【洋画 DVD】「セリフ→小さい、効果音→大きい」対策まとめ

洋画の DVD で英語学習をしていて、効果音や音楽がうるさくて音量を下げたら、今度はセリフの音量が小さくて聞こえづらくて音量を上げたら、今度は効果音がうるさくて…、と学習意欲が削がれてしまわないよう、その対策をまとめました。

英語学習でなくとも、映画やドラマを見ているときに大きい効果音にびっくりする、近所迷惑になる、といったことの対策にもなります。

ご注意
この記事でご紹介している対策は素人の英語学習者の思いつきとネットで調べたものをまとめたものです。間違いがあるかもしれないこと、音の感じ方には個人差があり対策をしても希望通りの効果が得られるかは分からないことを予めご了承くださいませ。

1. 音量差問題が起きる原因

 

対策の前に、まずはこの「セリフ→小さい、効果音→大きい」という音量差の問題が起きる原因について確認しておきます。機械モノが苦手な方にも分かりやすいように、なるべく簡単にご説明します。

多くの DVD には 5.1ch サラウンドという音声の出力システムの構成に対応した音声記録(ざっくりと言えばホームシアターできる音声)が用いられています。

DVD を対応機器で再生すると、視聴者の前後左右を囲むように配置した6つのスピーカーに映像の中でそれぞれの方向から聞こえるそれぞれ異なる音声が出力されるので、家庭でも映画館のような臨場感のある音響を体験できます。

この音声をテレビのスピーカー(ステレオスピーカーやイヤホンなど)へ出力する場合には、6つの音声が2つの音声に統合されて出力されます。

この時の統合のされ方が音量差問題が起きる原因で、セリフと効果音や BGM の音量の差が大きくなってしまった場合に音量差問題が起きます。

また、この場合にテレビや DVD プレイヤーの音声出力が 5.1ch に設定されていると統合されていない音声が出力されるので、セリフの音声の割合が少なくなることも原因です。

 

2. テレビ・DVD プレイヤーでの対策

 

  • テレビの音質設定を変更する
  • テレビのサラウンド設定をオン・オフにする
  • DVD プレイヤーのサラウンド設定をオン・オフにする
  • センタースピーカーを使う(ホームシアター)
  • パソコンで再生、テレビで視聴

 

テレビの音質設定を変更する

すぐできる対策としては、テレビ本体の音質設定を変更する方法です。メーカーによって名称は異なると思いますが、「はっきり」や「くっきり」に設定をすると声(セリフ)が聞き取りやすくなるのでボリュームをいくらか下げられるかもしれません。

ただし、音量差を縮めるための機能ではないので、ボリュームを下げられたとしても効果音や音楽を大きいと感じるかもしれません。また、音声を不自然に感じる、はっきりと聞こえすぎて耳が疲れる、といったことが起こるかもしれません。

 

テレビのサラウンド設定をオン・オフにする

こちらもすぐできる対策で、テレビにサラウンド設定があればオンとオフを切り替えます。

こちらも音量差のための機能ではないので効果を感じられないかもしれませんが、聴き比べてみてはいかがでしょうか。

 

DVD プレイヤーのサラウンド設定をオン・オフにする

テレビの場合と同様に、DVD プレイヤーにサラウンド設定があればオン・オフ( 5.1ch・2ch )を切り替えて聴き比べます。

こちらも音量差を縮めるための機能ではないので、効果があるかどうかは微妙なところです。

なお、お使いのテレビと DVD プレイヤーのどちらにもサラウンド設定がある場合には、どちらかをオン、どちらもオフ、のように試してみることもできます(テレビの設定は自動的にオフになるかも)。

 

センタースピーカーを使う(ホームシアター)

5.1ch サラウンドでは、セリフの音声は主にセンタースピーカーと左右のフロントスピーカーの3つのスピーカーによって出力されます(後ろから声をかけられるシーンでは後方のスピーカーからも出力されるかもしれません)。

下のイラストでは、茶色の枠がスピーカーで、真ん中がセンタースピーカー、左右がフロントスピーカーです。

 

このことから、左右のフロントスピーカーに加えてセンタースピーカーを使う対策が考えられます。

これ以上の対策があるとすれば、左右のフロントスピーカーは使わずセンタースピーカーのみという使い方はあります。

ただし、他のスピーカーからの音声が出力されない場合には、後ろから話しかけられるシーンではセリフがほとんど聞こえないかもしれません(あまりないシーンではありますが)。臨場感がなくなるのもあると思います。

<センタースピーカーを使うために必要なもの>
センタースピーカーとフロントスピーカーを使うためにはだいたい以下のようなものが必要です(ホームシアターに必要なものですね)。

  • テレビ(またはプロジェクター&スクリーン)
  • 5.1ch サラウンド出力対応の DVD プレイヤー
  • 5.1ch サラウンド対応の AV アンプ
  • センタースピーカー(1個)
  • フロントスピーカー(2個)
  • 各種ケーブル

具体的な機器や接続方法はネットで検索した方が分かりやすいと思うので省きます。「ホームシアター 設置」「5.1ch 接続」などと検索してみてください。

なお、 7.1ch でも音量差問題の対策は同じですので、この記事では 5.1ch の対策としてご紹介しています。

Sponsored Link

パソコンで再生、テレビで視聴

<パソコンとテレビでホームシアター>
ホームシアターはパソコンで再生した映像と音声でも行えます。こちらもネットが詳しいので「ホームシアター パソコン」などと検索してみてください。

<パソコンの画面をテレビで見る>
Windows では分かりませんが、Mac で DVD を再生すると音量差はあまりありません(詳しくは次の項目)。Mac の画面をテレビに表示して、 DVD を再生して、音声を Mac から出力すれば音量差の少ない音声で視聴できます。
パソコンの画面をテレビに出力する方法は下記リンクの記事が分かりやすいと思うので参考にしてみてください。

 ›› テレビの大画面で写真や動画を楽しめる!HDMIケーブルを使おう
 (外部リンク)

3. パソコンで視聴する

 

私は iMac(21.5-inch, Mid 2010)を使っていますが、DVD を視聴していて効果音や音楽をうるさく感じることはほとんどありません。Mac 標準の DVD Player でも、フリーのメディアプレイヤーの VLC でも同様です。

両者の音質に関しては、あまり違いがないように感じますが、 DVD によっては DVD Player の方が優秀だと感じることがあります。

5.1ch → 2ch の統合をバランス良く行っているようで、プレイヤーが調節してくれるのか、OS の機能なのかは分かりませんが、何も設定する必要はありません。

Windows では分かりませんが、パソコンをお持ちの方は試してみてください。

ちなみに、VLC は再生機能が豊富なので洋画や海外ドラマで英語学習するときにとても便利です。

 ›【 VLC 】語学に便利な機能とショートカットまとめ

なお、パソコン向けの 5.1ch スピーカーもあります。Windows ユーザーの方は導入しやすいようです。

4. 動画配信サービスで視聴する

 

ネット環境があればいつでもどこでも視聴できて便利な動画配信サービスでは、配給元から提供された映像や音声を配信しています。この音声が 2ch で提供されていれば、音量差の少ない映画を視聴できると思います。

ただし、どの作品がどの音声であるかは確認できないし(サポートに聞けば教えてくれるかもしれません)、2ch で提供されていても音量差を感じるかもしれないので、実際に視聴してみないと分からないのが現状です。

私はドラマばかり視聴しているためか、あまり音量差を感じたことはありませんが、Hulu で見た「 Game of Thrones 」は大きな差を感じました。なお、DVD と比べることはしていないので、どちらが音量差が大きいかは分かりません。

とはいえ、無料でお試しできるサービスもあるので、まずは試してみることをおすすめします。

以下は主な動画配信サービスで、それぞれ無料お試しもあります。

 ›› Hulu

 ›› U-NEXT

 ›› Amazon プライム・ビデオ

なお、5.1ch に関しては記事公開時で、Hulu は非対応、Amazonプライム・ビデオは一部の端末で対応、U-NEXT はヘルプセンターで検索しましたが、5.1ch に関する情報はありませんでした。

 

5. DRC をかけてエンコード

 

今回の件で色々と調べていると、HandBrake というフリーソフトのエンコーダーで DRC をかけてエンコードすると、前項に書いた Mac で DVD を視聴したときのような音量差の少ない動画ファイルを作れることが分かりました。DRC には、大きい音は小さく、小さい音は大きくする効果があります。

ただし、HandBrake では iso ファイルや VIDEO_TS ファイルから mp4 などの動画ファイルを作るときにしか使えないようです。市販されている DVD から iso や VIDEO_TS ファイルを作る過程で違法行為が発生してしまうと思いますが、こういう方法もあるということで、記しておきます。合法的な何かに応用できるかもしれないですしね。

Audio タブにある DRC のツマミを調節して設定してからエンコードします。数値は0〜4まで、0.25ずつ調節でき、数値を上げるほど効果が大きくなります。

設定のコツは、その効果から、映画の中で一番うるさく感じる箇所を4から1ずつ下げてエンコードして聞き比べ、最大音量に変化がなくなる1つ手前を採用することではないかと思います。必要ならそこからさらに 0.5 か 0.25 ずつ下げて聞き比べます。例えば、4から1まで最大音量に変化がなく、0.5 だと大きければ1を採用します。DRC の値が大きくなるにつれて物音などの小さい音が大きくなるので、今度はそちらの音が気になってしまいそうだからです。

なお、iso などに含まれている音声ファイルによっては、DCR をかけても音量差に変化がない場合があるかもしれません。

ちなみに、音量差には関係ありませんが、Audio タブの Mixdown のところで Dolby Pro Logic Ⅱ や Dolby Surround ではなく Stereo を選択すると個々の音がよりはっきりすると思います。ただし、音源によっては Dolby Pro Logic Ⅱ などの方がはっきりするかもしれません。こだわる方は音楽の部分をエンコードして聞き比べると好みが見つかると思います。

 

6. リミッターをかける

 

この項目でご紹介する方法は、洋画や海外ドラマの音声を録音したら音量差問題があったという場合なので、DVD を視聴するときとは異なります。

 › PC 不要で洋画・海外ドラマの音声を録音からスマホで聞くまで

リミッターは音楽作成ソフトなどの機能で、主に楽曲を CD にするときなどに全体の音量を上げるために使います。音を大きくするために音量レベルを上げていくと、あるレベルを超えると音が割れてしまいますが、そのレベルを超えた音量をカットして割れないようにします。映画ではセリフにちょうど良い音量まで上げて、レベルを超えた音量はカットすることになりますね。リミッターは Mac ではユーザーなら無償で使える GarageBand で利用できます。

ただし、なかなか面倒だと思うので、そもそもパソコンが使えるのであれば、パソコンから出力した音声を録音した方が手っ取り早いと思います。IC レコーダーなどの録音できる機器があればパソコンとつないで録音できます。

 ›› 英語学習におすすめ IC レコーダーと常軌を逸した活用方法

パソコンから出る音をそのパソコンで録音する方法では、Mac は標準の QuickTime にフリーの Soundflower を合わせるとできますし、Windows では「 B’s 動画レコーダー」を使うと録画はもちろん音声のみの録音もできます。

 

7. 周囲に迷惑をかけないスピーカー  

 

音量差対策ではありませんが、映画の音による家族や隣近所への迷惑の対策としてウェアラブルスピーカーをご紹介します。

映画鑑賞でも英語学習でも、迷惑かどうか気になった瞬間に集中が途切れてしまうのも何とかしたいものです。

イヤホンやヘッドホンを使うと解決ではありますが、耳や頭にものがあると煩わしいものです。そこでおすすめなのがウェアラブルスピーカーです。

首に掛けるタイプのワイヤレススピーカー( Bluetooth 接続)で周囲にも音は聞こえますが、スピーカーと耳の距離が近いので自分には十分な音量でも一般的なスピーカーと比べると周囲に聞こえる音は小さいので迷惑になりにくいようです。

実は私、まだ様子見で購入しておらず、英語学習にも使えないかとあれこれ考えているところですが、シャドーイングやリピーティングを行う際に自分の声と干渉しにくそうなので良いかなと思います。

詳しくは下記リンクの記事に書きましたので参考にしてみてください。

 › 英語学習に便利なウェアラブルスピーカーの使い方とおすすめ機種

 

8. まとめ

 

  • テレビの音質設定で「くっきり」「はっきり」を選ぶ
  • テレビのサラウンド設定をオン・オフにする
  • DVD プレイヤーのサラウンド設定をオン・オフにする
  • センタースピーカーを使う(ホームシアター)
  • パソコンで再生、テレビで視聴
  • パソコンで視聴する
  • 動画配信サービスで視聴する
  • DRC をかけてエンコード
  • リミッターをかける(音声のみの場合)

ちなみに、私は TIMEDOMAIN light というスピーカーを使っています。音楽や映画の視聴はもちろん、英語学習にもおすすめです。2ch ではありますが立体的でリアルな音です。DVD は iMac で見るので、音量差問題もありません。

関連記事
 › 英語学習におすすめ!音源忠実再生スピーカーでリスニング力・発音改善

記事公開時、TIMEDOMAIN light はオンラインストアによると生産休止ですが、米生産モデルの TIMEDOMAIN light USA が販売されています。

 

英語学習にぴったりの映画・ドラマが見つかりませんか?

Hulu なら2週間の無料期間中に探し放題・見放題。
英語字幕で見れる作品が多いので英語学習におすすめです。
一部のドラマは1話目のみ会員登録ナシで見れますよ。

 ›【 Hulu 】1話目無料で見れる海外ドラマまとめ

 

 ›› Hulu で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!

Sponsored Link

この記事を読んだ方におすすめ記事

 › PC 不要で洋画・海外ドラマの音声を録音からスマホで聞くまで

 › 洋画・海外ドラマで英語学習する方法・コツまとめ

 › 洋画・海外ドラマの英語スクリプトを無料で入手する方法

 › 洋画・海外ドラマ・邦画の英語字幕を無料ダウンロードする方法

 › 英語字幕と日本語字幕を同時に画面表示する方法(パソコン・スマホ・テレビ)

 


2 thoughts on “【洋画 DVD】「セリフ→小さい、効果音→大きい」対策まとめ

  1. 通りすがり

    間違えが多く、読んでいて疲れた。
    もっと勉強して勘違い部分を正すべき。
    アフィリで稼ぎたいのだろうけど、間違った商品を
    薦めているのは正直バカなの?としか…

    1. manma Post author

      通りすがり 様
      ご指摘いただきありがとうございます。
      私の勉強不足で間違いの多い内容となっておりました。
      参考商品につきましても改めてメーカーサイトやレビューなどを確認して間違いに気づきました。
      画像やリンクはあると分かりやすいものだけにして、他は削除いたしました。
      至らない点も多々あるかと存じますが、改善できるよう努めてまいります。

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください