どんなに細かい英語の音も字幕作成ソフトを使って聞き取る方法

Aegisub はフリーの字幕作成ソフトですが、英語学習にも利用できます。

例えば、洋画や海外ドラマの音声(または動画)ファイルと字幕ファイルがあれば、字幕の部分のみの音声を再生することができるのでリスニング学習に便利ですし、スクリプトを使ったリーディングにも利用できます。

音楽では歌詞を入力してフレーズ毎に練習する使い方もありますね。

今回はさらにこの再生機能を使って、細かい英語の音を聞き取るための方法をご紹介します。また、カラオケ字幕作成機能を使った方がやりやすいかもしれないので、その方法も合わせてご紹介します。

Sponsored Link

おすすめ記事

 › 洋画・海外ドラマで英語学習する方法・コツまとめ

 › 洋画・海外ドラマを見ていたら英語リーディングにも効果があった学習法

 › 英語字幕と日本語字幕を同時に画面表示する方法(パソコン・スマホ・テレビ)

エクササイズコーヒー

この記事で利用している動作環境

 

Mac 版での紹介ですが、Windows 版も操作や見た目は同じなので参考にしていただけます。

  • Mac OS X 10.7.5
  • Aegisub 3.2.1

Aegisub の最新版は 3.2.2 ですが私の環境では動かないのでひとつ古いものを使用しています。

ちなみに、Aegisub 2 では動作がやや不安定ですが、こちらの方が使いやすいところもあります。

↓ダウンロード先
http://www.aegisub.org/downloads/

※ダウンロード&インストールは自己責任でお願いします。

 

おおまかな手順

 

手順をざっくりとまとめると以下のようになります。

  • 字幕ファイルをダウンロード
  • 字幕ファイルを Aegisub で開く
  • Aegisub に音声(または動画)ファイルを読み込ませる
  • 聞き取れない箇所のみをリスニング

字幕ファイルのダウンロードについては、

 › 洋画・海外ドラマ・邦画の英語字幕を無料ダウンロードする方法

に書いているので参考にしてください。

動画ファイルでもできるのですが、音声ファイルの方がしやすいです。これについては後述します。

 

1.  Aegisub で字幕ファイルを開く

 

Aegisub で字幕ファイルを開くには、Aegisub を起動後にメニューバーから「ファイル → 字幕を開く」と進んで字幕ファイルを選択します(または「 command  O 」)。

Finder からは、字幕ファイルを右クリック、「このアプリケーションで開く」から Aegisub を選択します。デフォルト設定されていれば字幕ファイルを開くだけで OK です。

 

2.  Aegisub に音声ファイルを読み込ませる  

 

Aegisub に音声ファイルを読み込ませるには、メニューバーの「音声」から「音声ファイルを開く」と進んで選択します。

このとき、私の環境( Mac )では動画ファイル( mp.4 など)を選択すると音声ファイルのみが読み込まれます。

Windows 版では私が使ったものではこれはできなかったので、メニューバーの「映像」から「映像を開く」と進んで動画ファイルを選択することになると思います。

しかし、この場合は下の画像のようにウィンドウ上部の左半分に動画確認のためのスペースが表示されるので、作業(学習)がしづらくなってしまいます。

できれば音声ファイルを用意した方が学習しやすいです。

↑動画と音声ファイルを読み込んだ Aegisub の画面

画面上部の左が動画、右が音声用です。

 

3.  音声部分の見方と再生方法

 

ここでは音声部分の見方と音声の再生方法をご説明します。

下の画像は Aegisub に音声ファイルのみを読み込ませたところです。

音声部分の見方

画面上部の波形が音声を表していて、横軸が時間、縦軸が音量を表しています(波形のあるところがセリフです)。

字幕を選択している部分の音声が赤と青の括弧で区切られます。赤は始点、青は終点です。白の括弧は一つ前のセリフの部分ですが、今回は関係ないので無視して大丈夫です。

音声再生方法

音声を再生するには、画面左の赤枠のところの再生ボタンを押します。字幕を選択した部分の音声が再生されます。

もしくは、テキスト入力欄の外をクリックした状態でスペースバーを押します。

ちなみに、再生ボタンの左は「前・次の字幕の選択」、右は「停止」です。さらに右は再生時の始点や終点の違いにより細かく用意されていますが、今回は使わないので解説は省きます。

字幕部分をテキストを確認しながら1文ずつ聞けるので、リスニング学習に便利ですよね。

 

次の項目では聞き取れない箇所のみを再生して聞く方法をご紹介します。

 

4.  通常モードでリスニング

 

ここからがようやく本題です。

再生位置を聞き取れない部分だけに調節する

先ほどの画像で赤と青の括弧がありましたが、それぞれドラッグすることで再生位置を調節できます。

つまり、聞き取れない箇所のみに再生位置を合わせることでその部分を何度も繰り返し聞くことができるようになります。

例えば、例文(良い例文ではありませんでした…)で to が聞き取れなかったら、音声を再生して波形と見比べながら「 How to use 」の部分のみに括弧を狭めます。
(ちなみに how to の to はしばしば how にくっ付いて howlu のようになりますね)

聞き取れない部分だけ繰り返し聞く

そして聞き取れるまで繰り返し再生てリスニングします。5〜10回も再生すれば聞き取れるようになると思います。

聞き取れるようになったら再生位置を元に戻してもう一度聞いてみます。するとあら不思議、聞き取れなかったところがはっきり聞き取れるようになっています。

再生位置を元に戻すには、一度他の字幕行をクリックして、もう一度元の行をクリックします。enter を押さないと再生位置の変更は反映されないので、簡単に戻せます(押してしまったら「 command  Z 」で戻します)。

 

5.  カラオケモードでリスニング

 

通常モードでもできるのですが、カラオケモードを使った方が再生位置を合わせやすい方もいると思うので、こちらも紹介します。

下の画像はカラオケモード機能を ON にしたところです。

カラオケモードを ON にするには、上の画像の赤枠のアイコンをクリックします。

赤青の括弧内が、自動的に黄色の点線で単語毎に細かく分割されます。

再生ボタンを押すと、この点線で区切られた区間のみが再生されます。

再生したい区間は、点線の間をクリックすることで選択できます(画像では How のところが選択されています)。

再生位置の調節は黄色の点線をドラッグするとできるので、通常モードの時と同じようにリスニングします。

カラオケモードを終了するにはもう一度赤枠のアイコンをクリックします。

実は、例文は全く関係ない音声に入力したのですが、それっぽくなっていますね。1単語目は音がない部分になるようです。

 

次に、この機能でリスニングするときに便利な機能をご紹介します。

 

6.  便利機能

 

ここでは、この機能でリスニングするときに便利な機能「テキストサイズの調節」「音量調節」「水平方向ズーム」の3つをご紹介します。

テキストサイズの調節

画像中央の赤枠がテキスト入力欄ですが、デフォルトでは小さくて見づらいと思いますが、サイズを調節できます。

(※Windows 版は分かりませんが、似たような動作を試すとできるかも)

テキスト入力欄の上にマウスのポインタをおいた状態で、「 command 」を押したままマウスを上にスクロールするとテキストが拡大、下にスクロールすると縮小されます。

また、「 command  caps lock 」でも縮小されるので、スクロールで大きくしておいてからこのショートカットで微調整するとやりやすいです。

あまり大きすぎても見づらいので、見やすい大きさに調節してみてください。

ちなみに画像のは分かりやすく一番大きいサイズにしています。

音量調節

画像上部の右端にあるスライダーで音量を調節できます。あまり大きくすると音割れするようなので、基本的な調節はパソコン本体のマスターボリュームでしつつバランスを取ってみてください。

水平方向ズーム

音量調節スライダーの2つ左隣りのスライダーで音声波形を水平方向にズームできます。

今回使用した画像のうち、カラオケモードのところに貼ってある画像ではこのズーム機能で拡大しています。

左右に引き延ばして表示されるイメージなので、部分的にリスニングしたいポイントを探しやすくなると思います。

Sponsored Link

7.  それでも聞き取れないときは・・・

 

この機能を使っても聞き取れない原因は以下のことが考えられます。

  • 発音されていない
  • 区切りを間違えている
  • カタカナ発音に当てはめて聞き取ろうとしている

発音されていない

例えば「 You had better 〜 」という決まり文句は had を省略されることがあります。この場合 had はネイティブでも絶対に聞き取れません。

区切りを間違えている

ちょっと良い例文が浮かばないのですが、例えば「 with it 」の th が聞き取れないときは、wi/th/it と区切りがちかもしれませんが、wi/thit や wi/thi/t などと区切りを変えて聞いてみます。

英語では3つくらいの単語が1つの音として発音されることも普通なので、より大きな区切りで聞いてみるのも方法です。

カタカナ発音に当てはめて聞き取ろうとしている

先ほど「 how to 」はしばしば howl のように発音されると少し書きましたが、ハウルと発音されているものをハウトゥーと聞き取ることはできません(分かりやすくするためにカタカナで書いています)。

「あざっす」が「ありがとうございます」と聞こえないのと同じです。カタカナ発音に当てはめて聞き取ろうとしている限り英語を聞き取ることは一生かかっても無理なので、英語の音を英語のまま聞きとる癖をつけましょう。

 

8.  おわりに(細かく聞きすぎても・・・)

 

こんな記事を書いておいて反対のことを言うようになってしまいますが、特に英会話では細部にこだわると相手が言いたいことが分からなくなってしまいます。

英語の音に注目するよりも、相手の言いたいことに注目して内容をイメージした方が言いたいことが分かるものです。

日本語だと一字一句聞き漏らさずに聞くことはしないで、相手の言いたいことを要点だけ聞いて間の内容を勝手にでっち上げて理解していると思います(メールでもそうですね、誤解の原因です)。

この能力を英語でも獲得するには音読やリーディング学習などで英語の言葉を大量にインプットするしかないかな、と思っています。大量にインプットされているからこそ、聞き取れなくてもその間を補正して内容を理解できます。また、次に言うであろうことを予測することもできますね。

今回ご紹介した方法を普段のリスニング学習に取り入れて細かい苦手な音を克服しつつ、会話では聞きすぎずイメージするようにすれば良いバランスで学習できるかと思います。

リーディングに関しては、

 › 洋画・海外ドラマを見ていたらリーディングにも効果があった学習法

 › 洋画、海外ドラマの英語スクリプトで多読・音読

 › 絶対!英語リーディング力があがる「ABリピート音読」

といった記事を書いているので、参考にしてみてください。

 

英語学習にぴったりの映画・ドラマが見つかりませんか?

Hulu なら2週間の無料期間中に探し放題・見放題。
英語字幕で見れる作品が多いので英語学習におすすめです。
一部のドラマは1話目のみ会員登録ナシで見れますよ。

 ›【 Hulu 】1話目無料で見れる海外ドラマまとめ

 

 ›› Hulu で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!

Sponsored Link

この記事を読んだ方におすすめ記事

 ›【 Aegisub 】洋画・海外ドラマのセリフ音声を抽出する方法

 › 洋画・海外ドラマを見ていたらリーディングにも効果があった学習法

 › 邦画の英語字幕をダウンロードして英語学習に活用する方法まとめ

 › 英語字幕と日本語字幕を同時に画面表示する方法

 › 洋画・海外ドラマで英語学習する方法・コツまとめ

 › 洋画・海外ドラマの英語スクリプトを無料で入手する方法


メールアドレスが公開されることはありません。