【 Mac 】Aegisub で字幕の表示時間を長くする方法

macbook

映画やドラマで英語学習をしていると「もっと字幕を長く表示させたい」と誰もが?思うもの。字幕ファイルによってできないものもありますが、長いもので0.1〜0.2秒ほども長くできます。たったそれだけかと思われるかもしれませんが、表示してみるとかなり違うのでおすすめです。

Mac では Aegisub というフリーソフトを使うと簡単にできるので、その方法をご紹介します。

※環境は、Mac OS 10.7.5、Aegisub 2.1.9 ですが、他のバージョンでも操作は同じです。

 

Aegisub 関連記事

 ›  字幕のタイミングを部分・全体的にずらして保存「 Aegisub の使い方 」

 ›  Aegisub で srt を保存しようとすると ass になるときの対処法

おすすめ字幕テクニック

 › 英語字幕と日本語字幕を同時に画面表示する方法

 

※当ブログは英語学習情報を紹介していますが、映画やドラマを使った学習のためにこうした情報も載せています。

Sponsored Link

 

 

1.  Aegisub とは

 

Mac 用の字幕の作成・編集ができるフリーソフト。動作はやや不安定ですが、慣れるとかわいいものです。アイコン以外は。

aegisub

 

2.  Aegisub で字幕の個々の表示開始・終了時間の差を確認  

 

字幕ファイルを Aegisub で開いたら、赤枠(字幕ファイルを開くとずらっと縦に並んでいます)を「 End 」→「 次の Start 」の順で見ていきます。この時間の差の分を長くすることができます。

※両者の時間がかぶっているものはできません
(一応できますが画面上で字幕がかぶるようになる)

一つ一つ設定することもできますが、大変なので一括で設定したいところです。その為に字幕の全てに共通する時間の差を確認します。合間なく会話するところを見るのがコツです。そうした部分をいくつか見るとだいたいのところが分かります。

 

Aegisub

 

3.  Aegisub で字幕の表示終了時間のみを長くする方法

 

字幕の全てに共通する時間の差を確認したら、メニューバーの Timing から Shift Timing を選択するか、ショートカット「 ⌘ I 」で以下の画面を開きます。

 

Aegisub Shift Timing

 

字幕の終了時間のみをシフトして長くする設定

画像のように設定します。Times の項目(緑枠)で「 End times only 」を選択します。こうすると字幕の表示の終了時間のみが変更されます。つまり、ここを Forward することで字幕の表示時間を長くできるわけですね。

Time には先ほど確認した時間の数値を入力します(画像では2秒になってますが、そんなに長くできるものは余程セリフが少ないもの以外はないですね・・・)。

 

字幕の表示時間がかぶっていないか確認

OK をしたら字幕の表示時間がかぶっていないか確認します。最初から最後まで ↓ キーで字幕をざっと見ていきます。かぶっている箇所は赤く表示されるので、やり直したりして調節します。

※Start と End の時間が同じでも問題ありません。End の数値が Start より大きくなると赤く表示されます。

確認して問題なければ「 ⌘ S 」で保存します。

Sponsored Link

 

4.  おわりに

 

Aegisub は他にも様々なことができますが、英語学習に関しては今回紹介したことと、下記リンクにまとめたことで十分かと思います。参考にしてみてくださいね。

Sponsored Link

 

おすすめ字幕テクニック

 › 英語字幕と日本語字幕を同時に画面表示する方法

Aegisub 関連記事

 › 字幕のタイミングを部分・全体的にずらして保存「 Aegisub の使い方 」

 › Aegisub で srt を保存しようとすると ass になるときの対処法

 


メールアドレスが公開されることはありません。