洋画の音声を高音質で録音|スマホ1台とケーブルのみで

「洋画や海外ドラマの音声だけスマホで聞けたらな」と思うことはないでしょうか。

スマホで映画を見るとなると動画配信サービスを利用するのが一般的ですが、音声を録音すると動画を再生しなくてもオフラインで音だけの学習ができるだけでなく、通勤・通学、家事や運動をしながら聞くこともできるのでスキマ時間を有効に活用できます。

 

録音には IC レコーダーがあると便利なのですが、スマホやタブレットでもライン入力をすると高音質で録音できるのでその方法を紹介します。

さらに応用として、ライン入力をすると文字起こしの精度を上げることができるので、そちらについても紹介します。

 

Android スマホでの説明ですが iPhone でも同様に録音できるようです。手持ちの iPhone 4s(骨董品)ではできなかったのですがやり方があるのかもしれません。

注意

録音した音声は著作権法に違反しないよう、個人利用に限ってください。

 

1. 用意するもの

洋画の音声をスマホ1台とケーブルのみで録音するために必要なものを紹介します。

洋画以外の場合は YouTube など録音したい音声に置き換えてください。

用意するもの

  • スマホ(動画視聴と録音に十分なスペック)
  • 動画配信サービス
  • ボイスレコーダーアプリ
  • 3極-4極変換アダプタケーブル
  • オス-オスのステレオミニプラグケーブル ( AUX ケーブル)
  • ステレオ分配アダプタ
    (音声を聞きながら録音したいときに必要)

ケーブル類は下の画像のものを揃える必要があります。

 

動画配信サービス

スマホで洋画や海外ドラマを視聴する方法としては動画配信サービスが手軽で便利なので、この音声を録音します。

動画配信サービスには様々なものがありますが、録音したい作品が配信されていればどのサービスでもかまいません。ちなみに、どのサービスも初回は1ヶ月くらいの無料お試し期間があります。

主な動画配信サービス

 ›› Hulu(無料体験は2週間)

 ›› U-NEXT(無料体験は31日間)

 ›› amazon prime video(無料体験は30日間)

 ›› ABEMAプレミアム(無料体験は14日間)

 ›› music.jp(無料体験は30日間)

※本ページの情報は2021年2月10日時点のものです。最新の情報は各サイトにてご確認ください。

U-NEXT など一部の動画配信サービスでは倍速再生に対応しているので通常速度よりも高速や低速で録音したい場合に便利です。ただし、倍速再生はアプリ(おすすめは VLC )でもできるので必須ではありません。

日本アニメ英語版の場合はこちらを参考にしてください。

 

ボイスレコーダーアプリ

ボイスレコーダーアプリは無料と有料のどちらでもいいのですが、使い勝手がよかった Android アプリ「簡単ボイスレコーダー」を紹介します。

音質は無料アプリという先入観のためか「良い」と感じました。

 

録音の際、音量が大きすぎると過大入力となり音割れが起きるのですが、このアプリは過大入力になると波形が赤く表示されるため入力レベル(再生側の音量)の調節がしやすいのでおすすめです。

入力レベルを最大にして録音すると再生の際に使い勝手がいいと思うので、音量が最も大きいと感じる部分を録音してみてギリギリ赤くならない音量に調節してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

録音の設定を最適化することもできます。

メイン画面右上から[︙]→[設定]と進むと下の画像のページが表示されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[マイクのプリセット]を[音楽&ライブサウンド]にしています。洋画では音楽や効果音があるためこの設定にしています。喋るだけ YouTube 動画の場合は[ボイスメモ]が最適だと考えられます。

[音質]はなるべく高音質がいいので[高 (大ファイルサイズ) ]に設定しています。

 

スマホのストレージの空き容量が心配な場合は音質を下げるとファイルサイズを小さくできますが、音声ファイルを microSD カードに保存することで解決できます。

microSD カードを選ぶ際はお使いの機種に対応しているかどうかをご確認ください。

 

3極-4極変換アダプタケーブル

スマホにライン入力するために必要な変換ケーブルはこちらです。

プラグに3本線が入っているのが特徴です。お間違いのないように。

実際に私はこちらを使用しています。プラグもジャックも挿し心地はしっかりしつつも固すぎず、音質はモニターヘッドホン( SONY MDR-CD900ST )で音楽を聴いてややこもる気がするものの大きな劣化はないと感じました。

 

オス-オスのステレオミニプラグケーブル ( AUX ケーブル)

こちらはスマホと「3極-4極変換アダプタケーブル」を繋ぐためのケーブルです。

両端のミニプラグに2本線が入ったケーブルです。上記のケーブルは JVC 製で、今や珍しくなった日本製なので品質は確かだと思います。長さは他にもありますが1.5mが汎用性が高いかと。

ちなみにプラグとケーブルが太いタイプもありますが、こちらはスリムタイプでヘッドホンにも使いやすいタイプです。

 

ステレオ分配アダプタ

必須ではありませんがステレオ分配アダプタがあると音声を聞きながら録音できます。事前に録音時間を確認しておけば「無音状態」でも無駄なく録音できますが、洋画を見ながら録音できますし、録音の止め忘れ防止にもなります。

100均でも売っていますが、音質に影響するものなので音の劣化が少なく耐久性が高いものを選ぶのが最善だと思います。

 

こちらも JVC のものをおすすめします。私も使っていますがヘッドホンを繋いで音楽を聴いても音質の劣化はほとんど感じませんでした。ジャックへの挿し心地はかなりしっかりなので、プラグをぐっと押し込んでカチッと根元まで差し込む必要と安心感があります。

ちなみに JVC では金メッキバージョンもありますが、そこまでこだわらなくていいと思うのでこちらで十分だと思います。

Memo

▽トラブルが発生したら

説明が難しいのですが、メス A にヘッドホン、メス B に AUX ケーブルのみを繋いだ状態でヘッドホンで聞くと、ステレオで右の音が小さくなる現象が起きました。(メス B のケーブルを抜くときちんと聞こえる)

この状態で、メス B の AUX ケーブルにヘッドホンを繋いで確認すると異常はなく、メス B を AUX ケーブルのみに戻してみると、ステレオ右の音が小さくなる現象は解消されていました。

原因は分かりませんが、この現象は音声信号がメス A と B の両端から出力されるようにすると解消するかもしれません。鼻づまりのような状態になっていたのかも。

 

JVC のものはやや重みがあるので、スマホを持ったまま使用する場合はケーブルタイプの方が使いやすいかもしれません。

 

その他(スマホ用外付け DVD ドライブ)

動画配信サービスで配信されていない洋画などを録音したい場合はスマホ用の外付け DVD ドライブで再生して録音する方法があります。

テレビなどで DVD を視聴できる場合は不要ですが、スマホに CD の楽曲を取り込めるので語学教材に付属の音声 CD を直接スマホに入れたい場合に便利です。

▽ Bluetooth でもできるかも?

今回は試していませんが Bluetooth を使うと無線で録音できるかもしれません。レシーバーを録音側のスマホに4極ミニプラグで繋ぐとできるはずです。

ただし、Bluetooth だと途切れたりノイズが入ったりしそうですし、音質は有線の方がいいと思うのでおすすめではありません。録音しながらモニターするのもやりにくそうです。

 

2. 配線方法

「スマホ1台で録音するための配線方法」を紹介します。さらに、「テレビなどの音声を録音するための配線方法」も合わせて紹介します。

仕組みが分かりにくい場合はとりあえず配線を画像と同じにして試してみてください。

 

スマホ1台で録音するための配線方法

「用意するもの」で紹介したものを全て繋ぎ合わせるのですが、文章で説明するとややこしくなるので画像で説明します。

モニター(音声を聞きながらの録音)ありとなしの場合を紹介します。

① モニターなし


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンプルです。

この配線では録音中に音声を聞くことはできません。

 

② モニターあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ステレオ分配アダプタを使用しています。

この配線ではヘッドホンに音声が出力されるので音声を聞きながら録音できます。ただし、録音レベルを最大化するとヘッドホンは爆音化します。

モニターしたい場合はヘッドホンをスピーカーとして利用するか、音量調節ができるアクティブスピーカーを利用するとよいでしょう。

例えばこちら。卓上タイプです。

洋画を視聴していると効果音や BGM がうるさく感じることがありますが、このスピーカーは「音質」も調節できるので、低音を抑えるとうるささが緩和されるはずなのでおすすめです。

なお、スピーカーで音質を調節しても録音に影響はありません。

 

テレビなどの音声を録音するための配線方法

スマホがもう1台ある、タブレットを持っている、テレビで再生できる、といった場合はそちらで再生してその音声をスマホで録音することもできます。スマホ1台で録音するよりもこちらの方がやりやすいと思います。

例えば、テレビで洋画の DVD/Blu-ray を視聴しながらスマホで録音するというやり方です。

 

下の画像では、右下の iPhone から出力された音声を左のスマホで録音する配線です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

iPhone からヘッドホンにも音声が出力されるので音声を聞きながら録音できます。

テレビの音声を録音する場合は、iPhone に繋がっているステレオ分配アダプタをテレビのヘッドホン出力端子に繋ぎます。

 

なお、ヘッドホンプラグを変換している関係でライフルの弾を挿しているように見えてごちゃごちゃしますが、一般的なイヤホンでももちろんモニターできます。

 

3. 録音できない原因と対策  

きちんと接続されているのに録音ができない場合の原因と対策を紹介します。

録音できない原因 → 対策

  1. スマホが内蔵マイク入力に設定されている
    → スマホを外部マイク入力に設定する

  2. アプリを起動してからケーブルを挿した
    → ケーブルを挿してからアプリを起動

  3. ケーブルの不具合や相性
    → 不具合をチェック、不具合があれば交換

  4. スマホのジャックが故障
    → 修理、他のスマホを使う

  5. スマホが外部マイク入力に対応していない

1、2、3について詳しく説明します。

 

① スマホが内蔵マイク入力に設定されている

アプリで録音を開始すると内蔵マイクで録音される場合があります。内蔵マイクとはスマホ本体に内蔵されている通話で使うマイクのことです。

もちろんこれでも録音はできるのですが、ライン入力よりも音がよくないし、揃えたケーブルなどの意味がないのでおすすめではありません。

 

この場合はマイクをライン入力(外部入力)に切り替えるための無料 Android アプリ「レッサー音声切り替え」を利用します。

アプリはケーブルをスマホに繋いでから起動します。

 

Output と Input を下の画像のように設定します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①と②からライン入力の設定をします。

①をタップして下の画像のように[4極 (マイク付き) ]を選択して[適用]をタップします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②をタップして、下の画像のように[イヤホン端子マイク]を選択して[適用]をタップします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これでライン入力ができるようになります。

なお、iPhone でも内蔵マイクから録音されてしまう場合はレッサー音声切り替えのようなアプリがあれば対応できるはずです。

 

② アプリを起動してからケーブルを挿した

意外とやりがちなのが「アプリを起動してからケーブルを挿す」だと思います。「こんなことで」と思われるかもしれませんが、これをやると録音できない場合があります。

「ケーブルを挿してからアプリを起動する」という手順を覚えておきましょう。

 

③ ケーブルの不具合や相性

「あれこれやってみたけどケーブルの不具合が原因だった」という事例は意外とあるようです。レビューを見ると新品でも初期不良によって録音できなかったというものがありました。

ケーブルに不具合がない場合でも、プラグとジャックの相性もあるようです。「何度か抜き差しをしたら録音できた」というレビューも見かけました。これはプラグとジャックの接触が理由だと考えられます。(録音アプリを先に起動した可能性もあります)

3極-4極変換アダプタケーブルの録音側の不具合は確認しづらいですが、他のスマホなどで試すか、ヘッドセットなどのマイクを繋いでチェックする方法があります。

 

4. 便利な使い方

今回の方法で録音できるということは、スマホで聞ける音声なら何でも録音できるということです。

思いついた活用方法をまとめておくので参考にしてみてください。

録音すると便利なもの

  • 洋画、海外ドラマ、日本アニメの英語版
  • YouTube
  • オーディオブック
  • テキスト読み上げ
    (電子書籍のオーディオブック化)
  • オンライン英会話の授業(要許可)

 

便利な使い方

  • 自動文字起こしの精度を上げる

洋画を録音する場合はチャプター毎に分けると便利です。こうすると学習したいシーンを探しやすくなるだけでなく、チャプター毎に繰り返し聞くと記憶に残りやすくなるのでおすすめです。

20分程度の海外ドラマや日本アニメの英語版の場合は丸ごと録音してもいいですし、10分程度にして前半と後半で分けると使い勝手がいいと思います。

 

「オーディオブック」の録音は audiobook.jp では音声ファイルをダウンロードできるので不要ですが、ダウンロードできないサービスでは録音すると便利です。

 

「テキスト読み上げ」機能を利用すると電子書籍をオーディオブック化できます。テキスト読み上げサービスではパソコンソフトやスマホアプリの他にもサブスクリプション型のウェブサービスがあります。

Windows 用ソフトでは「かんたん!AITalk3」があります。リンク先のページで任意のテキストを入力してデモ音声を確認できるので試してみてください。このくらいの品質であれば慣れると違和感なく聞けそうです。テキスト読み上げサービスを選ぶ際の基準にしてみてください。

 

「オンライン英会話の授業」を録音すると復習に便利です。自分の発音を聞くことにもなるので改善に役立ちます。なお、録音する場合は許可を事前に得てください。

 

スマホアプリで「自動文字起こしの精度を上げる」のにも利用できます。内蔵マイクよりもライン入力の方が精度が高くなるのでおすすめです。

Google ドキュメントの音声入力や高精度で文字起こしができる Android アプリ「音声文字変換&音検知通知」でライン入力が利用できることを確認しています。この場合もケーブルを挿してからアプリを起動します。

 

活用方法は他にもあると思うので色々と試してみてください。

 

IC レコーダーがおすすめ

今回紹介した方法で録音できるとはいえ、配線やアプリの起動が面倒ですし、スマホの着信や通知をオフにし忘れているとその音まで録音してしまってやり直しとなる可能性があります。

紹介しておいて身も蓋もないですが、私は録音には IC レコーダーを使います。より高音質で使い勝手もスマホで録音するよりもいいのでおすすめです。

今回紹介した方法は文字起こしにおすすめです。

 

オンライン英会話に疲れた? VR×AI で解決

コミュ以前に気持ちの切り替えが億劫

昨今は手軽に英会話学習ができるオンライン英会話サービスが一般化していますが、講師と話すのが恥ずかしい以前に人と話すのが億劫に感じる方も多いのではないでしょうか。私も日常と仕事でお疲れなときには「対話モード」への切り替えが面倒に感じます。

 

VR×AI なら独りで好きなときに自分が納得するまで学習できる

そこでおすすめなのが VR 英会話サービスの スマート・チューター です。VR 空間で AI 人物と会話するため好きなときにニュートラルな自分のままで英会話の練習ができますし、講師に余計な気を遣うことなく学習に集中できるでしょう。

レッスン予約や講師待ちはもちろん不要ですし、決められた時間にドキドキしながら準備して待つこともありません。むしろ、その時間を使って学習できます。

Smart Tutor 使用の流れ

 

AI ならではの会話感と弱点分析力

一般的な英会話学習アプリは選択問題なのでどうしても会話感は乏しくなりますが、スマート・チューターならよりリアルな英会話の練習ができます。なぜなら、AI の質問や返答が毎回変わるので選択問題よりも自由な回答が求められるからです。

さらに、AI が自分に合ったカリキュラムを作成する機能や、自分の話す速さが数値化される機能があるので弱点を効果的に改善できそうです。

加えて、リアルでは相手が言ったり自分が使ったりした英語表現を一撃で覚えた経験がある人も多いと思いますが、VR なら没入感と臨場感でこの現象が起きやすく学習効果アップに繋がるメリットもあるのではと考えられます。

\10日間の無料お試し実施中 (VR無料でレンタル中) /

5,000円引きとなる上記リンク専用コード[NEW50]のご利用をお忘れなく。

VR ゴーグルは無料でレンタルできるのでお得です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました