【洋画】「セリフ→小さい、効果音→大きい」対策まとめ

洋画の DVD で英語学習をしていて、効果音や音楽がうるさくて音量を下げたら今度はセリフの音量が小さくて聞こえづらくて音量を上げたら今度は効果音がうるさくて…、と学習意欲が削がれてしまわないよう、その対策をまとめました。

英語学習でなくとも、映画を見ているときに大きい効果音にびっくりする、近所迷惑になる、といったことを防げるようにもなります。

Sponsored Link

おすすめ記事

 › 英語学習におすすめ!音源忠実再生スピーカーでリスニング力・発音改善

 › PC 不要で洋画・海外ドラマの音声を録音からスマホで聞くまで

 ›【 VLC 】語学に便利な機能とショートカットまとめ

 

■お知らせ■
Windows 版の「超字幕」が500円から購入できるキャンペーン中です(製品登録ユーザーはさらに割安)。映画やドラマの日英同時字幕など語学機能が充実したソフトです。2018年6月10日(日)まで。

 ›「超字幕」でリスニングゲームをしたら英語が聞き取れすぎて

1. 音量問題が起きる原因

 

対策の前に、まずはこの「セリフ→小さい、効果音→大きい」という音量の問題が起きる原因について確認しておきます。機械モノが苦手な方にも分かりやすいように、なるべく簡単にご説明します。

多くの DVD には「 5.1ch サラウンド」というシステムで記録された音声が収録されています。これは、6つのスピーカーによって映画館のような臨場感を家庭で再現するための音声です。

一方、テレビでは2つのスピーカーで音声を再生します(2ch と言います)。DVD をテレビで視聴すると、6つのスピーカーを使って再生される音声のうち、2つの音声のみが再生されます。このため、いくつかの音声は再生されない(スピーカーから出ていない)ことになります。この再生されない音声の中にセリフの音声が含まれているため、音量問題が起きます。

具体的に説明しますと、5.1ch サラウンドではセリフの音声は主にセンタースピーカーと左右のフロントスピーカー(テレビでいうステレオ)の3つのスピーカーによって再生されますが、テレビではこれらのスピーカーのうちセンタースピーカーがないことが音量問題の原因です。

なお、Blu-ray では 7.1ch もあるようですが、音量問題の対策は同じですので、この記事では 5.1ch の対策としてご紹介しています。

 

2. テレビでの対策

 

音質設定を変更する

すぐできる対策としては、テレビ本体の音質設定を変更する方法です。メーカーによって名称は異なると思いますが、「はっきり」や「くっきり」に設定をすると声(セリフ)が聞き取りやすくなるので音量をいくらか下げられるかもしれません。

ただし、音量を下げられたとしても、効果音や音楽が大きいと感じられないほどには下げられないかもしれません。また、音声を不自然に感じる、はっきりと聞こえすぎて耳が疲れる、といったことが起こるかもしれません。

 

DVD プレイヤーをバーチャルサラウンドに設定する

バーチャルサラウンドは 5.1ch のサラウンド音声を仮想的に2ch 音声上で再現する機能です。6つのスピーカーが必要なところをぎゅっとまとめて2つのスピーカーで再現します。そのため、セリフと効果音の音量差が縮まり、音量問題が改善されるかもしれません。

この機能が搭載された DVD プレイヤーであれば、機種にもよりますが音声設定の項目にて設定できます。

ただし、機械的に再現する機能ですし、そもそも音量問題のための機能ではないので、解決するとは限りません。

 

センタースピーカーを使う

根本的な対策は、左右のフロントスピーカーに加えてセンタースピーカーを使うことです。前項の「音量問題が起きる原因」にてご説明した通り、音量問題の原因はセンタースピーカーがないことなので、これを使うと解決します、というか、他にこれ以上の方法はないので、これでダメなら諦めてください、というところです。これ以上があるとすれば、英語学習に特化するのであれば、フロントスピーカーは使わずセンタースピーカーのみという選択肢はあります。

<センタースピーカーを使うために必要なもの>

センタースピーカーとフロントスピーカーを使うために必要なものは(ホームシアターに必要なものですね)、テレビと 5.1ch 対応の DVD プレイヤーに加え、5.1ch 対応のアンプと同軸ケーブルです。センタースピーカーを使うための方法はいくつかあるようですが、これらを使った方法が一番シンプルかと思います。

以下の DVD プレイヤーでは語学に便利な機能も付いています。

センタースピーカーは3千円くらいから販売されています。

5.1ch 対応のアンプはお高いですが、中古を探すと下記のもので1万円程度、1万円以下のものもありました。

同軸ケーブル。

左右のフロントスピーカーはミニコンポに付いているものでも利用できますが、以下のようなものがあります。

なお、具体的な接続方法はネットで検索した方が分かりやすいと思うので省きます。「5.1ch 接続」などと検索してみてください。

Sponsored Link

3. パソコンで視聴する

 

私は Mac を使っていますが、DVD を視聴していて効果音や音楽をうるさく感じることはほとんどありません。Mac 標準の DVD Player でも、フリーのメディアプレイヤーの VLC でも、大きい音を小さくして再生してくれます。ソフトが自動的に調節してくれるのか、OS の機能なのかは分かりませんが、何も設定する必要はありません。Windows では分かりませんが、パソコンをお持ちの方は試してみてください。

ちなみに、VLC は再生機能が豊富なので洋画や海外ドラマで英語学習するときにとても便利です。

 ›【 VLC 】語学に便利な機能とショートカットまとめ

なお、パソコン向けの 5.1ch スピーカーもあります。Windows ユーザーの方は導入もしやすいようです。

4. 動画配信サービスで視聴する    

 

ネット環境があればいつでもどこでも視聴できて便利な動画配信サービスでは、配給元から提供された映像や音声を配信しています。この音声が 2.1ch で提供されていれば、音量差の少ない映画を視聴できると思います。

ただし、どの作品がどの音声であるかは確認できないし(サポートに聞けば教えてくれるかもしれません)、2.1ch で提供されていても音量問題を感じるかもしれないので、実際に視聴してみないと分からないのが現状です。

私はドラマばかり視聴しているためか、あまり音量問題を感じたことはありませんが、Hulu で見た「 Game of Thrones 」は大きな差を感じました。なお、DVD と比べることはしていないので、どちらが音量差が大きいかは分かりません。

とはいえ、無料でお試しできるサービスもあるので、まずは試してみることをおすすめします。

以下は主な動画配信サービスで、それぞれ無料お試しもあります。

 ›› Hulu

 ›› U-NEXT

 ›› Amazon プライム・ビデオ

なお、5.1ch に関しては、Hulu は非対応、Amazon プライム・ビデオは一部の端末で対応、U-NEXT はヘルプセンターで検索しましたが、5.1ch に関する情報はありませんでした。

 

5. DRC をかけてエンコード  

 

今回の件で色々と調べていると、HandBrake というフリーソフトのエンコーダーで DRC をかけてエンコードすると、前項に書いた Mac で DVD を視聴したときのような音量差の少ない動画ファイルを作れることが分かりました。DRC には、大きい音は小さく、小さい音は大きくする効果があります。

ただし、HandBrake では iso ファイルや VIDEO_TS ファイルから mp4 などの動画ファイルを作るときにしか使えないようです。現在では市販されている DVD から iso や VIDEO_TS ファイルを作る過程で違法行為が発生してしまうと思いますが、こういう方法もあるということで、記しておきます。合法的な何かに応用できるかもしれないですしね。

Audio タブにある DRC のツマミを調節して設定してからエンコードします。数値は0〜4まで、0.25ずつ調節でき、数値を上げるほど効果が大きくなります。

設定のコツは、その効果から、映画の中で一番うるさく感じる箇所を4から1ずつ下げてエンコードして聞き比べ、最大音量に変化がなくなる1つ手前を採用することではないかと思います。必要ならそこからさらに 0.5 か 0.25 ずつ下げて聞き比べます。例えば、4から1まで最大音量に変化がなく、0.5 だと大きければ1を採用します。DRC の値が大きくなるにつれて物音などの小さい音が大きくなるので、今度はそちらの音が気になってしまいそうだからです。

 

6. リミッターをかける

 

こちらは下記リンクのような方法で洋画や海外ドラマの音声を録音したら音量問題があったという場合なので、DVD を視聴するときとは異なります。

 › PC 不要で洋画・海外ドラマの音声を録音からスマホで聞くまで

リミッターは音楽作成ソフトの機能で、主に楽曲を CD にするときなどに全体の音量を上げるために使います。音を大きくするために音量レベルを上げていくと、あるレベルを超えると音が割れてしまいますが、そのレベルを超えた音量をカットして割れないようにします。映画ではセリフにちょうど良い音量まで上げて、限界レベルを超えた音量はカットすることになりますね。リミッターは Mac ではユーザーなら無償で使える GarageBand で利用できます。

ただし、なかなか面倒だと思うので、そもそもパソコンが使えるのであれば、パソコンで再生した音声を録音した方が手っ取り早いと思います。IC レコーダーなどの録音できる機器があればパソコンとつないで録音できます。パソコンから出る音をそのパソコン本体で録音する方法では、Mac は標準の QuickTime にフリーの Soundflower を合わせるとできますし、Windows では「 B’s 動画レコーダー」を使うと音声のみの録音もできます。

 

7. まとめ

 

  • テレビの音質設定で「くっきり」「はっきり」を選ぶ
  • DVD プレイヤーでバーチャルサラウンドを選ぶ
  • センタースピーカーを使う
  • パソコンで視聴する
  • 動画配信サービスで視聴する
  • DRC をかけてエンコード
  • リミッターをかける(音声のみの場合)

ちなみに、私は Timedomain Light というスピーカーを使っています。音楽や映画の視聴はもちろん、英語学習にもおすすめです。2ch ではありますが、映画やドラマは iMac で見るので、音量問題もありません。

 › 英語学習におすすめ!音源忠実再生スピーカーでリスニング力・発音改善

 

英語学習にぴったりの映画・ドラマが見つかりませんか?

Hulu なら2週間の無料期間中に探し放題・見放題。
英語字幕で見れる作品が多いので英語学習におすすめです。
一部のドラマは1話目のみ会員登録ナシで見れますよ。

 ›【 Hulu 】1話目無料で見れる海外ドラマまとめ

 

 ›› Hulu で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!

Sponsored Link

この記事を読んだ方におすすめ記事

 › 洋画・海外ドラマで英語学習する方法・コツまとめ

 › 洋画・海外ドラマの英語スクリプトを無料で入手する方法

 › 洋画・海外ドラマ・邦画の英語字幕を無料ダウンロードする方法

 › 英語字幕と日本語字幕を同時に画面表示する方法(パソコン・スマホ・テレビ)

 › PC 不要で洋画・海外ドラマの音声を録音からスマホで聞くまで

 


メールアドレスが公開されることはありません。