【 VLC 】語学に便利な機能とショートカットまとめ

VLC プレイヤーは無料で使える多機能なメディアプレイヤー(動画・音楽再生)ですが、その機能の中から洋画の DVD や動画などで英語学習をするときに便利な機能とショートカットをまとめました。

セリフのないところを飛ばしたり、聞きたいところを繰り返し聞くなど、効率的に学習できますよ。

※環境は Mac での解説ですが、Windows でも同じ機能があるので、同様に設定できます。

Sponsored Link

おすすめ記事

 › 洋画・海外ドラマで英語学習する方法・コツまとめ

 › 洋画・海外ドラマを見ていたら英語リーディングにも効果があった学習法

 › 英語字幕と日本語字幕を同時に画面表示する方法(パソコン・スマホ・テレビ)

0.  ショートカットの確認・変更方法

 

環境設定を開き、メニューから「ホットキー」を選択すると下の画像の画面が開きます。左列がアクションで、右列がショートカットです。

ここではショートカットを好みのものに変更することができます。

変更したいアクションを選択して、右下の「変更」をクリックします。好みのショートカットを入力して「 OK 」を選択すると設定されます。すでに他で使用中のショートカットの場合はエラーとなるので、他の組み合わせにします。

設定は VLC を再起動すると反映されます。

 

1.  再生位置を進める/戻す

 

再生位置を指定した時間分進めたり戻すことができます。

括弧内はデフォルトの時間です。

ほんの少し前に戻る「 command  control  ← 」(3秒)
ほんの少し先に進む「 command  control  → 」(3秒)

少し前に戻る「 command  option  ← 」(10秒)
少し前に進む「 command  option  → 」(10秒)
※矢印キーのみでも同じ

前に戻る「 command  shift  ← 」(1分)
前に進む「 command  shift  → 」(1分)

かなり前に戻る「 command  shift  option  ← 」(5分)
かなり前に進む「 command  shift  option  → 」(5分)

 

戻る/進む時間を指定する

それぞれのショートカットに戻ったり進んだりしたい任意の時間を設定することができます。

環境設定を開き、左下にある「すべてを表示」を選択します。下の画像の画面が表示されるので、左の赤枠にあるプルダウンメニューから「インターフェース → ホットキー設定」を選択すると右の赤枠のところで時間を指定できます。

単位は秒です。

おそらくデフォルトでは画像と同じようになっていると思います。ちなみに私はこのままで使いやすいので変更はしていません。

「10秒だと戻しすぎだけど3秒だと短すぎ」といったときはショートカットを2回入力すれば6秒戻るので、あまり細かく指定する必要はないかと。

 

2.  2点間(A-B)ループ

 

2点間(A-B)ループは AB リピートとも言われる、指定した任意の区間を繰り返し再生する機能です。

「 command  shift  L 」がそのショートカットです。

再生中に押すとそこが始点となり、もう一度押すとそこが終点となり、その間が繰り返し再生されるようになります。

AB リピートを停止したいときはもう一度押します。

 

ちなみに、この AB リピートからヒントを得た音読方法を、

 › 絶対!英語リーディング力があがる「ABリピート音読」

に書いたので参考にしてみてください。

 

ちなみに、この2点間(A-B)ループ機能と次に紹介する倍速再生機能を合わせるとおもしろいリスニング学習ができます。

 

3.  倍速再生

 

再生速度を0.25倍から4倍まで指定できます。

デフォルトでは

速く  「 command  = 」
ゆっくり「 command  – 」

と設定されています。ショートカットを入力する毎に0.5倍ずつ変更できます。

さらにデフォルトでは未設定ですが「少しだけ早く」「すこしだけゆっくり」も用意されています。こちらは0.1倍ずつ変更できます。

「通常レート」という通常スピードに戻すショートカットも用意されています。

また、ショートカット以外ではメニューバーの再生からスライドバーで調節することもできます。

倍速再生のリスニング効果は、

 › 英語の倍速リスニングの効果(1.5〜3倍・0.75倍)

に書いているので興味がありましたら参考にしてみてください。

 

4.  字幕関連

 

字幕ファイルの表示

VLC では字幕ファイル( srt、ass など)を以下の方法で表示させることができます。

  • 動画を再生して字幕ファイルを画面にドラッグ&ドロップ
  • 動画フェイルと字幕ファイルの名前を同じにして同一フォルダに入れて動画を再生

詳しくは「英語字幕と日本語字幕を同時に画面表示する方法」の中で紹介しているので参考にしてみてください。

ちなみに、映画などの字幕ファイルは字幕サイトからダウンロードできます。

 › 洋画・海外ドラマ・邦画の英語字幕を無料ダウンロードする方法

 

英語と日本語の字幕の切り替え

  • 字幕トラックの切り替え「 S 」
  • 字幕の切替( on/off )「 shift  S 」

「字幕トラックの切り替え」は複数の字幕が収録されているときに切り替えるもので(例:英語字幕と日本語字幕を切り替える)、S を押すごとに字幕が収録されている順に切り替わります。最後の字幕が選択されたあとは無効(字幕なし)になります。

「字幕の切替」は字幕の on/off の切り替えです。

 

字幕のタイミングの調節

  • 字幕の遅延を増加「 J 」
  • 字幕の遅延を減少「 H 」

あえて字幕のタイミングを遅くしたり、進めたりしてリスニングをするのもおもしろいです。

 

フォントの調節(見た目)

  • テキストサイズ
  • テキストの色
  • アウトラインの太さ

これらはショートカットではなく環境設定 → 字幕 / OSD で設定します。この設定がデフォルトとなります。

メニューバーの「字幕」からも変更できますが、この設定は VLC を閉じるとリセットされます。また、字幕ファイルの形式が srt でないと変更できないようです( ass では字幕作成ソフトで指定します)。

見やすいと感じるものに設定すればよりストレスなく学習できると思います。

ちなみに、私はフォントの色をシルバーにしています。字幕がまぶしくない程度にモニターの輝度を調節したときの動画とのバランスが、一番見やすく感じるためです。とはいえ、動画はやや暗く感じるので、グレーとの間があったら試してみたいところです。

フォントそのものの変更の仕方は「8.  英語字幕におすすめのフォント」を参考にしてください。

追記:フォントサイズについて(2018/05/29)
Mac 版のバージョン 3.0.2 ではメニューバーからと環境設定からのフォントサイズにズレがあります。メニュバーからの方がより小さくできます。2.2.8 では同じなのでバグかもしれませんが、より小さいフォントがお好みの方は今後アップデートで小さくできなくなれば 3.0.2 に戻すのもアリかと思います。

 

字幕の位置調節

  • 字幕の位置を上げる/下げる

はデフォルトでは未設定になっていると思います。私は「 control ↑ 」「 control ↓ 」と設定しています。

 

字幕の位置はデフォルトでも指定できます。そのやり方は、

 ›【 Mac 】VLC で字幕の位置を上下調節する方法

に書いているので参考にしてみてください。

 › 英語字幕と日本語字幕を同時に画面表示する方法

を実践するときに便利な機能です。

 

どこでも字幕再生(余談)

ショートカットではありませんが、バージョン3から動画を再生中に字幕表示をオンにしていると、巻き戻しなどをしたときに字幕がセリフの途中でも表示されるようになりました。

再生中でも一時停止中でも、ショートカットで3秒戻したりスライダーを動かしたりしても字幕が表示されます。

以前は字幕の始点よりも余分に戻さないと字幕が表示されなかったので、ちょっとしたストレスでしたが解消されました。

srt と ass ファイルで確認しましたが、DVD の字幕では以前と同じでした。

なお、この機能の名称は分かりませんが、便宜的に「どこでも字幕再生」としてみました。

 

5.  音声切り替え

 

オーディオトラックの切り替え

英語と日本語の音声を切り替えたいときは「 L 」です。

 

6.  チャプター移動

 

前のチャプターを選択  「 control  U 」
次のチャプターを選択する「 control  D 」

ちなみに Mac ではフリーソフトの Subler を使って好きなところにチャプターを作ることもできます。

 ›【 Mac 】Subler で動画にチャプターを作る・追加する方法

 

7.  ブックマーク

 

チャプターと似た機能ですが、ブックマークを付ける機能があります。
(正確にはブックマーク用のファイルを作る機能)

「 command  B 」を入力すると上のウィンドウが表示されます。

ブックマークを追加するには、動画を再生中にブックマークを付けたいところで「追加」をクリックします。

追加されたブックマークをクリックするとその時間から再生されます。

ブックマークの名前や時間を変更するには、変更したいブックマークを選択(クリック)して「編集」をクリックします。

ブックマークを保存するには「 command  S 」かメニューバーのファイルから「プレイリストの保存」を選択します。

保存するとブックマーク用のファイル( .m3u )が作られるので、次からはこのファイルを開くことでブックマークが付いた動画を再生できます(元の動画ファイルを再生してもブックマークは付いていません)。

ちょっと面倒なので私は使っていませんが、リスニングが難しいところなどに付けておくと繰り返し学習しやすいので便利ですね。

 

8.  再生を継続

 

「再生を継続」は再生時に前回終了した時点から再生する機能です。お好みでかまいませんが、英語学習では継続すると効率的かと思います。

「再生を継続」を有効にするには「環境設定 → インターフェース」で下の画像の画面となり、赤枠内の右にあるプルダウンメニューから「常に」を選択します。

保存をして VLC を再起動すると設定が反映されます。

設定とそれぞれの動作は以下。

確認:再生時に再生を継続するかどうかポップアップメニューで選択
常に:前回終了時点から再生
常にしない:動画の頭から再生

 

9.  英語字幕におすすめのフォント

 

VLC では表示される字幕のフォントを変更することができます。

おすすめは「游ゴシック体」です。シンプルで、横幅が短めなので、字幕の横幅も短くなるので、目線を動かす幅も短くなるので、見やすいと思います。

フォントが見やすくなると学習効果がアップすると思います。

やり方は、長くなりましたので、下記リンクの記事に移動しました。

 › 英語字幕おすすめフォントと視聴方法( VLC )

Sponsored Link

VLC より語学におすすめは無料の字幕作成ソフト  

 

字幕作成ソフトを語学に使うと以下のようなことが便利です。

  • 字幕部分だけの音声・映像の再生
    (セリフを繰り返し聞くのに便利)
    (セリフが少ない映画でも中弛みしない)
  • 再生範囲を狭くしてセリフの聞き取れないところだけを聞く
    (繰り返し聞くと再生範囲を戻してもびっくりするくらい聞き取れる)
  • 字幕部分の音声を抽出
    (抽出した音声でプレイリストを作り、持ち運べる)
  • 字幕にメモを付けられる
    (単語や表現の意味などを書き込んでおける)

私は Aegisub という字幕作成ソフトを使っています( Win/Mac OS 対応 )。無料ですが、上記に加え本格的な字幕を作ることもできます。

動画プレイヤーではないので音質は VLC と比べると悪くなりますが、セリフを聞くには十分です( Aegisub 側のボリュームは75%を超えると音が割れてくるので、それ以上はパソコン本体のボリュームで調節します)。

やり方は以下の記事を参考にしてみてください。

 › どんなに細かい英語の音も字幕作成ソフトを使って聞き取る方法

 › 洋画・海外ドラマの音声をセリフ毎に抽出する方法

 › 英語学習向けメモ字幕の作り方( Aegisub 使い方)

 › 日本語と英語の同時字幕の作り方

 

英語学習にぴったりの映画・ドラマが見つかりませんか?

Hulu なら2週間の無料期間中に探し放題・見放題。
英語字幕で見れる作品が多いので英語学習におすすめです。
一部のドラマは1話目のみ会員登録ナシで見れますよ。

 ›【 Hulu 】1話目無料で見れる海外ドラマまとめ

 

 ›› Hulu で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!

Sponsored Link

この記事を読んだ方におすすめ記事

 › 洋画・海外ドラマを見ていたらリーディングにも効果があった学習法

 › 邦画の英語字幕をダウンロードして英語学習に活用する方法まとめ

 › 英語字幕と日本語字幕を同時に画面表示する方法

 › 洋画・海外ドラマで英語学習する方法・コツまとめ

 › 洋画・海外ドラマの英語スクリプトを無料で入手する方法

 


メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください