英語字幕ファイルを日本語化する方法( Google 翻訳 )

気になる海外ドラマの新シリーズなど「日本未公開作品の DVD の海外版を Amazon で買える、でも日本語字幕がないから諦めるしかない」とやきもきしたことがある方も多いと思います。

ですが、英語字幕ファイルならほぼ全ての作品をネットで入手できるので、そちらを使って、たぶん一番簡単に、無料で、英語字幕を日本語に翻訳・変換できる方法を思いついたのでご紹介します。

Sponsored Link

Google 翻訳、つまり自動翻訳を使うので、大体でいい方、少しくらい間違っていてもいい方、細かいニュアンスは気にしない方におすすめです。ストーリーの大まかな流れは十分に分かると思います。

ちなみに、Google 翻訳は104カ国語に対応している(記事作成時)ので、韓国のドラマなどを見たい方にも使える方法です。

 

追記:2017年7月28日
「3. より簡単な方法」を追記しました。目次の1、3、2の順でお読みいただいた方が分かりやすいと思います。

 

Google 翻訳 英語字幕の無料ダウンロード

今回ご紹介する方法で作った日英同時字幕を下記リンクの記事からダウンロードできるので、参考にしてみてください。

 › 大人の嗜み&ビジネス英語を学べる洋画「 The Intern/マイ・インターン 」

 › スタイリッシュなビジネス英語を学べるドラマ「Suits/スーツ」

おすすめ記事

 › 英語学習向けメモ字幕の作り方( Aegisub 使い方)

 › 洋画・海外ドラマ・邦画の英語字幕を無料ダウンロードする方法

 › 英語字幕と日本語字幕を同時に画面表示する方法(パソコン・スマホ・テレビ)

1. 用意する物とその方法

 

今回ご紹介する方法では以下の5つが必要になります。

  • 英語字幕
  • DVD/Blu-ray
  • Aegisub(字幕作成ソフト)
  • Google 翻訳
  • テキストエディタ

英語字幕

英語字幕はネットで無料で手に入ります。また、字幕を画面に表示する必要もあるので、やり方はそれぞれ下記リンクの記事を参考にしてみてください。

なお、字幕ファイルは srt 形式のものを選んでください。

【注意点】
編集違いのものがある映画やドラマは、字幕にもそれぞれに合わせたものがあります。最初と最後のセリフの内容と字幕の時間が合っているか、作業前に確認しておくとやり直しになることはないので無難です。

 › 洋画・海外ドラマ・邦画の英語字幕を無料ダウンロードする方法

 › 英語字幕と日本語字幕を同時に画面表示する方法(パソコン・スマホ・テレビ)

 

DVD/Blu-ray

字幕を作成する前に字幕のタイミングを合わせるのに使います。

海外版のものは Amazon などで購入できます。英題で検索した方がヒットしやすいです。

Amazon にないときは海外のオークションサイト eBay 代行の セカイモン で探すとあるかもしれないですね。

 

Aegisub

Aegisub はフリーの字幕作成ソフトです。

こちらも字幕のタイミングを合わせるために使います。

↓ダウンロード先(無料)
http://www.aegisub.org/downloads/

※ダウンロード&インストールは自己責任でお願いします。

 

Google 翻訳

「 Google 翻訳 」と検索してください。検索結果1位がそれです。

Web で使えるものを大体一通り試したところ、一番、一度に訳せる文字数が多かったので(字数制限なしで使える方法を「3. より簡単な方法」に追記しました)、作業効率を考慮してこの記事では Google 翻訳を奨励しています。

もちろん Google 翻訳以外の翻訳サービスでもできますし、無料/有料ソフトをお持ちでしたらそちらの方が使いやすいかもしれません。

<関連商品>

追記(2017年6月10日)

上記の「本格翻訳9」を使ってみたところ、個別翻訳、ファイル一括翻訳ともに字幕データが大きく崩れてしまうので、修正が大変でした。

ちなみに、ファイル一括翻訳は複数のファイルをまとめて翻訳できる便利な機能ですが、翻訳の精度は個別翻訳(翻訳したい文章を入力・張付けて翻訳)よりも劣っていました。

翻訳の精度は Google 翻訳と比べると、それぞれに良し悪しがあるようです。ただし、こちらでは人名が「馬車」になっていて、所々笑わされました。

Google 翻訳では一度に翻訳できる文字数が5,000字までという制限がありますが(字数制限なく使える方法を「3. より簡単な方法」に追記しました)、「本格翻訳9」では字数に制限はありません。

ですが、字幕データがより大きく崩れてしまい、修正に時間がかかってしまうので、現在のところは無料で使える Google 翻訳の方が英語字幕の日本語化には良いと思いました。

機能的には「本格翻訳9」の方が優れているので、今後のアップデートに期待したいところです。

↓「本格翻訳」製品ページ

 ›› 本格翻訳

 

テキストエディタ

Mac ではテキストエディット、Windows ではメモ帳です。

 

2. 手順とやり方

 

大まかな手順は以下の5ステップです。

  1. Aegisub で字幕のタイミングを合わせる
  2. テキストエディタで字幕ファイルを開く
  3. 字幕データをコピーして Google 翻訳に貼付けて翻訳する
  4. 翻訳した字幕をテキストエディタに貼付ける
  5. テキストエディタで字幕データを修正する

では、一つずつ解説していきます。

ちなみに、Mac での解説ですが、Windows でもやることは同じなので参考になると思います。

1. Aegisub で字幕のタイミングを合わせる

まず、ダウンロードした英語字幕のタイミングが音声と合っていないことはよくあるので、合わせておきます。全体的に数秒ズレていることが多いですが、簡単に修正できます。

やり方は、

 › 字幕のタイミングを部分・全体的にずらして保存「 Aegisub の使い方 」

を参考にしてください。

翻訳が終わってからにしてもよさそうですが、私がやってみたところ、なぜか Aegisub で開くことができなかったので(なぜか40行程度に削除すると開ける)最初にしておくのが無難だと思います。

ちなみに、「 Jubler 」という字幕作成ソフトでは開けたので、こちらで srt ファイルとして書き出してみたら Aegisub でも開けるようになりました。

開いてそのまま保存するだけでも大丈夫なようです。

2. テキストエディタで字幕ファイルを開く

テキストエディタで字幕ファイル(拡張子が .srt のもの)を開くには、Mac では字幕ファイルを右クリックして、「このアプリケーションで開く」からテキストエディットを選択するか、Dock のテキストエディットのアイコンの上に字幕ファイルをドラッグ&ドロップします。

開くと下の画像ような画面が開きます。

srt 形式の字幕データはこのようになっています。

 

ちなみに、ドラマ「 Chicago Fire/シカゴ・ファイア」のシーズン3第1話の英語字幕を日本語に自動翻訳したもので、すでに完成したものです。今回はこれを目指します。

かなりぎこちない翻訳ですが、ドラマを見ながらだと分かるかと思います。

実は見たことがないドラマなのですが、「 Previously 」(前回までのあらすじ)でしょうか。

<関連商品>

3. 字幕ファイルをコピーして Google 翻訳に貼付けて翻訳する

テキストエディタで開いた英語の字幕データをコピーして、Google 翻訳に貼付けます。

左側の枠内に貼付けるだけで自動で翻訳されるので簡単です。

一度に翻訳できるのは5,000字までなので、だいたい60〜80行分くらいずつ翻訳できると思います。分かりづらいときは50行分ずつにすると良いかと思います。

(有料ソフトではこの辺りを一括でできるようです)

なお、行数は各字幕データの左上の数値です。

4. 翻訳した字幕をテキストエディタに貼付ける

テキストエディタで新規ウィンドウを開いて、翻訳された日本語の字幕(データ)をコピーして貼付けます。

3と4を繰り返します。

「 Google 翻訳 → テキストエディタ、Google 翻訳 → テキストエディタ」のリズムです。

単純作業ですが、全ての字幕データをコピペできるまで頑張ります。

(3で有料ソフトを使うとこれが1回で済みます)

標準テキストに変更

ここで注意が必要なのですが、フォーマットがリッチテキストになっていたら標準テキストに変更する必要があります。

メニューバーのフォーマットから「標準テキストにする」で変更します( Mac の場合)。

分かりづらい場合は、元の字幕ファイル( .srt )のコピーを作っておいて、コピーの字幕データを一度全て削除してから作成しても同じことができます。

拡張子は .srt でも .txt でも OK

標準テキストでは拡張子が .txt となりますが、.txt でも動画プレイヤーで字幕は表示されるので変更する必要はありません。

気になる方や、あとで Aegisub で編集したい方はファイル名を変更するやり方で拡張子のみ .srt に変更しておくと使いやすいです。

5. テキストエディタで字幕データを修正する

翻訳されたときに、一部の記号が全角などに変換されてしまうので、これを修正します。

「ーー>」が「ー >」に、半角の「:」が全角に

私の場合( Google 翻訳利用)は、「ーー>」が「ー >」に(右の半角ハイフンが半角スペースに置き換わっている)、半角の「:」が全角になっていました。

※実際は全て半角ですが、見やすくするために全角にしています。

テキストを一括で修正

テキストエディット( Mac )では ①「 command  F 」を入力して、② 画面上部の右端に表示される「置き換え」にチェックを入れます。

文字の入力欄の上には変更したい文字列を、下には元の文字列を入力します。

今回は「ー >」を上の入力欄に、下に「ーー>」を入力します。

入力したら「置き換え」の下にある ③「すべて」をクリックします。

※実際は全て半角ですが、見やすくするために全角にしています。入力するときは半角で入力してください。

さらに、「:」も同様に修正します。上の欄に全角の「:」、下の欄に半角を入力します。

 

追記:「年」が付く(2017年6月10日)

映画の日本語字幕を作ってみたら、字幕番号の3桁や4桁の数字の後ろに「年」が付いていました。しかも結構な数でした。

おそらくドラマのときは3桁までだったので、西暦だと思われにくかったのかもしれません。

一括で修正したいところですが、「年齢」「数年間」「少年」などの年も削除されてしまうので、「年」を検索して一つずつ直すしかないようです。

ですが、なぜか、年が付いたままでも字幕は表示されました。年が付いたままなのは気になりますし、プレイヤーによっては再生されないかもしれないので、出来上がったものを確認してみてください。

ただし、Aegisub で開くと年が付いている字幕行は表示されず、編集して保存したり、書き出すと年が付いていた行は削除されてしまいました。

なお、年の検索はテキストエディットで「 command  F 」で検索欄に「年」を入れて、enter で出来ます。enter を繰り返し押すと次の「年」が表示されます。

 

3. より簡単な方法

 

先ほどの方法では文字数制限があり、何度もコピペをしなければなりませんでしたが、文字数制限はなしで、ドラッグ&ドロップを1回行うだけで字幕ファイルを全て翻訳できる方法がありました。

やり方は、Google Chrome を開いて、ウィンドウ内に srt ファイルをドラッグ&ドロップして、画面上部に表示される「翻訳」をクリックするだけです。

「翻訳」が表示されない場合は再読込みしてみてください。

翻訳の精度、内容は同じでした。

ただし、先ほどの方法と同様に「ー >」「:」「年」はそれぞれ修正する必要があります。

また、対訳(左右)での表示はされないようです。

なお、Mac 環境のみ確認しています。Windows では未確認です。

 

4. 英語学習として(対訳字幕の作り方)  

 

英語学習をされている方でしたら、この自動翻訳を元に自分なりに翻訳していくと英語学習になりますね。

全部をやるのは大変なので、翻訳がぎこちなさすぎたり、意味をなしていなかったりするところだけを直していくと良さそうです。

特に意味をなしていないところは直訳できない英文だと思うので、英語表現の学習になると思います。

その際、元の英語のセリフを残して、対訳にするとやりやすいと思います。

対訳字幕の作り方

やり方は、テキストエディタで英語と日本語の字幕ファイルを開き、どちらかの字幕データを全てコピーして、もう一方に貼付けます。

私の環境の場合、日本語字幕を上にすると、出来上がったときに英語字幕が上になります。逆なのでややこしいですが、好みの方にしておきます。

これを Aegisub で開き、srt ファイルとして書き出すと対訳字幕ができます。

前述したように Aegisub では開けなかったので、「 Jubler 」という字幕ソフトで開き、srt ファイルとして書き出すと(保存するだけでもいいようです)、Aegisub で開くことができました。

さらに、srt ファイルとして書き出すと対訳字幕ができました。ごちゃごちゃしますができました。

ちなみに、Jubler ではこの「合体現象」は起きなかったので、もしかしたらバグかもしれないですね。バージョンは Mac 版の Aegisub 3.2.1. です。

srt ファイルとして書き出す方法は「Aegisub で srt を保存しようとすると ass になるときの対処法」の「1. 対処法① srt ファイルとしてエクスポート」に書いているので参考にしてみてください。

出来上がった字幕ファイルをテキストエディタで開いたものが下の画像です。

英語と日本語の字幕が対訳になっているので対訳字幕としました。

英語学習にも便利かと思います。

 

この記事とは別の同時字幕の作り方

ちなみに同時字幕の作り方では、

 › 日本語と英語の同時字幕の作り方

という記事も書いています。こちらはネットなどで日本語字幕を入手して日本語と英語の同時字幕を作る方法です。

この記事の方法と比べると少し複雑ですが、より自由に字幕を作ることができます。

字幕を作らずに同時字幕で見る方法

字幕を作らなくても同時字幕で見る方法があります。

 › 英語字幕と日本語字幕を同時に画面表示する方法(パソコン・スマホ・テレビ)

にて紹介しています。こちらは動画をエンコードするときに、日本語字幕を焼き付けて実現するやり方です。

日本語字幕・同時字幕の作成を代行します。

この記事や他の同時字幕で見る方法が難しいと感じる方のために、有料ですが、この記事で紹介したやり方で日本語字幕と同時字幕(対訳字幕)の作成代行します。

興味がありましたらコメントか Contact から連絡下さい。

 

英語学習にぴったりの映画・ドラマが見つかりませんか?

Hulu なら2週間の無料期間中に探し放題・見放題。
英語字幕で見れる作品が多いので英語学習におすすめです。
一部のドラマは1話目のみ会員登録ナシで見れますよ。

 ›【 Hulu 】1話目無料で見れる海外ドラマまとめ

 

 ›› Hulu で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!

Sponsored Link

この記事を読んだ方におすすめ記事

 › 洋画・海外ドラマで英語学習する方法・コツまとめ

 › 洋画・海外ドラマの英語スクリプトを無料で入手する方法

 › 洋画・海外ドラマ・邦画の英語字幕を無料ダウンロードする方法

 › 英語字幕と日本語字幕を同時に画面表示する方法(パソコン・スマホ・テレビ)

 › 字幕のタイミングを部分・全体的にずらして保存「 Aegisub の使い方 」

 › 日本語と英語の同時字幕の作り方

 › 英語学習向けメモ字幕の作り方( Aegisub 使い方)


メールアドレスが公開されることはありません。