英語音声のみ OK!YouTube で自動文字起こし / 字幕生成&ダウンロード+語学活用

IC レコーダーなどで録音した音声から、英語の議事録を作る、オンライン英会話スクールの授業の復習といった目的で、音声だけでなく文字でも保存したい場合があると思います。

ただし、文字起こし(書き起こし)には時間がかかります。無料で使える Google ドキュメントで行う方法でも、最短で音声と同じ時間がかかります。

 › 英語の文字起こしを音声入力で自動化する方法・コツ( Google ドキュメント)

 

しかし、同じく無料で使える YouTube では動画をアップロードするだけで、自動的に短時間で高精度の文字起こしができるのに加えて、字幕ファイルまで自動で作ってくれます。

オンラインサービスなのでネット環境は必要ですが、ソフトのインストールは不要です。

音声ファイルしかなくてもこの便利な機能を使う方法と、YouTube で起こしたテキストの確認方法、字幕ファイルのダウンロード方法を紹介します。

さらに、英語学習での活用方法も合わせて紹介します。自分では聞き取れない英語も文字起こししてくれるかもしれないですよ。

 

なお、動画をアップロードしても、しただけでは公開されません。

なおなお、私は YouTuber ではありません。

 

 

▽起こせなかったときの対策

 › 英語の文字起こしで聞き取れないときの対策14

 

■文字になるボイスレコーダー& AI ボイス筆談機

録音した音声ファイルを自動でテキスト化できるボイスレコーダー「AutoMemo(オートメモ)」は、録音、再生だけでなく会議メモや議事録、取材記事などを作成する際に役立ちそうです。また、会話をテキスト化できる AI ボイス筆談機「ポケトークmimi」は語学にも便利そうです。どちらも「ソースネクスト」サイトにて紹介されているのでチェックしてみてください。

 

 

 

 

 

 

「鬼滅の刃」アニメ英語版でちょっと学習していきませんか?

 › 鬼滅の刃|英語吹替 YouTube 動画を対訳化&セリフ解説

鬼滅の刃の「柱」を紹介する英語版 YouTube 動画からスクリプトを対訳にして英語表現や発音がどう聞こえるかなど詳しい解説をつけました。英語学習のポイントとなるものや分かりにくいものを取り上げ、なぜその意味になるのか言葉のニュアンスやイメージから解説して...( more )

 

 

1. 音声ファイルをアップロードするために

 

  • 音声ファイルを動画ファイルに変換(動画化)
  • スライドショー動画を作成

 

YouTube に音声ファイル( mp3 など)はアップロードできないので、動画ファイル( mp4 など)に変換します。

無料ソフトやオンラインツールを使って変換できますが、それらを使いたくない場合は音声付きのスライドショー動画(静止画動画)を作成する方法があります。

適当な画像ファイルを用意して、文字起こしや字幕作成したい音声ファイルを音楽として追加します。

 

Mac も Windows も標準のアプリケーションで作成できます。

 

▽ Mac の場合

 ›› Mac の「写真」でスライドショーを作成する – Apple サポート

 

▽ Windows の場合

 ›› Windows 10 でビデオを作成、編集する – Microsoft Support

 

 

2. YouTube に動画をアップロード

 

YouTube に動画をアップロードするには、Google アカウントが必要です。

 ›› Google アカウントの作成 – Google アカウント ヘルプ

 

Google アカウントを作成したら、YouTube に動画をアップロードします。

 ›› 動画のアップロード – YouTube ヘルプ

 

 

3. 自動文字起こし / 字幕生成&ダウンロード

 

3-1. 動画の言語を確認
3-2. テキストのみほしい場合
3-3. 字幕ファイルをダウンロード
3-4. 動画の削除

 

YouTube に動画をアップロードすると、自動で文字起こしと字幕が生成されます。

動画によって文字起こしと字幕生成に時間がかかる場合があるようです。

 

その他、次の YouTube ヘルプを確認しておくとスムーズに作業できると思います。

 

▽自動字幕起こし機能を使用する

※以下は省略しています。

この機能は、YouTube Studio のベータ版ではまだご利用いただけません。YouTube Studio ベータ版(studio.youtube.com)を使用している場合は、左側のメニューにある [従来のクリエイター ツール] を選択してから以下の手順に従ってください。

 ›› 自動字幕起こし機能を使用する – YouTube ヘルプ

執筆時(2019年6月)、ブラウザは Google Chrome で [ YouTube Studio ベータ版] でも自動字幕起こし機能は利用できたので、情報が更新されていないのかもしれません。

Safari では「従来のクリエイターツール」でないと自動字幕起こし機能は利用できないようでした。

 

▽文字起こしファイル作成のおすすめの方法

※以下は省略しています。

文字起こしに特に適しているのは、音声品質が良好で会話が聞き取りやすい 1 時間以内の動画です。文字起こしファイルの言語と動画内で話されている言語は一致している必要がある点にご注意ください。

 ›› 文字起こしファイル作成のおすすめの方法 – YouTube ヘルプ

音声が1時間を超える場合は、分割すると良さそうです。

 

 

3-1. 動画の言語を確認

 

動画のアップロードが完了すると、下の画像のページが表示されます。

 

 [詳細設定] タブをクリックして [動画の言語] を確認。

実際の動画の言語と異なっていたら変更します。

 

 

3-2. テキストのみほしい場合

 

先ほどの画像で、ページ左上部分のサムネイルをクリック

YouTube 動画を見るページで、動画の右下部分の […] をクリック

 [文字起こしを開く] をクリック

時間表示がいらない場合は [︙] をクリック

 [タイムスタンプ表示を切り替える] をクリック

ドラッグしてコピペ

※テキストをクリックするとその地点から動画再生

※ [文字起こしを開く] がなければ待ち、ときどきブラウザを再読み込み。

 

 

3-3. 字幕ファイルをダウンロード

 

先ほどの画像で、ページ左上部分のサムネイルをクリック

YouTube 動画を見るページで、動画の右下部分の青枠 [動画の編集] をクリック

①メニュー [三] →  ② [その他の機能] →  ③ [翻訳 / 文字起こし]

 

 [英語(自動)] をクリック

※この表示があれば文字起こしは完了。なければ待ち、ブラウザを再読み込み。

 

ページ右上部分の [編集] をクリック

そのままページ右上部分の [変更を保存] をクリック

ページ中央右部分の追加された [英語] をクリック

 

ページ左上部分の [操作] をクリック

 [ .srt ] をクリック(ダウンロードされる)

 

ここで、Safari の場合は新規ウィンドウでテキストが表示されました。

Mac をお使いの場合は、テキストエディットにコピペして、標準テキストとして保存後(メニューバー → フォーマット →  標準テキスト)、Finder で拡張子を .srt に変更します。

 

↓ポイント

途中、[ 英語(自動)] をダウンロードしてもよさそうなのですが、ダウンロードした字幕ファイルを確認すると字幕の時間がおかしく、動画に表示すると見づらくなっていました。一度保存すると YouTube 上と同じになりました。

 

 

3-4. 動画の削除

 

字幕をダウンロードしたページからは、次の順で動画を削除できます。

 

1. ページ右上部分の [ YouTube Studio に戻る] をクリック

2. ページ上部分の動画タイトルの右横のアイコン [︙] をクリック

3. 削除をクリック

4.  [ドラフト版動画を YouTube から完全に削除すると元に戻せなくなることを理解しました。] にチェックを入れて [ドラフト版動画を削除する] をクリック

 

なお、動画を削除する方法は他にもいくつかございます。

 

 

4. テキストや字幕を翻訳

 

YouTube では自動で文字起こしされたテキストや字幕の翻訳を自動ではできないようです。

ですが、同じ Google のサービスである Google 翻訳を使うと自動で翻訳できます。

 › 英語字幕ファイルを日本語化する方法( Google 翻訳 )

 

字幕ファイルを翻訳する方法ですが、テキストも同様にできます。

 

対訳にもできます。

 › 洋画・海外ドラマの対訳スクリプト&字幕の作り方(無料)

 

 

5. 字幕ファイルを英語学習にフル活用

 

5-1. 字幕を動画に表示
5-2. 字幕作成ソフトで学習
5-3. YouTube で学習する場合

 

 

5-1. 字幕を動画に表示

 

YouTube からダウンロードした字幕ファイルは VLC などのメディアプレイヤーで動画とともに再生できます。

 ›› VLCメディアプレイヤーの公式ダウンロード

 

始めに作った動画に字幕を表示すれば、オフラインでも学習できます。

やり方は、無料で使える VLC ではいくつかありますが、シンプルなのは動画を再生中に字幕ファイルをウィンドウにドラッグ&ドロップです。

他のやり方は、下記リンクの記事で紹介しています。

 › 英語字幕と日本語字幕を同時に画面表示する方法(パソコン・スマホ・テレビ)

 

関連記事

 ›【 VLC 】語学に便利な機能とショートカットまとめ

 

 

5-2. 字幕作成ソフトで学習

 

字幕作成ソフトには、字幕を動画を見ながら確認する、音声を字幕部分のみ再生する、といった字幕の作成や編集ができる機能があり、これらは語学にも便利な機能です。

文字起こしにも活用できると思います。

 

無料で使える Aegisub では下の画像のような感じです。

↓Aegisub ダウンロード

 ›› http://www.aegisub.org

 

 

他の記事の画像の使い回しなので分かりにくいかもしれませんが、左上の黒い部分に動画と字幕が表示されます。

その右の、波形が音声で、白と赤の線がそれぞれ選択中の字幕の始点と終点です。

字幕と音声のみでの作業もできます。

 

Aegisub の使い方は↓が参考になると思います。

 › どんなに細かい英語の音も字幕作成ソフトを使って聞き取る方法

 

 

YouTube でも同様に作業できますが、Aegisub はオフラインでも使えますし使い勝手自体が良いと思います。

 

関連記事

 ›【 Aegisub 】洋画・海外ドラマの字幕毎にセリフ音声を抽出する方法

 

 

5-3. YouTube で学習する場合

 

「3-2. テキストのみほしい場合」で紹介した、テキストをクリックするとその地点から動画が再生される機能は、学習に便利そうであれば利用してみるといいかもしれません。

共有する場合は公開設定を適したものに変更します。

 

↓公開設定

ドラフト:自分のみが見れる

非公開:自分と指定した人のみが見れる

限定公開:URL を知っている人のみが見れる

 

限定公開は共有しやすいですが、拡散の可能性がありますね。

 

 

6. 洋画・海外ドラマ・アニメの文字起こしをする場合  

 

▽洋画・海外ドラマは各種サイトで

洋画や海外ドラマのスクリプトや字幕は、よほど古すぎたり新しすぎたりしない限り、スクリプトサイトや字幕サイトからダウンロードできるので、それらを利用した方が手っ取り早いです。

 › 洋画・海外ドラマの英語スクリプトを無料で入手する方法

 › 英語字幕を無料ダウンロードできるサイト(洋画・海外ドラマ・邦画)

 

▽日本アニメは…

日本アニメ(海外版 DVD / Blu-ray )では、スクリプトサイトや字幕サイトのものは英語のセリフと異なる場合が多いです。

セリフと同じものがほしい場合、今回の方法を試してみたくなるかもしれません。

とはいえ、自分が著作権を持たない動画を YouTube にアップロードするのは、公開はしないとしてもいけない感じがします。

 

その場合は↓にて紹介の方法があります。

 › 英語の文字起こしを音声入力で自動化する方法・コツ( Google ドキュメント)

 

音声をパソコンやスマホのアプリで文字起こしするだけで、どこかにアップロードしたり公開したりすることはありません。

 

 

7. 音声にノイズがある場合

 

音声にノイズや音楽があると文字起こしができない場合があります。他の文字起こしアプリを試す方法もありますがノイズが原因であれば難しいと思います。

 › 英語の文字起こしで聞き取れないときの対策14

 

ノイズの除去は無料の音楽作成ソフト Audacity にその機能があります。

 ›› Audacity(公式サイト)

 

使い方は「 Audacity ノイズ除去」と検索してください。難しくはないと思います。

 

音楽の場合はボーカルや楽器ごとに分離する spleeter というオープンソースがあります。こちらも使い方は検索してください。

 

 

8. おわりに(苦手はこれから)

 

今回は試しに短い動画で行いましたが、次の点が苦手なようでした。

  • 人名
  • 話者ごとに分ける
    (字幕の2行目の途中から別の話者となったり)

人名は一般的な名前でないと文字起こしは難しいようです。ただし、違っていても分かりやすいので気づきやすいし修正もしやすいですね。

他にも YouTube ヘルプにあるように、不明瞭だったりノイズがあると難しくなるようです。

日々進化しているようなので、この辺りも改善されていくかもしれないですね。

 

ご自身の英語学習に合うように、活用してみてください。

 

↓合わせて活用

 › 英語字幕ファイルを日本語化する方法( Google 翻訳 )

 › 英語の文字起こしを音声入力で自動化する方法・コツ( Google ドキュメント)

 › どんなに細かい英語の音も字幕作成ソフトを使って聞き取る方法

 

▽洋画や海外ドラマを使ったおすすめ学習方法

 › プラダを着た悪魔|英語学習を天使化するおすすめ方法

 

 

 おすすめ学習書籍(オーディオブック)

洋画や海外ドラマで英語学習をするようになり数年、「こんなにシンプルで短く言えるんだ」というセリフに出会うものの、恥ずかしながらその法則が分からずにいました。英語の発想で文を組み立てる意識はしていたものの、どうしても反射的に[日本語 → 英語]の翻訳をしていました。

そんなとき、中山裕木子著「会話もメールも 英語は3語で伝わります」という本を読むと(正確にはオーディオブックのサンプルを聞くと)、目から鱗が落ちて SVO が鍵だと納得しました。

 

一番良いのは「 SVO で英文を作る」と決めておくと迷わなくなり余計な脳力を使わなくなるところです。さらに、言いたいことを組み立てるときの道が増えた感じがします。この方法に慣れると、同じ内容でも SVO で作る場合と be 動詞や受動態などで作る場合のニュアンスの違いを理解し、最適な文法を選択してより幅広く自由な英語表現ができるようになるはずです。

おまけ的に、SVO を意識する癖をつけると英語を聞く場面では内容を予測しやすくなるのでリスニング力向上にもなります。おまけとしては大きな効果です。

 

会話もメールも 英語は3語で伝わります [ 中山 裕木子 ]
by カエレバ

 

オーディオブックは audiobook.jp にて無料で一部をサンプルとして聞けるので、ぜひ聞いてみてください。英語学習にお金を使わないスタイルの私ですが、月額プランのボーナスで購入したのでカウントしていません。。

 

↓サンプル視聴先

 › 会話もメールも 英語は3語で伝わります

 

オーディオブックは通勤や通学のスキマ時間や、家事などをしながら聞くのがおすすめです。時間がなくても「1日1トラックを繰り返し聞く」と頭に入りやすいです。倍速版もあり、慣れるとこちらの方が集中して聞けるし、復習に便利で時短にもなるのでおすすめです。

 › 洋書の英語負担を軽くするオーディオブック学習・活用法

 

 

 


0

5 thoughts on “英語音声のみ OK!YouTube で自動文字起こし / 字幕生成&ダウンロード+語学活用

  1. とらじろう

    YouTubeの字幕の文字起こしの方法はわかりました。
    文字起こしからダウンロードの方法を模索していたところです。たまたま管理人さんのブログに出会いました。
    内容が濃いです。ブログの内容に関してお尋ねしてよろしいでしょうか。

    1. manma Post author

      コメントをいただきありがとうございます。
      何なりとお尋ねくださいませ。

  2. とらじろう

    管理人さんどうもありがとうございます。
    目的は英語の字幕をダウンロードです。翻訳までは考えていません。

    >3-3. 字幕ファイルをダウンロード
    9/28からは、動画の作成者以外できなくなったそうですが、
    3-3の説明が活かされなくなったと解釈してよろしいでしょうか

    今のままでは右下の横点3つから、「文字起こしを開く」でコピペするしかないです。

    その他として
    ・Downsubというアプリ←あまり役に立ちそうもない
    ・Online YouTube subtitles downloade←使い方がわからないので判断できない
    https://www.dvdvideosoft.com/online-youtube-subtitles-download

    管理人さんのブログで書かれていた
    ・VLC
    ・Aegisub
    などはどうでしょうか。私の目的に合っていますでしょうか

    アドバイス頂ければありがたいです。

    1. manma Post author

      YouTube で生成された字幕ファイルをダウンロードする手順を大まかにまとめると次の通りです。

      動画をアップロード

      字幕が自動で生成される

      生成された字幕ファイルをダウンロード

      >>9/28からは、動画の作成者以外できなくなった<<
      「動画の作成者=動画をアップロードした人」なので3-3の方法は有効だと考えられます。
      ただし、私はしばらくこの機能を利用していないので現在は有効ではないかもしれませんし、有効である場合も YouTube の仕様変更により使い方が変わっているかもしれません。
      そのため「3-3の説明が活かされなくなった」かどうかは分かりません。
      また時間があるときに試してみます。

      アプリやリンク先のオンラインサービスについては利用したことがなく、分かりません。
      VLC と Aegisub は字幕のダウンロードには利用しません。

      以上、参考になりましたら幸いです。

      1. とらじろう

        回答ありがとうございます。

        >VLC と Aegisub は字幕のダウンロードには利用しません。
        この情報だけでもありがたいです。

        >字幕が自動で生成される
        これは作成者が入力しなくてもAIなどによって自動的に生成されるのですね。

とらじろう へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください