初心者の方も、だからと言ってしてはいけないわけがないので、尻込みすることなく始めてみてはいかがでしょうか。

 

この項では初心者だからこそ英語ブログをした方がいい理由と、記事のネタ作りについて紹介するので参考にしてください。

きっと、「自分もやってみよう」と思えるはずです。

 

この項の目次

  1. 初心者がしてはいけないルールなんてない
  2. アイデア次第でネタはいくらでも
  3. 少しくらい間違っても大丈夫
  4. 英語学習の達成感を味わえる
  5. 外国人の友達もできるかも

 

1-1. 初心者がしてはいけないルールなんてない
私も英語初心者でした

私もこのブログを始めた当初は「英語力が未熟な自分がしてもいいのかな」と思っていましたが、すぐに収益が上がったり、参考になったという感想をいただいたりすることがあり、始めてよかったと感じるようになりました。

気持ちは初心者とはいえ「学習期間だけはベテラン」だった私には、学習を始めた頃にやっておかなくて後悔した学習方法がたくさんあります。そのような方法を英語学習でお困りの方に知ってもらい、実践して、少しでも楽に効率的にお金をかけずに英語を習得してほしいと思っています。

(おこづかいを稼ぎたいという思いがメインだったり…笑)

 

「初心者」を強みに

初心者だからこそ、初心者の気持ちが分かります。つまり、初心者ならではの視点で記事を書けるはずなので共感を得やすいはずですし、ブログの個性に繋がります。

ぜひ、自分ならではのブログを始めてみてください。「私に個性なんて…」と思ってしまっても問題ありません。個性は後から必ずついてきます。

 

1-2. アイデア次第でネタはいくらでも

ブログをするとなると「ネタがない」と始めるのをためらいがちだと思います。ブログについて調べると「まずは100記事書こう」と出てくることもあるので「そんなの無理」となりがちです。

とはいえ、思いついたことを記事にすれば以外とネタはあるものです。

 

なお、「100記事」については収益を上げる場合の目安とされているようですが、少ない記事数でも良質な記事を書けば検索上位に入るはずなので、収益は十分に期待できます。

しかしながら、英語学習とするなら、収益を上げるなら、記事はどんどん書くべきです。

記事のネタつにいては次の例を参考にしてください。

 

記事ネタの例

  1. 英語学習に利用している書籍やアプリの紹介
  2. 英語学習のために見た洋画や海外ドラマの紹介
  3. 面白いと思った英語表現の解説
  4. ニッポン紹介
  5. ダイソー商品レビュー

 

① 書籍やアプリの紹介

使ってよかった書籍やアプリを紹介する記事は書きやすいのではないでしょうか。例えば「〇〇アプリは英単語しか覚えん」のようなタイトルで紹介します。なお、このタイトルは雑すぎます。

Amazon や楽天に商品レビューを書いた経験がある方も多いかもしれませんが、ブログで記事にすると収益に繋がるのでおすすめです。

 

書籍やアプリの紹介記事を収益化するには?

書籍やアプリの紹介記事を収益化する場合はアフィリエイトサービスを利用します。「ブログにアフリエイト?」となって面倒な印象があるかもしれませんが、すぐに慣れるはずなので簡単になります。

「書籍やアプリの紹介記事」は言い換えると「感想」です。「感想が収益に繋がる」と考えるとハードルが下がる感じがするのではないでしょうか。

 

高額教材は報酬も高い

例えばこちらの教材は21,780円 (税込) ですが、その分報酬も高額です。

このバナーをクリックしてご購入いただくと私にその報酬が入るので…\(//∇//)\

とはいえ、セルフバックを利用すればその報酬はあなたのものです。つまり[通常よりも安く商品を購入 (報酬獲得) → 教材紹介記事作成]という流れができます。さらに、獲得した報酬で別の教材を購入して新たな記事を作成すると英語学習を収益化するサイクルができます。言うのは簡単ですが。。

なお、セルフバックの中には無料のサービスに登録するだけで報酬が発生するプロモーションもあるので、お金をもらってサービスを利用することができます。

A8.net ならブログがなくても登録できる

例えば、上記バナーの教材をブログで紹介する場合は A8.net というアフィリエイトサービスに登録する必要があります。

「ブログの立ち上げが面倒」という場合でも、A8.net では登録時に ファンブログ というブログサービスに登録するとアフィリエイトを始めることができます。A8.net もファンブログも登録は無料です。

なお、ファンブログの利用は必須ではありません。アフィリエイトの世界を知るためにまずは登録してみましょう。

感の鋭いあなたはこれもアフィリエイトリンクだと気づいたことでしょう。「お前なんかに報酬やらねえよ」という方以外はクリックしてアフィエリエイトへの一歩を踏み出してみてください。

 

② 英語表現の解説

英語学習をしていると面白い表現や「簡単な単語が並んでるのに意味ワカラン」という表現に出会いますが、それらの紹介と解説も記事のネタにできます。

説明するためには調べる必要があるので学習になります。私も洋画や海外ドラマで気になったフレーズ(セリフ)を紹介しています。

こちらの記事のようにまとめて記事にしています。

 

しかし、まとめて紹介するとそのセリフで検索しても検索結果に表示されないようです。

検索結果に載せたい場合はこちらのようにセリフをタイトルに入れる必要があるようです。

 

③ ニッポン紹介

「日本を外国人に英語で紹介する記事」というと壮大な印象を持つ方もいるかもしれませんが、身の回りのものなら寛大な気持ちで紹介できるのではないでしょうか。

例えば、新作のお菓子(スーパーやコンビニで買えるもの)を食べた感想を記事にします。日本のお菓子は外国人に人気なので、需要はありそうな気がします。海外の動画配信サービスでアニメを見ていたら日本のスナック菓子の通販サイトの CM が出てきたことがありましたし。

 

他にもゲームの感想や新しくできたカフェ、雑貨屋など、自分が興味を持っているジャンルの情報を紹介するのもよいでしょう。地元の文化や歴史、地域の情報を英語で書いてみるのもよしです。

これらを英語と日本語を対訳にして記事にすると、外国人だけでなく日本人にもアピールできる記事になります。

なお、ブログと YouTube を連携するとよりアピールできるのでおすすめです。ちなみに、お菓子の咀嚼音を ASMR として紹介するとそちらのファンにもアピールできます。

 

翻訳ソフトしか使えん

英文を書くとなると挫折しそうになるかもしれませんが、最近の翻訳ソフトは英語学習者を堕落させかねないレベルです。

おすすめは DeepL で、高精度かつ自然な翻訳が特徴です。これを利用すれば英語初心者でも英文を書く作業が格段に楽になるはずです。私も確認のためやセリフをどう訳すかという興味本位で利用しています。なお、私よりも DeepL の方が優秀だと感じています。

 

一時的に「翻訳ソフトしか使えない」という状況に陥るかもしれませんが、とても便利ですし、学習の補助として有効なのでぜひ利用してみてください。

 

ダイソー商品レビュー

私は100円ショップに行くとき、あらかじめネット検索で商品の有無を調べています。あまりそんな人はいないかもしれませんが、「条件に合う USB 充電器が行ったらなかった」というリスクを減らせますし、店内で探す手間が省けるのが理由です。商品の良し悪しの参考にもなります。

私のような人がいるのでダイソーの商品レビューを記事のネタにできます。調べるときは Google の画像検索で調べるので、記事にするときは画像の掲載をおすすめします。

 

収益に繋げる場合は画像付きで良い点や悪い点を紹介しつつ、近くにダイソーがない人やより良い商品を求める人のために別の商品を Amazon などのリンクで紹介するという方法があります。

実際にダイソー商品の紹介記事を書いているみなさんがこれをしています。私はこのブログを「英語学習特化型」としているのでダイソー商品を紹介していませんが、雑記ブログであれば何でもありなので紹介し放題です。

とはいえ、私のような特化型ブログでもダイソー商品には英語の説明文があるので、それを翻訳して遊ぶ記事は書けます。

もちろんダイソーの商品である必要はありません。Amazon での購入品の紹介でもよいでしょう。

 

1-3. 少しくらい間違っても大丈夫

英語で記事を書く場合、間違いだらけの英文になってしまうとまずいですが、先ほど紹介した DeepL を利用すれば間違いを最小化できるはずです。DeepL で[日 → 英]の翻訳をするだけでなく、翻訳した英文を日本語に翻訳すると間違いを減らせるはずです。

とにかく、学習のためには記事をどんどん書くのがおすすめです。書いていると文法上どうやって書いたらいいのか分からないこともしばしばだと思いますが、そんなときはネットで検索すると情報は出てくるはずなので参考にするとよいでしょう。

 

これの繰り返しで英文の作り方が分かってきますし、あやふやをなくせます。さらに、語彙や表現も覚えられるので記事を書けば書くほど英語力は上がります。

注意点としては、例えばスピーキング学習がメインの場合はブログを書くと非効率になってしまうかもしれないので、ご自身の目的によって調節してみてください。

 

情報は間違えないように

「少しくらい間違っても大丈夫」はあくまで誤字や脱字、文法です。これらは日本語のブログでもときどき見かけますが、少しくらいであれば許容されるでしょう。

一方、間違った情報を載せると信頼性が失われるので注意しましょう。例えば「グルテンフリーで痩せる」のような誤った情報です。当然「グルテンフリーダイエット」もありえません。

「グルテンフリーダイエット」のように名前がついた減量方法が出回っていると、そのような方法があたかも存在し、効果的であると誤認してしまうのは無理もないでしょう。

とはいえ、これを防ぐ方法はとても簡単です。「グルテン」について調べて正しい情報を得るだけです。

誤った情報を載せてしまうとブログだけでなくあなた自身の信頼にも関わります。情報を発する側としての自覚を持ち、正しい情報であるかどうかを意識して、あやふやであれば確認を怠らないようにしましょう。

 

1-4. 英語学習の達成感を味わえる

記事数が50や100と増えていくと達成感がモチベーションになります。また、ブログは続けるとアクセス数も増えるのでさらにやる気もでます。

英語学習は成長を実感しにくいので、達成感を味わうのは大切です。まずは10記事を目標にしてみてください。

また、収益が上がるとモチベーションになります。私も収益が上がると現金なのでやる気になります。とはいえ、収益が下がるとモチベーションも下がってしまいます。とほほほです。

 

1-5. 外国人の友達もできるかも

ブログに興味を持った外国人からメールが来て友達になることもありえます。友達ができるとメールや電話のやり取りで英語力を伸ばせます。例えば「ソードアート・オンライン」のような世界的に人気の日本のアニメで英語学習するブログにすると連絡が来やすそうです。

 

実際に私にも外国人からメールが来てやり取りをしました。あまり続きませんでしたが、こんなブログでも友達になりたそうな人から連絡が来たのでびっくりです。

とはいえ、外国人の友達を作るなら HalloTalk のような言語交換アプリを利用する方が手っ取り早い印象があります。

 

2. 上級者の英語ブログ

私が英語の上級者の方にまで提案するのはおこがましいですが、やはり高い英語力があると多くのアクセスを期待できるブログを作れるので、その具体例をまとめておきます。

 

英語上級者のブログ例

  • 海外の情報(エンタメ、スポーツ、政治など)を日本語に翻訳
    (ニュースサイトやTwitterなどを参照)
  • 海外の話題のニュースに対するネットの反応(コメント)を日本語に翻訳
  • 日本の情報を世界に向けて英語で発信

 

いずれの例も自分が興味のあるジャンルを紹介するとやりやすいし、それ自体に詳しくなれるので続けるモチベーションになると思います。関連する語彙を得られるメリットもあります。

注意としては、ニュースに対する反応を紹介する場合、偏った内容のコメントばかり紹介しないことです。肯定的な意見もあれば否定的、中立的なものもあるはずです。偏ったコメントのみを紹介していると読者に不信感を与えかねないので、信頼できないブログと思われてしまうかもしれません。なるべく公平に掲載するようにしましょう。

 

このようなブログを始められる英語レベルは、英文や海外のニュースサイトを日本語を読むときと同じくらいのスピードで理解して読み書きできるくらいが目安かと思います。読み書きに時間がかかると学習として非効率になってしまうかもしれないからです。

ただし、DeepL があるので、リーディング力やライティング力に磨きをかけたい中級者がチャレンジするのも良いと思います。

 

その他

上級者であれば文法を解説する記事も書けると思いますが、文法を解説する記事はすでに多く存在するので多くのアクセスは難しいと思います。

このような記事を書く場合は、表やイラストを使って見やすくかわいくまとめたり、他の人があまり取り上げていないような解釈を紹介したりする工夫が必要かと思います。

「鬼滅の刃の英語版で英文法の基本をマスター」のように人気アニメに巻かれるスタイルもあります。

 

3. 英語ブログの学習効果

英語ブログを運営するとどのような学習効果があるのか、私が感じたその効果を紹介します。

 

この項の目次

  1. 調べる → 知識が増える
  2. 記事にすると記憶に残りやすい
  3. 勉強感がない
  4. 日本語力もアップする

 

3-1. 調べる → 知識が増える

記事を書くとなると何かと調べる必要があります。私は正しい解説を心がけているので不確かなことがあれば調べるのですが、当然のことながら知識が増えます。自分の理解が不十分なところが分かりますし、分かったつもりで放置していることも調べなければならなくなるので勉強になります。

さらに、分かりやすく説明するには自分がしっかりと理解している必要があるので、より深い理解に繋がります。

とはいえ、英語学習を優先するのであれば、記事を書くと学習時間が減ってしまうので学習効率は悪くなるかもしれません。記事を書いていてはリスニング力やスピーキング力を鍛えることもできません。

しかし、先ほど述べたようにより深い理解に繋がりますし、調べてみて初めて気づくこともあります。そのため、自然と「英語の穴」がなくなる実感が私にはあります。

 

3-2. 記事にすると記憶に残りやすい

記事に書いた内容は記憶に残りやすいとも感じています。調べて、噛み砕いて、説明するという作業を繰り返すため、記憶に残りやすい気がします。

とはいえ、洋画のフレーズ解説記事では書いたそばから内容を忘れてしまうこともあります。何とも残念ではありますが、ふとしたときに「そういやあれブログで紹介したな」と思い出すこともあります。そんなときはブログ内を検索すると出てくるので復習になります。

そういう意味では、ブログを自分の学習記録やメモとして活用できます。何度か言いましたが、「英語学習をお金にする」とはこういうことです。

 

また、私が記事に載せた海外ドラマの対訳にたまたまあったスラングの意味を検索で見つけてくださった方がいらっしゃいました。自分も載せるときに検索したのですが、確かに検索でも見つかりにくいスラングでした。

載せたことすらすっかり忘れていましたが、今ではしっかりと覚えています。レアケースではありますが、記憶に残っていますし思わぬ形で人の役に立った嬉しい出来事でした。

 

3-3. 勉強感がない
英語の勉強ではなくブログをしているという感覚

記事を書いているときは英語学習をしているという感覚が私はありません。「調べ物をしてまとめている」という感じです。

調べるときはネットを検索するだけでなく辞書や辞典を引くこともありますが、このときも勉強感はありません。辞書を引くというといかにも勉強という感じがするかもしれませんが、ただ気になることを調べているという感じです。

ちなみに、辞書は主に macOS のものを使っているので引くのが面倒という感じはほとんどなく、むしろ便利さを感じます。このように、面倒を排除して便利さを感じるとより勉強感がなくなります。

 

英語学習が続かない人にもブログはおすすめ

「勉強感がない」ということは英語学習を継続しやすいと言えますし、ブログを継続するということは英語学習の継続することだと言えます。英語学習を目的とするのではなく、「ブログを継続すること」を目的としてすり替えてしまえば、自然と英語学習をすることになります。

というより、英語学習をしているのかブログをしているのか分からなくなります。

特に初心者のうちは英語学習を習慣化するのが難しいかもしれませんが、ブログの記事を書くことを英語学習として思い込んでしまえば難しくはないと思います。

 

3-4. 日本語力もアップする

私はなるべく分かりやすい文章や解説を心がけていますし、何度も読み返して修正してから記事を公開しています。しかし、お恥ずかしい話ですが、あとで読み返すと自分でも何が言いたいのかさっぱり分からないことがよくあるので、穴があったら入りたくなります。

そして、そのときは文章を修正して「これでよし」としたにも関わらず、数ヶ月後にふと読み返してみると何だかぎこちない文章なのに気づいて恥ずかしくなり、穴があったら出られなくなります。

 

どうにも自分で自分の文章を確認するのが苦手です。とはいえ、ポジティブに考えると、読みにくさに気づくということは、文章力や説明力が上がっているということでもあります。

日本語の文章力が上がるというのは意外な効果でありメリットではないでしょうか。

文章力はブログを書く上でも必要なので、次項でその爆上げ方法を紹介します。

 

4. 文章力を爆上げする方法

この項では文章力を短期間で爆発的に向上させる方法を紹介します。

その方法は次の2つです。

 

文章力を爆上げする方法

  1. 耳で聞いて分かりやすい文章を意識
  2. 要約力を鍛える

 

4-1. 耳で聞いて分かりやすい文章を意識

私が分かりやすい文章を書くために気をつけている秘策を紹介します。それは、「オーディオブックとして聞いて分かりやすいかどうか」という視点で文章をチェックするという方法です。

オーディオブックとは

ナレーターや声優によって読み上げられた本のことで、「音声化した本」や「聴く本」とも言えます。

自分が書いた文章は内容(言いたいこと)が分かっているため「自分は」理解できてしまいます。文字なので繰り返し読んで理解することもできてしまいます。

しかし、音声化するとそうはいきません。音声のみで内容を理解しなければならないので、下手な文章では内容を理解しづらくモヤモヤします。

一方、分かりやすい文章というのは、耳で聞いてもすっと頭に内容が入ってきます。優れたビジネス書や実用書では内容がすんなりと理解できるだけでなく、どんどんと知識が入ってくる感じがするので気持ちがいいです。

 

スピーチ機能でチェック

自分が書いた文章の分かりやすさをチェックする方法として、おすすめはパソコンやスマホのスピーチ機能を利用する方法です。

書き終わった文章をスピーチ機能を利用して聞いてみると、文章の良し悪しやぎこちない部分をチェックするためのいい方法となります。

 

おすすめオーディオブックサービス

「耳で聞いても分かりやすい文章を意識する」という方法はオーディオブックを利用していて思いついたのですが、オーディオブックを初めて聞いたときにもすぐに文章力の向上を実感しました。「こう書けばいいんだ」と気づく点が多く、ワクワクしたのを覚えています。

私はオーディオブックを audiobook.jp で購入しています。1冊当たりの価格は紙の書籍と同等で、よく半額セールをしているのでお得な印象です。メルマガ登録をしているからか、最近(記事更新時)では月に300ポイント(=300円)を2回くらいもらうのでよりお得です。

さらに、初回30日無料の聞き放題プランは750円(税込)と書籍の値段を考えると激安です。

 

本を読むのが苦手な人でも聞くのであればラジオ感覚なので抵抗はないと思います。文章力を上げたい場合は、接続詞や語尾の使い方、文と文の繋がり、構成を意識して聞くとよいでしょう。

「こうすればいいんだ」と参考になる部分がいくつもあるはずです。

 

4-2. 要約力を鍛える

長々とした文章ではいくら分かりやすくても読者が離脱する可能性があります。当然、読者が離脱してしまうと収益に繋がらないので要約力も鍛えましょう。

私もまだまだなのでこちらの本(オーディオブック)で勉強中です。

こちらの本、文章自体が簡潔で分かりやすいので、要約力をだけでなく文章力も鍛えられます。一石二鳥なので最初の一冊としておすすめです。

「グルテンフリーダイエット」についても面白い記述があるのでお楽しみいただけます。思わず「それだけは死んでも伝えちゃダメ」と口走ってしまうはずです。

 

語彙力も鍛える

平易な言葉で書かれた文章は分かりやすいのですが、そればかりでは冗長になりがちです。要約するためにも、読者に印象付けるためにも、時には難しめの言葉で表現すると文章が引き締まるので語彙力も鍛えましょう。

そういう目的ではこちらがおすすめです。

科学者の考え方を元にした処世術が紹介された本です。昨今話題のワクチンのように不確実性が高いと考えがちな物事においても合理的な判断を下すための参考となるでしょう。

さらに、「グルテンフリーダイエット」のように名前が付けられて我が物顔で出回っている情報に惑わされることもなくなるでしょう。

どちらのオーディオブックも audiobook.jp にてサンプルを視聴できるのでチェックしてみてください。

 

文章力が高ければアフィリエイトの審査が通りやすい (はず)

先に紹介した A8.net ではブログの審査はありませんが、他のアフィリエイトサービスは審査に合格すれば利用できるという場合がほとんどです。審査基準の詳細は私には分かりませんが、良質かつ健全なブログであれば審査に通りやすいので、その条件として文章力の高さはあるはずです。

あなたが広告主だとして、支離滅裂な文章を載せているブログに広告を掲載してほしいでしょうか。私なら商品価値が下がるので載せてほしくありません。

あなたがブログを審査する担当者だとして、滅茶苦茶な文章を載せているブログを合格させるでしょうか。私なら広告主に迷惑がかかりそうなので不合格にします。

このような観点からも文章力を鍛えておくことをおすすめします。

 

5. ブログの始め方

ブログの始め方について簡単に紹介しておきます。

 

収益が必要ない場合は無料ブログ

収益が不要な場合や学習のみに集中したい方場合は無料ブログで十分なので、比較サイトを参考にご自身に合ったブログサービスを選ぶとよいでしょう。

とはいえ、収益化できる状態にしておくと記事のネタが広がりますし、例えばダイソー商品の紹介記事の最後に「おすすめ英語教材3選」のようにして紹介することもできます。

そういう意味では、先ほど紹介した A8.net の ファンブログ ならついで感覚で広告を貼っておけるのでおすすめです。「ついで」を収益化できる可能性があるのでファンブログを検討してみてください。

 

収益を上げたい場合は有料ブログ

有料ブログというと違和感を覚えますが、ブログを運営するために費用がかかるので無料ブログに対して有料ブログとしています。

以下の3つが必要になります。

  • レンタルサーバー
  • ドメイン
  • WordPress(ブログ作成ツール)

 

レンタルサーバーとドメインはそれぞれに利用料が必要です。

WordPress は一般的な無料のブログ作成ツールです。サーバーを借りてドメインを取得すると使えるようになります。

 

無料ブログをおすすめしない理由 (練習としてならあり)

ブログで収益を出すためには、基本的には次項にて説明するアフィリエイトと Google アドセンスを利用するのですが、特に Google アドセンスは無料ブログでは利用しづらくなってきているようです。

できない訳ではないようですが、ある日突然「広告掲載不可」となれば大混乱です。他者に依存するリスクを減らすに越したことはないので、私は初めからサーバーを借りて、ドメインを取得して、WordPress でこのブログを作っています。

ただし、無料ブログで練習として始めるのはありだと思います。ある程度記事が溜まってきたら有料ブログに移行するとよいでしょう。移行と言っても記事をコピペすればいいので気合の単純作業です。

 

ちなみに、私が利用しているサーバーはバリューサーバーの まるっとプラン です。ブログを始めたときに一番安かったのとブログ初心者向けとのことで選びました。使い始めて6年目になりますが、大きなトラブルはなく、サポートの対応が親切なのでおすすめです。

安いとはいえお金がかかるので記事を書くモチベーションにもなりそうです。

 

6. ブログで稼ぐ方法

この記事を読んでブログを始めてみようと思った方の中には、「英語学習をお金にしたい」と思い始めた方もいると思うので、ブログでの収益の上げ方について基本的な方法を簡単に紹介します。

詳しくはネットに多くの記事が存在するので検索してください。

 

この項の目次

  1. アフィリエイト
  2. Google アドセンス
  3. 企業案件

 

アフィリエイト

アフィリエイトについてはこれまでにも紹介しましたが、改めて紹介します。

アフィリエイトで報酬を得るまでの流れは次の通りです。

 

アフィリエイトで報酬を得るまでの流れ

    1. ブログに広告を掲載
    2. ブログ訪問者が広告をクリック
    3. クリックした人が商品を購入 (またはサービスを利用)
    4. 成果発生
    5. 成果が認められれば報酬獲得

 

なお、前提としてアフィリエイトサービスに登録する必要があります。

アフィリエイトサービスへの登録料や利用料は無料なので元手はかかりません。自己アフィリエイト利用をすると、自分で商品購入やサービスの利用をして報酬(=お金)をもらえることもあります。

英語系では、英会話スクール、オンライン英会話、通販教材、一般学習書籍の紹介がメインです。通販教材では1件5,000円〜10,000円ほどの高額プロモーションもあります。

英語ブログでのアフィリエイトの利用例について、詳しくはこちらを参考にしてください。

 

Google アドセンス

Google アドセンスは Google が提供している広告配信サービスです。ブログに掲載した広告を訪問者がクリックしたら報酬(基本的に1クリック数十円。たまに数百円)が発生します。広告が表示されるだけでも僅かに発生します。登録料、利用料は無料です。

 

注意としては、Google アドセンスが利用するにはサイトが独自ドメインであることが条件なので、URL を example.com のように取得しておくことです。example.xxx.com など、ドットが2つある URL では登録できないようです。なお、.co.jp なら取得できそうですが未確認です。

 

Google アドセンスは基本給

Google アドセンスの収益に対して多くのサイト運営者は基本給のような印象を持つようです。

月毎の収益に多少の変動はありますが、大きな変動はなく安定した収入を得られるので基本給のイメージが当てはまるのだと思います。私も実際にそのような印象を持っています。

これに対し、アフィリエイトにはボーナスという印象を持つ人が多いようで、私もそのような印象を持っています。アフィリエイトでは1件当たりの報酬が高額な場合が多いものの、Google アドセンスよりも件数としては少ない傾向にあるからです。

なお、サイトによっては Google アドセンスよりもアフィリエイトの収入の方が高い場合があるようです。

私はどちらも併用していますが、アフィリエイト広告はアドセンス広告と離して設置するようにしています。こうすると、先に述べた状況になるのを防ぐだけでなく、読者に広告が多いという印象を与えにくくなると考えています。

 

アフィリエイトと Google アドセンスを併用

アフィリエイトと Google アドセンスは併用するのが一般的ですが、ブログや記事よってはどちらかにすると収益が上がるとも言われています。

例えば、アフィリエイトを優先したいのにアドセンス広告を掲載していると、訪問者がアドセンス広告の方に興味を示してしまう状況が考えられます。つまり、アドセンス広告がクリックされると(それはそれで報酬は発生します)アフィリエイトの成果が発生しなくなる、という場合が考えられます。

また、これと反対にアドセンス広告をクリックしてほしいのにアフィリエイト広告がクリックされると報酬は発生しづらくなります。

最悪なのは、訪問者の関心が分散してどちらの広告もクリックされなくなるという状況です。この辺りはブログや記事によるので、アフリエイト重視か、アドセンス重視か、でサジ加減を調節して最適なバランスを取りましょう。

 

企業案件

企業案件で報酬を得る方法もあります。例えば、「弊社の商品 (サービス) を試した記事を書いてブログでご紹介していただければ○万円を報酬として差し上げます」という形で依頼が来るので、これを達成して報酬を得ます。

とはいえ、有名人やインフルエンサーでもないと依頼は来ないと思います。私は有名人でもインフルエンサーでもないので、このブログは6年目ですが、3年目くらいのときに1件だけありました。

企業案件で稼ぎたい場合はブログだけでなく自分自身が有名になる必要がありそうです。

 

7.  おわりに

ブログで稼ぐのは楽じゃないが難しくもない

英語学習がお金になるなんて夢のような話に聞こえるかもしれませんが、実際に私はそれを実現できています。しかし、収益を出すためには大変な部分もあります。

サーバーを借る、ドメインを取得する、ブログのテーマやデザインを決める、など、ブログを始めるとなると記事を書くこと以外にも、何かとしなければならないことがあります。

 

とはいえ、サーバーとドメインに関しては1度やってしまえばとりあえず2度としなくていいですし、ブログのデザインに関しても同様です。デザインは面倒な部分もありますが、思い通りにできると楽しくなってきます。

やり方はネットで検索すれば詳しい解説がありますし、続けていると分かってくるので心配しなくても大丈夫だと思います。私もネットの情報のみでブログを運営しています。それでも、いつの間にかアクセスが増えて収益も増えたので、楽ではありませんが難しくもないと思っています。

また、アクセスを増やすためにはよりよい記事を書く必要があるので、文章や掲載する情報を磨く必要があります。結果的に読者のためにもなるので続けてみましょう。

 

英語ブログは自分の英語学習の記録となるだけでなく、見ず知らずの英語学習者の役に立つこともあります。

この記事がブログを始めるかどうか迷っている方の背中を押すことになれば幸いです。

オンライン英会話に疲れた? VR×AI で解決

コミュ以前に気持ちの切り替えが億劫

昨今は手軽に英会話学習ができるオンライン英会話サービスが一般化していますが、講師と話すのが恥ずかしい以前に人と話すのが億劫に感じる方も多いのではないでしょうか。私も日常と仕事でお疲れなときには「対話モード」への切り替えが面倒に感じます。

 

VR×AI なら独りで好きなときに自分が納得するまで学習できる

そこでおすすめなのが VR 英会話サービスの スマート・チューター です。VR 空間で AI 人物と会話するため好きなときにニュートラルな自分のままで英会話の練習ができますし、講師に余計な気を遣うことなく学習に集中できるでしょう。

レッスン予約や講師待ちはもちろん不要ですし、決められた時間にドキドキしながら準備して待つこともありません。むしろ、その時間を使って学習できます。

Smart Tutor 使用の流れ

 

AI ならではの会話感と弱点分析力

一般的な英会話学習アプリは選択問題なのでどうしても会話感は乏しくなりますが、スマート・チューターならよりリアルな英会話の練習ができます。なぜなら、AI の質問や返答が毎回変わるので選択問題よりも自由な回答が求められるからです。

さらに、AI が自分に合ったカリキュラムを作成する機能や、自分の話す速さが数値化される機能があるので弱点を効果的に改善できそうです。

加えて、リアルでは相手が言ったり自分が使ったりした英語表現を一撃で覚えた経験がある人も多いと思いますが、VR なら没入感と臨場感でこの現象が起きやすく学習効果アップに繋がるメリットもあるのではと考えられます。

\10日間の無料お試し実施中 (VR無料でレンタル中) /

5,000円引きとなる上記リンク専用コード[NEW50]のご利用をお忘れなく。

VR ゴーグルは無料でレンタルできるのでお得です。

コメント

  1. すずめ より:

    英語ブログを始めることにより、記事を書きながら英語の知識を得ていくというのも、とても良いですね。

    • manma manma より:

      すずめさん、コメントをいただきありがとうございます。
      記事の内容に共感していただいたようで、嬉しいです。
      頻繁に投稿はしていませんが、これからもよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました