【 Mac 】テキストエディットで英単語を予測変換する方法

Mac 標準のテキストエディットは動作が軽くメモ代わりにも便利なので使っている方も多いと思いますが、長く使っていると、見た目はシンプルながら実は多機能であることに驚かされます。

今回は、私が偶然発見した英単語の予測変換機能をご紹介します。英文を書く機会が多い方に便利な機能だと思います。

 

※ショートカットを必要とするので予測変換とするよりは候補の表示とする方が正確かもしれません。

 

 

Mac 関連おすすめ記事

 › macOS 標準の英語学習に便利ではかどる機能7選

1. ショートカットで英単語の候補を表示  

 

やり方はとても簡単で、スペルをいくつか入力してショートカットで「⌘ .(コマンド+ドット)」するだけ。画像は「 engl 」とタイプして「 ⌘ . 」したところです。

あとは「 ↑ or ↓ 」で選んで enter するかマウスでクリックします。

スペルをしっかり覚えている時はタイプした方が速いと思いますが、あやふやなときに便利ですね。

mac-textedit-predictive-transform

 

2. 操作を間違えて偶然発見

 

この機能は偶然見つけました。たぶん、環境設定を開こうとして間違えてコンマではなくピリオドを打ってしまったんだと思いますが、その時はしばらく何が起こったのか分からずに自分がしそうな動作を試して発見に至りました。

 

 

3. おわりに(無料ソフトであんなことも…)

 

今回ご紹介した機能はテキストエディット以外にもスティッキーズと辞書アプリで検索するときにも使えますよ。

Mac は標準のソフトがかなり便利ですよね。英語学習では「辞書」はもちろん、QuickTime でオンライン英会話の録画(許可必須)をするなんてこともできると思います。

 

関連記事

 › macOS 標準の英語学習に便利ではかどる機能7選

 

Mac 標準機能ではありませんが、字幕作成ソフトなどの無料で使えるソフトの英語学習への応用では以下の記事を紹介しています。

オンライン英会話に疲れた? VR×AI で解決

コミュ以前に気持ちの切り替えが億劫

昨今は手軽に英会話学習ができるオンライン英会話サービスが一般化していますが、講師と話すのが恥ずかしい以前に人と話すのが億劫に感じる方も多いのではないでしょうか。私も日常と仕事でお疲れなときには「対話モード」への切り替えが面倒に感じます。

 

VR×AI なら独りで好きなときに自分が納得するまで学習できる

そこでおすすめなのが VR 英会話サービスの スマート・チューター です。VR 空間で AI 人物と会話するため好きなときにニュートラルな自分のままで英会話の練習ができますし、講師に余計な気を遣うことなく学習に集中できるでしょう。

レッスン予約や講師待ちはもちろん不要ですし、決められた時間にドキドキしながら準備して待つこともありません。むしろ、その時間を使って学習できます。

Smart Tutor 使用の流れ

 

AI ならではの会話感と弱点分析力

一般的な英会話学習アプリは選択問題なのでどうしても会話感は乏しくなりますが、スマート・チューターならよりリアルな英会話の練習ができます。なぜなら、AI の質問や返答が毎回変わるので選択問題よりも自由な回答が求められるからです。

さらに、AI が自分に合ったカリキュラムを作成する機能や、自分の話す速さが数値化される機能があるので弱点を効果的に改善できそうです。

加えて、リアルでは相手が言ったり自分が使ったりした英語表現を一撃で覚えた経験がある人も多いと思いますが、VR なら没入感と臨場感でこの現象が起きやすく学習効果アップに繋がるメリットもあるのではと考えられます。

\10日間の無料お試し実施中 (VR無料でレンタル中) /

5,000円引きとなる上記リンク専用コード[NEW50]のご利用をお忘れなく。

VR ゴーグルは無料でレンタルできるのでお得です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました